【愛媛の渓流釣りポイント】アマゴ、ニジマスが釣れる場所をご紹介

投稿日:

重信川水系

 

重信川

アクセス 松山市から車で45分
今治市から車で1時間10分
新居浜市から車で1時間
対象魚 アマゴ
遊漁券 年券:1,600円
日釣券:-円
現場売:-円
管轄漁協 重信川漁業協同組合
解禁 2月1日


現時点での入漁券は1種類のみです。

川幅自体は広め、浅瀬の緩やかな流れが続きます。

大きな中州で分断されている場所が目立ちます。

近くの県道から河川までの高低差はあまり感じません。上流域手前まで、入渓は楽だと思います。

上流域になると車道が徐々に狭まります。時折、落石もあるエリアなので注意が必要です。

林道からの入渓となりますが、険しさがあり、両岸共、崖に近い状態の場所もあります。初心者にはかなり難しいと感じます。

所々に滝も見られ、その下付近や岩の渕辺りで大きめで奇麗なアマゴが見られます。

 

重信川支流 石手川

アクセス 松山市から車で30分
今治市から車で40分
新居浜市から車で1時間25分
対象魚 アマゴ
遊漁券 年券:2,000円
日釣券:1,000円
現場売:-円
管轄漁協 湯山漁業協同組合
解禁 2月1日


川幅は狭めで、上流になるとかなり細い流れになります。

下流から中流域にかけては護岸の場所も目立ちますが、草で覆われた、比較的傾斜が緩い所もあります。場所を選べば、入渓はさほど困難ではないと思います。

幹線道路近くを流れていますが、駐車スペースが少なく感じます。

奥まった上流になると、両岸に木々がせり出しますが頭上は開けているので、明るい日差しが入ります。

林道から河川までの高低差があるので、入渓は注意が必要です。

岸ぎわ、岩や石の下辺りで大きめのアマゴがかかります。

 

吉野川水系 銅山川

アクセス 松山市から車で1時間50分
今治市から車で1時間25分
新居浜市から車で1時間
対象魚 アマゴ,ニジマス
遊漁券 年券:6,000円
日釣券:1,500円
現場売:-円
管轄漁協 銅山川中流漁業協同組合
解禁 2月1日


山間を流れ、上流域は開けた見事な景観が広がります。

全体的に川幅は広く、奥まった上流域でなければ入渓はさほど難しくないと思いますが、緩そうな斜面でも草、落ち葉などで足が滑りやすくなっています。

大きな堰堤や滝も見られ、ポイントが各所にあります。

水量があり、流れも変化に富み、数多くの奇麗なアマゴがかかります。

車止めのスペースは点在しますが、広い場所ではないので注意が必要です。

 

渡川(四万十川)水系 広見川

アクセス 松山市から車で1時間45分
今治市から車で2時間25分
新居浜市から車で2時間10分
対象魚 アマゴ,ニジマス
遊漁券 年券:3,000円
日釣券:1,000円
現場売:-円
管轄漁協 広見川漁業協同組合
解禁 2月1日


川幅は全体的に広めです。浅瀬の場所が多く、流れも緩やかです。

急斜面の護岸場所が目立ちますが、河川岸まで階段状のものが設置されていたり対岸が比較的緩やかな斜面となっている所もあります。

水中、岸に石や岩が目立ちます。石場の中州も点在し、渕辺りでアマゴが見られます。

上流域まで舗装道路が通っていますが、奥まった上流になるとダート状の道路になります。

河川までの傾斜も増し、入渓、移動には少々苦労するかもしれません。

 

肘川水系 肘川

アクセス 松山市から車で1時間40分
今治市から車で2時間
新居浜市から車で1時間50分
対象魚 アマゴ
遊漁券 年券:2,500円
日釣券: 1,000 円
現場売:-円
管轄漁協 肱川漁業協同組合
解禁 2月1日


川幅は全体的に広いのですが、広い中州で分断される場所が目立ちます。

両岸に葦などの草が茂り、木々がせり出している所もあります。ポイントによっては道具選びを慎重にされたほうが良いかもしれません。

流れ自体は緩やかで、途中設けられている堰堤や中州により、淀みや流れの変化が現れます。

上流域でも川幅は広めです。周囲に木々が茂っていますが、比較的開けた渓相が続きます。

河川自体に高低差が生じ、流れも変化に富んでいます。

アマゴが多く釣れる場所として人が集まる河川です。

 

仁淀川水系 面河川

アクセス 松山市から車で1時間20分
今治市から車で1時間50分
新居浜市から車で2時間
対象魚 アマゴ
遊漁券 年券:2,300円
日釣券:1,200円
現場売:-円
管轄漁協 面河川漁業協同組合
解禁 2月1日


水質が大変良く、奇麗なアマゴが数多く釣れる場所として人気がある河川です。

川幅は広めで、水量もあり、流れは緩やかです。

近くを通る幹線道路、林道に多少車止めのスペースはありますが、道幅自体は広くありません。

上流に進むにつれ、川幅は狭くなります。

河川自体の高低差と岩石により、流れも変化に富み、開けた渓相が続きます。

河川まで傾斜もかなり出てくる為、入渓は少々苦労します。

管理人による面河渓のアマゴ渓流釣り記録とポイントはこちらです。

仁淀川の面河川でヤマメ渓流釣り【絶景に感動】

 

山から40分の中山川水系の渓流釣り記録はこちらです。

【松山市から40分】’16愛媛渓流釣り1日目中山川支流の滑川・鞍瀬川

 

* * *

 このページは、

  • 漁協や釣り人のホームページ
  • 知人からの情報
  • マップ、ストリートビュー、標高背景地図

などで調べた情報をまとめています。河川や道路の状況は随時変化しており、現在と異なる可能性がありますので参考程度にご覧ください。

 

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが