【閉伊川の渓流釣りポイント】ヤマメ、イワナ釣り場をピンポイントでご紹介

投稿日: 2020-06-25更新日:

閉伊川水系 閉伊川

アクセス 盛岡市から車で45分
一関市から車で1時間30分
奥州市から車で1時間40分
対象魚 ヤマメ,イワナ,ウグイ
遊漁券 年券:8,000円
日釣券:1,000円
現場売:2,000円
管轄漁協 閉伊川漁業協同組合

渓流釣り解禁日は3月1日です。

ヤマメ、イワナ、ウナギの放流が行われています。主に集落の間を流れ、中流域までは川幅は広めです。

取水堰が設置されている場所があり、夏場は付近の水枯れを招くので釣る場所には注意が必要です。

途中から護岸整備された岸が続き、石場、岩場も少ない緩やかな河川です。

国道106号が近くを通り、道路からの入渓はしやすいと感じます。

上流域、谷が深くなりますが、開けた渓相です。平津戸橋辺りからの入渓をおすすめします。上流両岸は草木に覆われ、大きな石、岩盤も目立ちますが、雄大な雰囲気の中での釣りが楽しめます。

川幅が多少狭まった深い場所では、形の良いヤマメがかかります。

 

支流 刈屋川

アクセス 盛岡市から車で2時間10分
一関市から車で2時間40分
奥州市から車で2時間20分
対象魚 ヤマメ,イワナ
遊漁券 年券:8,000円
日釣券:1,000円
現場売:2,000円
管轄漁協 閉伊川漁業協同組合

渓流釣り解禁日は3月1日です。

下流はアユ釣りで訪れる人が多く、シーズン中は混雑しています。

本格的な渓流釣りが楽しめる上流域では、天然のヤマメやイワナがかかります。

上流のわりに川幅は広く、水量も多めで流れも速いです。草木が生い茂っていますが、岸の傾斜はあまりきつくないので、周辺からの入渓はしやすいと感じます。

押角付近と達曽部沢入口辺りがポイントとして知られている場所ですが、大きな岩場があるので初心者にはおすすめできません。

先へ進むと落差もかなり目立ってきます。難所ながら開けた明るい渓相で、美しい渓谷美を楽しむことができます。

 

支流 夏屋川

アクセス 盛岡市から車で1時間10分
一関市から車で2時間25分
奥州市から車で2時間
対象魚 ヤマメ,イワナ
遊漁券 年券:8,000円
日釣券:1,000円
現場売:2,000円
管轄漁協 閉伊川漁業協同組合

渓流釣り解禁日は3月1日です。

夏屋、大畑という集落の間を流れて行きます。

上流の沢沿いまで舗装された道路が続き、入渓、移動とも比較的楽に思います。

下流域では小ぶりなヤマメばかりを見かけますが、上流域では形の良い奇麗なイワナ、ヤマメがかかります。

台風被害で河川が砂利や小石で埋まってしまった時期がありました。その影響か定かではありませんが、以前に比べて魚影は薄くなったそうです。

春先、岸辺にカタクリの花が咲く場所があり、愛らしい姿で楽しませてくれます。

 

支流 御山川

アクセス 盛岡市から車で1時間
一関市から車で2時間10分
奥州市から車で1時間50分
対象魚 ヤマメ,イワナ
遊漁券 年券:8,000円
日釣券:1,000円
現場売:2,000円
管轄漁協 閉伊川漁業協同組合

渓流釣り解禁日は3月1日です。

下流から中流域は緩やかな場所が多く、周辺からの入渓はしやすいです。

上流に向かうにつれ山岳渓流の様相となり、落差が大きい場所と小さい場所が混在してきます。

広葉樹林の間を流れ、岩場がかなり目立ってきますが、明るい開けた渓相です。川幅は上流のわりに広く、緩やかな浅瀬が続きます。

堰堤下の落ち込み辺りにでは、形の良い奇麗なイワナがかかります。

先の砂防ダムがある付近では時に30センチほどのイワナを見ることができます。

 

*  *  *

このページは、

  • 漁協や釣り人のホームページ
  • 知人からの情報
  • マップ、ストリートビュー、標高背景地図

などで調べた情報をまとめています。河川や道路の状況は随時変化しており、現在と異なる可能性がありますので参考程度にご覧ください。

管理人による岩手でのヤマメ渓流釣り記録とポイントはこちらです。

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが