【福井九頭竜川サクラマス釣りのポイント・道具まとめ】サクラマス釣りの出費は”愚か者に課せられた税金”説


サクラマスを、それも聖地である九頭竜川で釣りたいを思ってしまった、1ヶ月前の僕へ。

釣れる時期やポイント、道具など、5日間のサクラマス釣りで未来の君が知った情報を伝えます。そして、君はサクラマスの感動で膝を震えさせること無く、10個ほどのルアーを九頭竜川に捧げただけでおめおめ帰路につくことも、合わせてお知らせいたします。

やめときゃ良いのに・・・。そう伝えても、アホな君は福井を目指すのでしょう。

 

 

【九頭竜サクラマスの時期】ピークは4月

福井県の九頭竜川でサクラマス釣りが可能な時期は2月1日~5月31日だよ。(一部2月15日まで禁漁のエリアがあります)盛期は3月後半から4月みたいだ。特に3月前半までの福井はとても寒いから、盛期に合わせて釣りに行くことをおすすめします。

 

 

【九頭竜サクラマスのルール】挨拶を忘れず

 

高屋橋下には10~20メートルおきに人が居た九頭竜川サクラマス釣り

渓流釣りだと500メートルは隣の釣り人との間隔を空けて川に入っているけれど、サクラマスはそれとは別のルールになるみたいなんだ。

上の写真のように、人気ポイントには釣り人が密集するから、しっかり挨拶をして、鼻水がガビガビの釣りおじさんと、やたら饒舌な釣りおじさんの間に入れてもらおう。君はやや遠方から来ているし、はじめてのサクラマスだから、ベテランのおじさんたちが応援してくれるはずだ。

 

 

【九頭竜サクラマスの心がけ】分の悪い博打

この時点で君が思っているより、サクラマスは確率が低い釣りだ。例えば2019年3月15日は大変よく釣れた日で、越前フィッシングセンターに報告されているだけでも14人がサクラマスを手にしている。

釣果報告ページの一部

えちぜんフィッシングセンター釣果

出典:えちぜんフィッシングセンター
http://echizenfishing.sakura.ne.jp

 

「1日で14人も釣れるんだ」
「3匹釣ってる人もいるんだし、もしかしたら」

とバカな君は考えてしまっただろう?

でも、よく考えて見て欲しいんだ。この日サクラマス釣りに挑んだ人は70人はいたはずだし、そこから逆算すれば釣れた人はわずかに20%、釣れなかった人は80%だ。

さぁ、ここでクイズです。何をしてもセンスが無い君が、上位20%に入れたことなんて、これまでの人生で一度でもあったでしょうか?

いつだって跳び箱を上手に跳べずに、一番端っこの小さな跳び箱と戯れている集団に、君はいたはずだ。

まして、とてもよく釣れた日でさえ、この確率だ。

確率が悪い博打である宝くじは「愚か者に課せられた税金」と言われるけれど、「サクラマスは馬鹿に課せられた税金だ」と言い換えても良いかもしれないね。これは釣れなかった僕の負け惜しみなんだけど、実際何本もサクラマスを手にした人たちも

「金がかかるけど、博打みたいに中毒性があるんだ」
「やめたいけど、なかなか辞められないよ」

などと言っていたよ。

その分、釣れた時の感動やバラしてしまったときの興奮はものすごく大きいみたいだけどね。

 

 

【九頭竜サクラマスのポイント】有名釣り場5選

福井の釣具屋・越前フィッシングセンターで配られるサクラマスポイントマップです。赤い印が、主なポイントだよ。

福井九頭竜川サクラマス

 

サクラマスの釣り場は渓流のそれのように秘匿されておらず、釣具屋などに行けばとても丁寧に教えてもらえるんだ。その際に頻繁に登場する5つのポイントを覚えておくと便利だよ。

  1. 短大前
  2. 天池橋
  3. えちぜん鉄道
  4. カントリー
  5. 高屋橋(最下流ポイント)

高屋橋が九頭竜川の最下流域のポイントで、九頭竜橋がこの中で最も上流位にあるポイントだよ。ちなみにこれら5つのポイントは九頭竜川の下流域のポイントだから、シーズン後半の5月以降は上流のポイントになるみたいだよ。

 

 

【1.短大前】瀬が連続するポイント

 

通称「短大前」と呼ばれるエリアで、短大前にある運動公園を越えて川に入ったよ。藪こぎで野ばらに襲われて大変だったし、何も得るものは無かったけどね。

サクラマスポイント短大前

流芯は右岸(南)側にあるので、流心を狙うのであればそちらから川に入った方が良さそうだよ。左岸(北側)から釣る場合はウェーディングした方がポイントに届きやすいよ。

水が少ないから、スプーンなら10g前後のものが良いんじゃないかな。

 

【2.天池橋】浅瀬と淵がある

マップの赤いポイントに4台ほど駐車できるよ。運転免許を取得して10年以上が経過して未だにバックで駐車することが出来ない君だけど、他の車に配慮してスッキリ駐車するように心がけてね。

 

浅瀬が続くポイントだけど、天池橋直下の右岸(北)側に淵があって、なんとも釣れそうな感じがにじみ出ていたよ。釣れそうな「感じ」だけだけどね。

 

手前に天池橋、奥に歩道橋天池橋サクラマス

 

 

【3.えちぜん鉄道】

人がかなり多かったので君は近づかなかったけど、川のカーブの外側になる左岸(南)側に人が密集していたよ。流心に近いから良いポイントなんじゃないかな。

 

 

【4.カントリー】テトラが続くポイント

マップの赤いポイントがある道路沿いに車を駐車できたよ。

オレンジと白の車が見えますが、どちらも道路の脇に駐車している状態です。

カントリー前駐車スペース

 

テトラポットの上に立って釣るので、やや足元が不安定だったな。怖がりの君はちょっと嫌う足場かもしれないね。

 

カントリー前サクラマスポイント

 

ここで、初日に同行者がシーバスを釣ることになるよ。5日間のサクラマス釣行のうち、この時が最も盛り上がった瞬間になっちゃったんだ。

カントリー前サクラマスポイント

 

 

【5.高屋橋】最大規模のポイント

高屋橋の下流域で釣りをするときの駐車場所だよ。

広い道路の隅に寄せて駐車するんだ。

高屋橋駐車スペース

橋の上流周辺にも駐車スペースがあって、縦列駐車で停めることが出来たよ。

高屋橋から上流側を見ると、釣り人がみっちり並んでいるね。

サクラマスポイント①高屋橋

水量が非常に多いポイントなので、スプーンだと20グラム以上を使うと良さそうだった。

 

【九頭竜サクラマスの習性】増水後がチャンス

九頭竜川下流域の水位はこのページで確認できるよ。釣り人たちが口を揃えて言っていたのは

「増水後、それが引いてきたタイミングが良い」

ということだった。例えば70センチだった水位の時に雨が降って90センチになる。雨が上がるとこれが80センチ、70センチと元の水位に戻っていくわけだけれど、その時が最も良いらしいんだ。

増水後の減水時にサクラマスの動きが活発になるみたいだね。

 

 

【サクラマス釣りの道具】シーバス用の道具で

サクラマスを釣ってないお前に道具の話だけはされたくない、と思っただろう?

でも、僕にサクラマスが釣れなかったのは道具のせいではなく腕の問題だから、道具の話をしたって良いと思うんだよ。なんだか変な話だけど、進めさせてもらうよ。

 

竿は7~8フィートくらい

長い方がよく飛ぶし、魚が掛かっても頑張ってくれそうだから、8フィートくらいのロッドが良いんじゃないかな。掛かってもないしアタっても無いから、よくわからないけどね。

リールは2,000~3,000番くらい

ラインを100メートルくらいは巻いておいた方が良いみたいだから、リールの大きさは2500番くらいが適当じゃないかな。竿をちょこちょこ動かす人も多いけど、トゥイッチなどしないと割り切ればもっと大きなリールでも良いのかもしれないね。

リーダーは14lb以上が目安

君が見事に釣り上げたニゴイだけなら、8lbで十分だったね。

ミノーは10センチくらいのダイバー系

ミノーは70~110センチくらいのディープダイバーで釣っている人が多いみたいだ。カラーは黄色とか赤金とか、目立つ色が良いみたいだよ。
アクションはさせずにひたすらただ巻きをすれば良いと、サクラマスのベテランは言ってたな。釣果実績を見ていると、ショートリップでそれほど潜らないミノーで釣っている人もいるみたいだね。

 

レンジバイブというバイブレーションもよく使われているみたいだよ。

ケチな君に朗報です。スプーンでも、釣れるみたいです。ただ、スプーンでの釣りは底を取って、ゆっくり巻くという根掛かりと隣合わせの釣りなので、余計にコストが掛かってしまうかもしれないね。君は5日間で10個のスプーンを失くし、1つのミノーと1つのバイブレーションを拾ったよ。
落ちているものばかり探すクセは、父親譲りだね。

【九頭竜サクラマスの釣り券】年間6,000円

日釣り券 1,500円
年券 6,000円

君は年券を購入して、5日間釣りをしたよ。

「日釣り券を5日分買うよりお得、つまり元は取ったな」

なんて言っていたけど、1匹も釣れてないんだから元を取れてるわけない無い。大損だよ。

 

 

【まとめ】釣れるかどうかは運次第

サクラマスをよく知る人いわく、釣れるかどうかは運次第、その確率を上げる方法はテクニックではなく投げる回数だけらしいんだ。逆に言えば、たくさん投げれば下手な僕にも釣れたのかもしれないね。
しかし君は下手である上に、ひたすら投げ続けるという作業を最も苦手としているね。さらに、君の視界にいた釣り人はその誰もが一生懸命にルアーを投げ続けたけど、釣り上げた人はおろか、魚を掛けている人すら見かけることは無かったよ。
九頭竜川の近くに、超ストイックな坊さんだった道元が建立した永平寺があり、今も曹洞宗の僧侶が修行を続けているが、彼らの作務に是非ともサクラマス釣りを加えて欲しい。この釣りは遊びではなく、道とか術とか、修行のカテゴリに入れた方がしっくりくる気がしているよ。
それでは修行の旅へ、行ってらっしゃい!

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください