【千葉のヤマメ渓流釣りポイント】船橋、松戸からもアクセスしやすい河川を紹介

投稿日: 2020-06-01更新日:

多摩川水系 多摩川

アクセス 千葉市から1時間15分(高速)
船橋市から1時間(高速)
市川市から50分(高速)
松戸市から1時間(高速)
対象魚 ヤマメ,ニジマス,ウグイ
遊漁券 年券:4,500円
日釣券:1,000円
現場売:1,300円(日券)
4,500円(年券)
入渓のしやすさ ★★★★☆
歩きやすさ ★★★★☆
魚の量 ★★★★☆
魚のサイズ 平均20㎝、最大25cm


下流から上流域まで多くの釣り人が集まる人気の河川となっています。上流域ではヤマメ、ニジマスが釣れます。

渓流釣り解禁日は3月1日です。解禁日の日券が3,000円に設定される場合があります。

管轄の漁協が各エリアで異なる為、エリアごとで河川内のルール、遊漁金額が細かく異なります。

よほどの上流域でなければ川幅は広めで岩場も少なく、岸もほぼ平地で歩きやすく、入渓しやすい場所です。

周辺に駐車場も多く車も停めやすい河川ですが、上流よりの中流域から先は駐車場が少なくなります。

度々行われる放流日にはよく釣れますが、魚のサイズはあまり大きくありません。

休日はファミリー層も多く、下流域から中流流域付近は特に混雑します。夏休み期間は川遊びの方達も訪れるので周辺道路の渋滞が目立ちます。

 

 

多摩川水系 大丹波川

アクセス 千葉市から2時間15分(高速)
船橋市から1時間55分(高速)
市川市から1時間50分(高速)
松戸市から2時間(高速)
対象魚 ヤマメ,ニジマス
遊漁券 年券:6,000円(要写真)
日釣券:2,000円
現場売:3,000円(日券のみ)
入渓のしやすさ ★★★☆☆
歩きやすさ ★★★☆☆
魚の量 ★★★☆☆
魚のサイズ 平均20㎝、最大30cm


渓流釣り解禁日は3月1日からです。

下流域から中流域にかけては周辺の道路から入渓しやすく、岸も広めで歩きやすくなっています。

管理釣り場やキャンプ場、バーベキュー場が点在している為、一年を通して多くの人が訪れ、にぎわいのある人気の河川です。

川幅は広く、移動もしやすい場所が続きますが、本流多摩川と合流する辺りになると、一部落差のある場所があり、足元に注意が必要となります。

中流域にかけてはニジマスがよく釣れるので混雑します。度々行われるニジマスの放流日は早朝からかなりの人出となり、周辺道路、駐車場共混雑します。

上流になると初心者には少々ハードルが高い、変化に富んだ渓相が続きます。

林道沿いの移動となる場所が多く、岸もかなり狭くなります。周辺道路の幅も狭まり、見通しもよくありません。

主にヤマメが多く釣れますが、全体的にサイズは小さめです。

 

多摩川水系 日原川

アクセス 千葉市から2時間40分(高速)
船橋市から2時間20分(高速)
市川市から2時間15分(高速)
松戸市から2時間25分(高速)
対象魚 ヤマメ,ニジマス
遊漁券 年券:6,000円(要写真)
日釣券:2,000円
現場売:3,000円(日券のみ)
入渓のしやすさ ★★★☆☆
歩きやすさ ★★★☆☆
魚の量 ★★★☆☆
魚のサイズ 平均20㎝、最大30cm


渓流釣り解禁日は3月1日です。

下流域は全体的に歩きが楽な平地の岸が続きます。

移動もしやすく、河川近くの街道から車でのアクセスも楽で入渓しやすいと思います

中流域辺り、比較的ヤマメが多く見られますがニジマスも釣れます。

下流域より岩場が目立ち、水流が急になってきます。

河川が蛇行する場所が多く、周辺道路から少々離れる位置となるので駐車が難しくなります。
また道幅も狭いわりに交通量が多いので、運転も要注意です。

一部上流域ではイワナが釣れます。

川幅は上流のわりに広めですが、岩場や草木が多く、見通しも悪い場所となります。

近くに観光名所の日原鍾乳洞があり、釣り以外での人出も多い河川です。

荒川水系 成木川

アクセス 千葉市から2時間(高速)
船橋市から1時間40分(高速)
市川市から1時間35分(高速)
松戸市から1時間30分(高速)
対象魚 ヤマメ,ニジマス,アユ
遊漁券 年券:3,500円(要写真)
日釣券:1,500円
現場売:2,000円(日券のみ)
入渓のしやすさ ★★★☆☆
歩きやすさ ★★☆☆☆
魚の量 ★★★☆☆
魚のサイズ 平均20㎝、最大30cm


渓流解禁日は3月22日です。年によって異なる場合があります。奥多摩漁協での確認をお願いします。

川幅は比較的狭めで、岸もあまり広くありませんが解禁日や放流日には混雑します。(上流域からヤマメやニジマスが放流されます。)

採捕の大きさ制限があるので12センチ以下のヤマメ、ニジマスはリリースをしなくてはいけません。

下流域は周辺道路から入渓しやすく、歩きやすい平地の岸が続きます。夏の間は川遊びで訪れるファミリー層が多くなります。

中流域から上流域にかけて川幅は狭めです。広めの岸が少なく歩きにくくなるので初心者は注意が必要です。

上流では降雨後の土砂崩れが度々発生しています。天候によっては事前に道路。河川状況のチェックをおすすめします。

林間地域の山間道路なので、木材を積んだ大型トラックが多く行き交います。車で行かれる際にはくれぐれもご注意願います。

 

 

荒川水系 橋立川

アクセス 千葉市から2時間30分(高速)
船橋市から2時間20分(高速)
市川市から2時間10分(高速)
松戸市から2時間5分(高速)
対象魚 ヤマメ、まれにイワナ
遊漁券 年券:11,000円
日釣券:1,800円
現場売:3,000円
入渓のしやすさ ★☆☆☆☆
歩きやすさ ★☆☆☆☆
魚の量 ★★☆☆☆
魚のサイズ 平均15㎝、最大25cm

 

川沿いの林道です。


橋立鍾乳洞左手すぐ横の林道を入っていくと、各所に落石注意の看板がみられます。舗装されていない狭い道路の連続で、初心者にはきびしいかもしれません。

川沿いの林道上で駐車できそうなスペースがあれば、その場から入渓ポイントを探るのが良いと思います。

市街地から最も近い入渓ポイントは、橋立鍾乳洞から車で約10分ほどの場所です。

魚の量自体はあまり多くありませんが、希少な天然ヤマメの生息が確認できる時があります。

 

 

荒川水系 入間川(名栗川)

アクセス 千葉市から1時間55分(高速)
船橋市から1時間40分(高速)
市川市から1時間30分(高速)
松戸市から1時間25分(高速)
対象魚 ウグイ、まれにヤマメ、鮎
遊漁券 年券:11,000円
日釣券:1,800円
現場売:3,000円
入渓のしやすさ ★★★★★
歩きやすさ ★★★★★
魚の量 ★☆☆☆☆
魚のサイズ 平均10cm、最大20cm

駐車にはこのようなスペースが使えます。

入間川は、荒川の支流としては最長の河川です。

下流域の様子は以下の写真でおわかり頂けますでしょうか。

上流で名栗川と合流します。

水質が良い為か、釣れた魚を調理すると大変美味しく頂くことができます。道路が川のすぐ横を通っているので、周辺からの入渓はしやすいと感じます。運転しやすい舗装整備された道路なので、走っていても疲れません。

ヤマメは数が少ないですが、ウグイは多く釣れます。あたりが良く、楽しい釣りができます。

 

 

久慈川水系 久慈川

アクセス 千葉市から2時間10分(高速)
船橋市から1時間55分(高速)
市川市から1時間50分(高速)
松戸市から1時間45分(高速)
対象魚 ヤマメ,イワナ,ニジマス,ウグイ
遊漁券 年券:8,000円
日釣券:1,500円
現場売:1,700円(日券のみ)
入渓のしやすさ ★★★★☆
歩きやすさ ★★★★☆
魚の量 ★★★★☆
魚のサイズ 平均20㎝、最大30cm


渓流解禁日は4月1日となっています。福島県と茨城県を流れる河川です。

上流域では小さめのヤマメが釣れます。滅多にお目にかかれませんが、貴重な天然イワナが生息している地域でもあります。

ヤマメの放流が度々行われています。放流日には多くの人で混雑します。放流の量は多めですが、サイズは小ぶりが目立ちます。

中流域までは川幅も広めで、岩場も少なくなだらかな川岸なので移動しやすいと思います。周辺道路からの入渓もしやすく、歩きやすい河川です。

上流域は見事な渓谷の景色を楽しむこともできます。観光名所「袋田の滝」が近く、一年を通して観光客も多く訪れます。

上流では川幅は狭まり岩場も増えますが、見晴らしが比較的良いので移動はしやすいと思います。

キャンプ場、レクリエーション施設、お土産店などの売店も多く、一休みにも困りません。

 

 

大北川水系 花園川

アクセス 千葉市から2時間45分(高速)
船橋市から2時間30分(高速)
市川市から2時間25分(高速)
松戸市から2時間15分(高速)
対象魚 ヤマメ,イワナ
遊漁券 年券:8,000円
日釣券:1,500円
現場売:1,700円(日券のみ)
入渓のしやすさ ★★★★☆
歩きやすさ ★★★☆☆
魚の量 ★★★★☆
魚のサイズ 平均20㎝、最大35cm


渓流釣り解禁日は4月1日です。

ダムから近い水花橋から花園オートキャンプ場を過ぎて上流域辺り、釣果が期待できるポイントとして人気があります。

ヤマメがよく釣れます。解禁日にはヤマメ目当ての釣り人でかなり混雑します。

一部上流域ではイワナも釣れます。ただしサイズは小ぶりです。上流は岩場が多くなり、川幅、岸ともかなり狭くなるので注意が必要です。

比較的入渓しやすい河川ですが、背の高い草や木でおおわれている岸も多くあります。

上流域は花園渓谷として有名な景勝地でもあります。時期によっては観光客でにぎわう場所なので周辺道路も混雑します。

近くの食事処やお土産店では地元の名物としてヤマメ料理に出会えます。

 

 

*  *  *

このページは都内在住の筆者の経験に加えて、

  • 漁協や釣り人のホームページ
  • 知人からの情報
  • マップ、ストリートビュー、標高背景地図

などで調べた情報をまとめています。河川や道路の状況は随時変化しており、現在と異なる可能性がありますので参考程度にご覧ください。

 

近隣の渓流釣りポイントはこちらで紹介しています。

【神奈川のヤマメ渓流釣りポイント】横浜・川崎から1時間の釣り場をピンポイントでご紹介

【埼玉のヤマメ渓流釣りポイント】秩父など初心者向けからベテラン向けまでご紹介

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが