【帯広から30分】札内川・十勝川でニジマス・アメマス釣り


広告だよん

十勝川水系・足寄川

阿寒川での釣りと同様、ガイド役にほぼ全てのポイントを荒らされた後に釣りをするという逆境に置かれた我々は泣き言を言いながらもルアーを投げ続けます。

小さなニジマスとアメマスが釣れました。

足寄川アメマス

足寄川ニジマス釣り

足寄川ニジマス釣り

我々に先行して釣り上げたニジマスを満面の笑みで誇らしげに見せるガイド。彼いわく「先にポイントに入って我々を導いている」のだそう。

 

阿寒川のピリネカップ取水口近く

 

こんなところに熊はいないという論をふりかざし、ガイド役を称する方を引き離すことに成功しました。ガイドと別行動しているにも関わらず、次々とニジマスがヒットします。

 

阿寒川ニジマス

 

優しい同行者は下手くそな私にポイントを先に譲ってくれていましたが、一向に良いサイズのニジマスは釣れません。さすがに申し訳なくなり、一時的に先行していただくことに。

私「このポイント、釣ってみてください」

同行者「ほんとに良いの?」

私が不要な気遣いを見せた瞬間、同行者の目が光り、そして投げ始めてわずか数投で大きなニジマスを引きずり出しました。

阿寒川とニジマス釣り

手が大きめの私でも片手ではつかめない太さ

 

上手な人に譲ったりするとこういう憂き目にあうので、私も今後はしっかりとポイントをつぶした後で同行者に譲ろうと誓いました。

同行者いわく、奏という少し深く潜るミノーをやや下流から引いてきて深いところを探る釣りのようです。

広告だよん

 

私も同じルアーを貸してもらい、同じように釣ってみましたが釣れるのは似ても似つかぬサイズのニジマスばかりでした。

 

音更川

ニジマス一級ポイントだけあり、釣り人も多い様子。私は釣れませんでしたが、同行者は釣れたそうです。

 

十勝川支流の然別川

 

然別川ニジマス釣り

たくさん釣れましたが、小さなニジマスばかりでした。

然別川ニジマス釣り 然別川ニジマス釣り

 

札内川ピョウタンの滝あたりから

大雨の中での釣りになりました。

ラスボス戦が始まりそうな霧札内川ヤマメ

 

いつもの通りに無策のままでミノーを投げていると、魚が掛かりました。小さなニジマスかと思って上げてみると、大きなヤマメでした。

 

ヒレも鱗もボロボロで成魚放流のよう札内川ヤマメ

 札内川ヤマメ

 

続けてもう一匹、大きなヤマメが釣れました。

札内川ヤマメ

 

ついに私は生まれて初めて、大きなヤマメのパターンをつかんだと確信しました。その手法は、ミノーを対岸に投げて、とりあえず引っ張る、というもの。無策の策、ここに極まれり。

この写真を見せたら、上流で釣りをしていた2人も驚くぞ、フフフ・・・。彼らを傷つけないよう、少し小さめに申告しておこうかな、とほくそ笑んでいると、上流で釣っていた2人が戻ってきました。

私「どうでしたか?」

彼ら「サクラマスが釣れたよ」

私「え?!」

ボロボロのヤマメで満足していた私を差し置いて、2人はさらに大きな銀化したヤマメを釣り上げていました。写真を見てみるとまさにパーマークの無い銀化変態したヤマメです。

曇っていますが、まさにダムサクラ札内川サクラマス

彼ら「で、お前はどんな魚釣ったわけ?」

私「ふ、普通のヤマメだよ」

雨に打たれながら必死に撮影したヤマメの写真を私は彼らに一枚も見せることなく、釣り場を後にしました。あのとき頬を伝ったぬるい液体は、果たして雨だったのでしょうか。

【続き】然別湖でサクラマス・ミヤベイワナ釣り

広告だよん

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

魚釣りが下手くそであることに定評があります。このサイトは釣り記録ではなく、釣れなかった言い訳の記録なのです。