初心者向け簡単渓流フライ釣り!ヤマメ・イワナが簡単に釣れるチョウチン毛針のすべて


渓流釣りといえば技術的にも道具面でも小難しくてとっつきにくいというイメージがあります。しかし、今回ご紹介するチョウチン釣りはそんな常識を覆す簡単な釣りなのです。フライロッドやテンカラロッドで華麗にキャストして格好良く釣ることを目指している方に有益な情報を提供するページではありませんので、あしからず。

チョウチン毛鉤は「ダサくても良いから水面でヤマメ・イワナを釣りたい」という、まさに不器用な僕のための釣り方です。

 

この映像のように、毛針を水面に落とすだけです。

最後は逃げられていますが・・・。

 

 

チョウチン毛鉤釣りの概要

道具はのべ竿・短い糸・毛鉤だけです。全部揃えるのに5,000円あれば足ります。

 

水の上に毛鉤を落とすだけなので道具も単純チョウチン毛鉤・テンカラ釣り道具

チョウチン毛鉤の釣り方

 

1.アプローチ こそこそ隠れながら

魚にかなり近づいて釣らないといけないので岩に隠れたり影を落とさないようにしたり、ゆっくり歩いたりして気配を消します。うまく自分が隠れられないような開けすぎたポイントは諦めましょう。

 

高低差がある川は隠れやすい岩手西和賀北本内川イワナ毛鉤釣り

 

2.投げる 水面に落とすだけ

糸が短くて投げることが出来ないので、毛鉤を水面に落とすだけです。フライのようにキャストで枝に引っ掛けて毛鉤をなくさないので経済的です。ちなみに私は人生で失くした針の7割が木の枝への提供となっていますが、チョウチン毛鉤ならそんな心配は不要です。

また、エサ釣り・フライフィッシング・ルアー釣りの全てが苦戦する藪が多い川でも、流しやすいという利点があります。

 

生い茂った枝を避けて毛針を落とせます

 

 

3.食わせる 流すor誘う

毛鉤は水面に落として浮かべておくだけです。流れに沿って毛針が動くので、竿先をそれに合わせて動かせば自然に流れてくれます。

浮かべておくだけで釣れない場合には誘ってみましょう。毛鉤で水面を叩いて虫が水面近くを飛んでいるように見せてみてください。ときにはまだ水面に落としていない、空中で動かしている毛鉤にヤマメやイワナが姿を露わにして飛び出してくることもあるので、大変スリリングです。

流れと逆に毛針を引っ張ったり、横切らせるなんてテクニックもアリだそうです。3回ほど流して反応がなければ僕は移動しています。

 

しつこく流して釣れたイワナ

 

4.アワセ 魚が毛鉤を食ったら

ヤマメやイワナが食べたら音を立てて水面に飛び出すので、天然ボケで有名な私でもわかります。餌釣りのように目印をじっとにらむ必要はありません。

▼プールで毛針にイワナが食いつく映像です

あ、食べたなあと思ったら竿をあげてください。毛鉤をくわえた魚が水面から水中に行く瞬間に強くアワセてしまうとアワセ切れをするので、素早く、でも小さめにアワセています。

掛けた後ですが、竿についている糸が短くてクッションが少なく、魚の引きをダイレクトに味わえるので、魚のサイズが二回りくらい大きく感じられます。

 

糸が短いので巨大魚の存在感を発揮した、普通のヤマメ

 

 

5.取り込み これだけ少しやっかいです

通常の餌釣りなどと違って糸の長さが竿よりも極端に短いので、手元の網にそのまま入れることが出来ません。魚に「ごめんね」という気持ちで陸地にあげてしまいましょう。両岸がボサに覆われていてそれが難しい場合は、竿を少しずつ縮めて手元に寄せてください。

 

チョウチン毛鉤(テンカラ)釣りの道具

必要な道具はのべ竿、道糸、毛鉤という3つだけです。竿は5メートルくらいの適当な竿で良いです。釣りをしている間に竿を出したり畳んだり、竿に大して消耗が激しい釣りだと思うので、1万円以下くらいで、壊れたときにそれほど落ち込まない金額の竿が良いと思います。

▼実売約5,000円のダイワ・翠渓

その先に1メートルくらいのナイロンラインを結びます。アワセた瞬間に切れることがあるので、太めのラインを僕は使っています。

 

毛鉤は浮いてれば何でも良いと思います。釣れないときは気分転換に色とか大きさを変えたりしています。

 

何を使っても違いがわからないので、とりあえずたくさん入ってるのが好きです。

 

チョウチン毛鉤の補足

 

1.ヤマメは流芯、イワナは岩陰、ニジマスは狙わない

餌釣りやルアーなどと同じだと思いますが、ヤマメは流芯を流すときに釣れることが多いと思います。イワナは緩い流れを好むので流れが早くないところを狙っています。また、ヤマメほど目が良くないようなので何度かじっくり流したり、大げさに誘うようにしています。

ニジマスは引きが強すぎて耐えられるタックルを使っていないので、チョウチンテンカラでは狙ったことはありません。

 

2.釣れないときは毛鉤を変えています

毛鉤の色や大きさで釣れ方が変わるなどという言説を最初は全く信じていなかったのですが、どうやら関係があるようです。色を変えると途端に釣れることもあるので、慣れてきたら白と黒のサイズ違いくらい用意しておくと良いと思います。

でも最初は1種類しか持っていなくても全く問題無いと思います。

 

 

3.フロータントで浮かせるとよく釣れます

大鹿村塩川渓流釣り

 

あるフライフィッシャーいわく、毛針はしっかり浮いている方が魚の食いつきが良いそうです。言われてみれば、陸上の虫を水に落とすと、しっかり浮きますもんね。

毛針を何度も流して浮かなくなったら、タオルで水を拭いて息を全力でかければ多少はマシです。魚のヌメリがついたときには一度水洗いして落としてから乾かしています。

ただ、タオル+息フーフー戦略はそれほど効果的ではないので、毛鉤専用のフロータントが別格の便利さです。継続的にチョウチン毛針釣りをする方は購入をおすすめします。実売価格で1,000円ほどします。

 

「鼻の油で浮くよ」と言っていたベテランがいましたがあれは多分、嘘です。

 

 

4.釣り方としてはわりとダサいです

フライフィッシングのように華麗にキャストをするわけではなく、ときに這いつくばるようにして釣るので見た目は大変ダサいです。私も、釣りをしている途中に道行く人から見つけられてしまったときには川の写真を取りに来た人のフリをしています。

でも、あまりに簡単に釣れて面白いので最近はもっぱらこの釣り方をしています。格好よりも実益という合理的な精神の方、是非ともお試しください。

 

 

餌釣りの釣り方についてはこちらに記載しています。難しいので諦め気味です。

【渓流釣り入門】餌釣りの仕掛けと道具をヤマメ・イワナ初心者が解説

 

テンカラの釣り方についてはこちらです。もっと難しいのでもっと早く諦めました。

テンカラの釣り方・竿選び等|テンカラ初挑戦だった僕に「諦めろ」のエール

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください