【茨城のヤマメ渓流釣りポイント】那珂川・久慈川など初心者向けからベテラン向けまでご紹介

投稿日: 2020-05-29更新日:

茨城県水戸市の佐々木さんに寄稿していただきました。

 

那珂川水系 那珂川

アクセス 水戸市から車で40分
土浦市から車で1時間30分
取手市から1時間20分(高速)
つくば市から1時間(高速)
対象魚 ヤマメ,イワナ,ニジマス,ウグイ
遊漁券 年券:7,000円
日釣券:1,500円
現場売:3,000円(日券のみ)
入渓のしやすさ ★★★★☆
歩きやすさ ★★★★☆
魚の量 ★★★☆☆
魚のサイズ 平均20㎝、最大30cm


渓流釣り解禁日は4月1日です。

栃木県と茨城県にまたがる大きな河川で、管轄漁協、魚種などで解禁日、規則、料金設定が異なります。

中流域まではほぼ平地で、川岸も広めです。見晴らしも良いので入渓しやすいと思います。(中流域一帯は県立那珂川自然公園として指定されています。)

度々放流が行われていますが、魚の量はあまり多く感じません。例年アユ釣りで訪れる方が大変多く、初夏から中流域付近は混雑します。

茨城県側下流域から中流域にかけて、周辺は田畑が多く駐車場は少なめです。栃木県よりの上流域まで行くと梅雨から初夏にかけ形の良いヤマメが釣れます。

上流域は岩場や草木が多く、岸づたいの移動は少々苦労するかもしれません。ダム近くではダム水放流時にかなりの増水となります。

 

 

久慈川水系 久慈川

アクセス 水戸市から車で45分
土浦市から車で1時間45分
取手市から1時間30分(高速)
つくば市から1時間15分(高速)
対象魚 ヤマメ,イワナ,ニジマス,ウグイ
遊漁券 年券:8,000円
日釣券:1,500円
現場売:1,700円(日券のみ)
入渓のしやすさ ★★★★☆
歩きやすさ ★★★★☆
魚の量 ★★★★☆
魚のサイズ 平均20㎝、最大30cm


渓流解禁日は4月1日です。県境にある八溝山から福島県、茨城県をまたいで流れる河川です。

上流域では小ぶりのヤマメが釣れます。(支流上流では「里美のイワナ」と呼ばれる、市の天然記念物であるイワナが存在します。)

ヤマメの放流が度々行われており、放流日には多くの釣り人でにぎわいます。量は多めですが全体的に小さめなサイズが目立ちます。

蛇行が多いわりに中流域までは比較的川幅も広く、なだらかで平地の川岸が続きます。入渓しやすく、移動も楽で歩きやすい河川です。

上流域川沿いにJR水郡線(奥久慈清流ライン)が走っており、景観を堪能したり、近くにある袋田の滝を訪れる観光客が多く訪れます。

周辺にはキャンプ場、レクリエーション施設や売店、駐車場が点在しています。見事な渓谷を見ながら一休みもしやすい場所です。

 

 

大北川水系 花園川

アクセス 水戸市から1時間20分(高速)
土浦市から1時間40分(高速)
取手市から2時間(高速)
つくば市から1時間50分(高速)
対象魚 ヤマメ,イワナ
遊漁券 年券:8,000円
日釣券:1,500円
現場売:1,700円(日券のみ)
入渓のしやすさ ★★★★☆
歩きやすさ ★★★☆☆
魚の量 ★★★★☆
魚のサイズ 平均20㎝、最大35cm


渓流釣り解禁日は4月1日です。

水沼ダム先の水花橋から花園オートキャンプ場先の上流域土場橋辺りまでがよく釣れるポイントとして、釣り人が集まります。

ヤマメが非常に多く、解禁日にはかなり大勢の方が訪れます。

上流域ではイワナも釣れますが小さいものが目立ちます。また、上流になるにつれ岩場が多く川幅もかなり狭くなります。

比較的入渓しやすい河川ですが、草木が生い茂り見通しが悪い場所も多くあります。

辺り一帯、花園渓谷として観光名所となっている地域でもあり、時期によっては観光客でにぎわいます。

飲食店ではヤマメを使った山椒煮などの名物料理が堪能できます。

 

 

大北川水系 大北川

アクセス 水戸市から1時間10分(高速)
土浦市から1時間30分(高速)
取手市から1時間50分(高速)
つくば市から1時間40分(高速)
対象魚 ヤマメ,イワナ
遊漁券 年券:8,000円
日釣券:1,500円
現場売:1,700円(日券のみ)
入渓のしやすさ ★★☆☆☆
歩きやすさ ★★☆☆☆
魚の量 ★★★★☆
魚のサイズ 平均20㎝、最大30cm


渓流解禁日は4月1日です。近くで合流する花園川同様、ヤマメが多く釣れます。

上流域は変化に富んだ渓相での釣りが楽しめるので、河川の規模のわりには釣り人が多く訪れます。

特にヤマメの放流日には、ポイントである県道22号線の新高橋から111号線の蔵河橋辺りまで釣りを楽しむ人が集まります。

田畑や民家が多い地域で、これといった施設が無く駐車場が少ないです。

川幅が全体的に狭く、草木でおおわれている岸が多いので入渓は少々難しい河川に感じます。

上流域では岩場も多く、岸もかなり狭くなってきます。

 

久慈川水系 八溝川

アクセス 水戸市から車で1時間25分
土浦市から1時間50分(高速)
取手市から2時間10分(高速)
つくば市から2時間(高速)
対象魚 ヤマメ,イワナ
遊漁券 年券:8,000円
日釣券:1,500円
現場売:1,700円(日券のみ)
入渓のしやすさ ★★★☆☆
歩きやすさ ★★★☆☆
魚の量 ★★★★☆
魚のサイズ 平均20㎝、最大30cm


渓流解禁日は4月1日です。

源となる八溝山からの湧水は名水百選に選ばれるほど、水質が良い河川です。

地元主催釣り大会なども開かれ、ビギナーも多く参加します。

放流も度々行われ、シーズン中はにぎわいます。大子町下野宮から上野宮周辺が一番のポイントとなっています。

周辺の河川と同じようにこちらもヤマメが多く釣れます。ただしサイズはあまり大きくありません。

川幅は狭いのですが大きな岩場は比較的少ないです。

上流域、八溝山登山口付近から川幅は一層狭まります。見晴らしが悪くなりますが、林道沿いのなだらかな岸が続き、移動はしやすいと思います。

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが