【滋賀のヤマメ・イワナ渓流釣りポイント6選】大津市内からアクセスが良い初心者向けポイント


滋賀県の特に大津市、草津市からアクセスが良いポイントをピックアップしています。

琵琶湖しか持ち味がなく、普段他府県に対してすまない気持ちになっている滋賀県民の皆様、ご安心ください。滋賀には西日本でも屈指の素晴らしい渓流があり、京都や大阪だけでなく神戸あたりから滋賀の川に通っている人にお会いしたこともあります。誇ってください、川と湖だけは。

 

【第1位 愛知川】天国か!と見惚れる美しさ

大津市内から 車で1時間強
入渓しやすさ ★★★★☆
歩きやすさ ★★★★☆
魚の量 ★★★★★
魚のサイズ ★★★☆☆

愛知川には多くの支流がありますが、その中でも入渓しやすく魚も多い御池川と、茶屋川がおすすめです。

 

愛知川の茶屋川は平坦な流れが多い

茶屋川は絶景と読んで差し支えない水の美しさとイワナの豊富さで、開高健だか井伏鱒二あたりも大好きな川だったような気がします。

 

「滋賀やて?あんなとこ、何もありゃしまへんやろ?」

とおっしゃる京都の方よ。これだけ美しい神社仏閣は京都にもありゃしまへんやろ。

 

愛知川で釣れたイワナ滋賀のイワナ

 

こんだけ白い生き物言うたら舞妓さんくらいやろ。

(それはそれで、お会いしてみたいものです。)

愛知川の釣行記録の一覧はこちらです。

【愛知川渓流釣り①アマゴ・イワナ】滋賀県佐目小谷でテンカラ釣り

 

【第2位 安曇川・葛川】大津市から30分!家族連れにも人気

大津市内から 車で30分
入渓しやすさ ★★★★★
歩きやすさ ★★★★★
魚の量 ★★★★☆
魚のサイズ ★★☆☆☆

大津市や京都からアクセスが良い安曇川は上流域が葛川と呼ばれているようです。道路も走りやすく入渓もしやすいのでまさに初心者の私にぴったりの川です。おまけに放流も多いので、サイズこそ小さいですが魚を拝める確率が高いです。

一度餌にする川虫を網ですくっていたら、ネットにイワナが入っていたことがあるくらいです。

 

本流は平坦

開けているので餌釣りでもフライでも釣りやすいと思います。それでいて、それほど釣り人も多くない気がします。

 

支流に入ると渓流らしくなります

 

魚はイワナとアマゴが半々くらいで交じる印象です。

 

安曇川で釣れたアマゴ大津市葛川のアマゴ

大阪の皆さん。食いだおれた観光客は数あれど、こんなお腹ポテポテのアマゴは大阪にはいますまい。

(本場の粉もの、食いたいな)

 

安曇川・葛川の釣行記録一覧はこちらです。

 

 

【第3位 久多川】魚が豊富で入りやすい

大津市内から 車で50分
入渓しやすさ ★★★★★
歩きやすさ ★★★★★
魚の量 ★★★☆☆
魚のサイズ ★★★☆☆

安曇川の巨大支流で、京都の漁協が管轄しています。景観が良く、道路と川が近いので駐車場からアクセスしやすい地点が多いです。

 

久多川の下流域

ほとんど行ったことが無いので正直よく知りませんが、漁協さんが運営しているブログを見ている限り、魚の数もサイズも悪くなさそうな印象を持っています。

漁協が運営してるブログを鵜呑みにしてどうするんだという気もしますが・・・。

 

 

【第4位 姉川】美しいイワナが豊富

大津市内から 車で1時間40分
入渓しやすさ ★★★★★
歩きやすさ ★★★☆☆
魚の量
魚のサイズ

長浜や彦根からだとすぐにアクセス出来ます。姉川には一回しか行ったことが無いのでよく存じ上げないのですが、イワナが美しかった印象があります。

 

奥伊吹の流れ

姉川で釣れたイワナ

【滋賀姉川渓流釣りでイワナ】足俣川と奥伊吹で毛鉤釣り

 

 

【第5位 北川・石田川】福井との県境

大津市内から 車で1時間強
入渓しやすさ ★★★★★
歩きやすさ ★★★★★
魚の量
魚のサイズ

湖北の西側の渓流で、石田川はビワマスの産卵が行われているという資料もどこかで見たことがあります。

石田川は琵琶湖に流れ込むのでアマゴが生息していますが、北川は日本海に流れ混むのでヤマメが生息しています。

 

北川の流れ

民家の間を流れている、いわゆる里川と呼ばれる景観です。この平坦な流れの中にヤマメがいました。

 

 

【福井県北川・天増川アマゴ渓流釣り】投げようとしたらヤマメが付いてた

 

以上が滋賀県から行けるおすすめの釣り場5選でした。後半、ほとんど行ったことが無いのに無理にランキングに入れ込んだ川の情報が少なく我ながら驚いてしまいました。

>>滋賀の釣行記録一覧はこちらから