【狩野川の渓流釣りポイント】アクセスしやすい河川を紹介

投稿日: 2020-07-01更新日:

狩野川水系 狩野川

アクセス 浜松市から車で2時間40分
静岡市から車で1時間40分
富士市から車で1時間10分
対象魚 ヤマメ,アマゴ,ニジマス
遊漁券 年券:10,500円
日釣券:1,700円
現場売:2,500円
管轄漁協 狩野川漁業協同組合
解禁 3月1日

アユ友釣りのメッカとして有名な河川で、アユ釣り解禁後多くの人が訪れます。

全体的に広い川幅で、水量も多く流れは緩やかです。

移動しやすい岸が続きますが、上流域、岩壁の様に傾斜がかなりきつい場所が徐々に増えてきます。

最上流部、猫越川との合流手前は大きめの石、岩場も多くなります。渕や落ち込み場所では形の良いアマゴが釣れます。

天城湯ヶ島温泉郷にも近く、宿泊施設、店が点在しているエリアです。

 

支流 大見川

アクセス 浜松市から車で3時間
静岡市から車で1時間50分
富士市から車で1時間20分
対象魚 アマゴ,ヤマメ
遊漁券 年券:10,500円
日釣券:1,700円
現場売:2,500円
管轄漁協 狩野川漁業協同組合
解禁 3月1日

一部エリアではフライ禁止となる場合があります。漁協での確認をおすすめします。

修善寺から近く、県道沿いでアクセスが楽な河川です。

下流域、川幅は広く、入渓、移動共さほど難しくない場所が続きますが、護岸されている場所では滑りやすいので足元に十分注意が必要です。

水量は比較的少なめで川底には石が目立ちます。

中流域から上流域では形の良いアマゴがかかり、特に中流域の小川橋辺りと上流域の新橋辺りはアマゴ狙いのポイントとして知られています。

近年、夏場はかなり水温が上昇してしまう傾向があり釣りのタイミングを見極める必要があるかもしれません。

 

支流 冷川

アクセス 浜松市から車で3時間15分
静岡市から車で2時間
富士市から車で1時間20分
対象魚 アマゴ,ヤマメ
遊漁券 年券:10,500円
日釣券:1,700円
現場売:2,500円
管轄漁協 狩野川漁業協同組合
解禁 3月1日

平坦な里山集落を流れますが、標高が高めで日陰も多く、水温が低めになりがちな河川です。

道路沿いから入渓は比較的楽ですが、スペースが少ないので駐車の際は付近の状況に十分注意が必要です。

上流域、柳瀬橋辺りから先の堰堤下、落ち込みと瀬の続く場所では良型のアマゴが見られます。

支流 修善寺川(桂川)

アクセス 浜松市から車で2時間40分
静岡市から車で1時間35分
富士市から車で1時間10分
対象魚 アマゴ
遊漁券 年券:10,500円
日釣券:1,700円
現場売:2,500円
管轄漁協 狩野川漁業協同組合
解禁 3月1日

地元では桂川と呼ばれ、修善寺温泉地区を流れます。両岸に旅館が立ち並び、周辺には観光施設も多く駐車スペースには不自由しないと思います。

平坦な地が続き、岸には草が茂っていますが入渓は楽です。

川幅は広めで、たまに大きめの石、岩が河川から顔を出しています。

放流が行われており、岸ぎわや石で流れが変化する辺りでは、アマゴがかかります。

支流 猫越川

アクセス 浜松市から車で3時間15分
静岡市から車で1時間50分
富士市から車で1時間20分
対象魚 アマゴ,ヤマメ
遊漁券 年券:10,500円
日釣券:1,700円
現場売:2,500円
管轄漁協 狩野川漁業協同組合
解禁 3月1日

美しい渓相が続く河川で、持越川との合流点から先が上流域となります。

県道脇、林道からの入渓となりますが、険しさがあまり感じられず、石や滑りやすい苔に注意すれば難しくないと思います。

水量があり、川中の石、岩で流れが変化します。水質も良く、大きな岩下、渕辺りでは形の良い奇麗なアマゴがかかります。

草木がせり出していますが、日差しが入り見通しはさほど悪くありません。

*  *  *

このページは、

  • 漁協や釣り人のホームページ
  • 知人からの情報
  • マップ、ストリートビュー、標高背景地図

などで調べた情報をまとめています。河川や道路の状況は随時変化しており、現在と異なる可能性がありますので参考程度にご覧ください。

 

静岡のヤマメ渓流釣りポイントはこちらです。

【静岡県のヤマメ渓流釣りポイント】楽しめるポイントを紹介

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが