【管理釣り場のルアー選び】エリアトラウトに効くスプーン・ミノー・クランクの使い方

投稿日: 2020-01-15更新日:

ダイチさんアイコン 【著者紹介】管釣りビギナーダイチ
今年から管釣りでのルアーフィッシングをスタートした初心者です。まだ一定の速さでリールを巻くことに苦労している段階ですが、ビギナーならではの視点で道具選びや釣りの方法を書いていきます。

 

管理釣り場でのトラウトフィッシングには実に多くの、ユニークなルアーが使われます。今回は使い方も含めて解説させていただきます。

 

【スプーン】管釣りの最も基本となるルアー

スプーンは管釣りで最もよく使われるルアーです。ひらひらと舞う動きで魚にアピールします。

金属でできているため遠くまで飛び、どんな水深でも泳がせることができます。金属が故、耐久度も高く、値段もリーズナブルという嬉しい特徴もあります。

 

然別湖ミヤベイワナ釣り

 

【スプーンのアクション】ただ巻くだけで魚が釣れる

スプーンはいわゆるただ巻きで使用します。投げてただリールを巻くだけです。巻くだけでひらひらと舞う動きをするので、変にアクションを加える必要はありません。

そのため、初心者の方にはまずこのルアーを使うことをお勧めします。

注意
ただ巻くということは同じアピールしかできない、魚に飽きられやすいという困った点でもあります。
適宜カラーを変えたり狙う水深、巻くスピードを変える必要があります。

 

 

【クランクベイト】初心者にも安定した釣果をもたらす

クランクベイトは丸っこい見た目をしたルアーです。体を横に揺らしたり、お尻を振るようなアクションで魚を誘います。

ルアーの先端にプラスチックの板があり、そこで水を受けると沈んでいくという特徴があります。そして、もう一つの特徴として、スプーンよりもゆっくり巻くということができます!

スプーンだと沈んでしまうような速度でも、クランクベイトは一定の水深を泳ぎ続けてくれます。よりゆっくり巻けるということは、魚に長い時間ルアーを見てもらえ、興味をひきやすいということでもあります。

つまりよく釣れるということです。

 

【クランクベイトのアクション】超低速でゆっくりとただ巻き

先ほどの言ったように、クランクベイトは超低速(リールのハンドルを4秒で1回転させるくらい)で巻いて使います。この際アクションを加える必要はありません。ただ巻きでOKです。

深い水深を狙いたいというときは、ルアーを投げて着水した後、ハンドルを何回転か速く巻いてみましょう。プラスチックの板が強い水流を受けるのでこれで深く潜っていきます。

速く巻く回数を増やすほど深く潜ります。速く巻いて潜らせたら、そこからは超低速でこれでもかというくらいゆっくりと巻きましょう。

注意
あまりにもゆっくり巻きすぎるとルアーが浮いてきます。
ルアーが浮いてこず、しっかり泳ぐギリギリのスピードを意識してみましょう。

 

【ミノー】魚型のルアーで本能を刺激

ミノーは最も小魚に似たルアーです。クランクベイトと同じようにプラスチックの板があるのでそこに水流を受けて潜ります。

これまたクランクベイトと同じで、体を横に揺らしたり、お尻を振るようなアクションで魚を誘います。

管釣りで釣れるトラウトは小魚を食べる性質があります。そのため小魚に似たミノーはトラウトの本能を刺激してくれることでしょう。

 

 

【ミノーのアクション】竿先を動かしてより小魚らしく

ミノーはただ巻きでもよいのですが、竿先でアクションを加えることでより小魚らしくなります。

トゥイッチは竿先をちょんちょんと細かく動かしてミノーにアクションを加えるやり方です。ミノーが動いては止まるということを繰り返します。これが弱った小魚のように見えるみたいです。

ジャーキングはトゥイッチよりも大きく竿先を動かすやり方です。竿先というよりは竿自体を動かし、たるんだラインを巻いて、を繰り返します。トゥイッチよりも激しく動くため逃げ惑う小魚を演出できるみたいです。

ジャーキングのほうが簡単なため、まずはこちらをマスターしてからトゥイッチに挑戦してみてはいかがでしょうか?

注意
トゥイッチもジャーキングも竿を動かして戻すを繰り返すため、絶えずラインがたるみます。
このたるみをしっかりとってやらないと次のアクションがしっかり動かなくなるので、たるみはリールで巻き取りましょう。

 

 

【スピナー】ほかの人が使わない=釣れる

スピナーは金属の棒とスプーンが組み合わさったような見た目をしています。スプーンの部分がひらひらと舞い、キラキラ光るのでこれでアピールしているのだと思います。

スプーンと同じように、どんな水深でも泳がせることができます。このスピナーはブラックバス釣りではポピュラーですが、管釣りではほとんど使われません。

しかしトラウトへのアピール力はばっちりです。むしろほかの人が使わないということは、魚もスピナーを見飽きていないため、爆釣の可能性を秘めています。

 

 

【スピナーのアクション】一定のスピードで巻くことが重要

スピナーはスプーンと同じくただ巻きで使います。見た目が全く食べ物に見えないためか、あまり変化をつけてしまうと魚に見切られてしまいます。

とにかくハンドルを一定のスピードで巻くことを意識しましょう。

注意
スピナーベイトはラインが非常によれやすい(縮れやすい)というデメリットがあります。
1回巻いてきたらラインをピンと手で引っ張ってやるとよれが軽減できるでしょう。

 

 

【セニョールトルネード】反則といわれるほど釣れる!

セニョールトルネードはビーズがつながったような見た目をしている細長いルアーです。クルクルと回転する動きで魚にアピールします。

その効果は絶大で、周りの人が釣れていない中でもこのルアーを使うと非常に簡単に釣ることができます。そのため、釣り人の間では反則級と言われています。

ルアーボックスの隅に忍ばせておくと良いでしょう。

 

 

【セニョールトルネードのアクション】指に巻いてからただ巻きで強いアピール力

セニョールトルネードはスプーンと同じくゆっくりとただ巻きで強いアピール力を生み出します。ただし、投げる前に下準備が必要です。

うねるようなアクションを生むために、指に巻き付けてバネ状にしてから使いましょう。素材が柔らかいため形作りは容易にできます。

注意
指に巻き付ける際はハリが刺さらないように注意しましょう。また、魚がかかった後はルアーが伸びてしまうため、その都度指に巻き付けて形作るようにしましょう。

 

【まとめ】ユニークなルアーたちをマスターしよう

  • スプーンは投げて巻くだけで釣れる
  • クランクベイトは超低速で巻いてじっくりとアピールする
  • ミノーは竿先の動きで小魚らしさをアピール
  • スピナーはほかの人が使わないので爆釣の可能性あり
  • セニョールトルネードはどうしても釣れないときでも釣れる反則級ルアー

管釣りのルアーはそれぞれが個性的なアクションを持っています。種類とアクションを使い分けつつ、それぞれのルアーを使いこなしていきたいですね。

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが