【多摩川の渓流釣りポイント】人気の河川をポイント紹介

投稿日: 2020-07-01更新日:

多摩川水系 多摩川

アクセス 世田谷区から車で50分
練馬区から車で1時間15分
大田区から車で1時間25分
対象魚 ヤマメ,アマゴ,ニジマス,アユ
遊漁券 年券:6,000円
日釣券:2,000円
現場売:3,000円
管轄漁協 奥多摩漁業協同組合
解禁 3月1日
以降一週間ごとに下流、中流、上流の順で解禁

エリア、魚種により遊漁料金、規則、解禁日設定が異なります。漁協での確認をお願いいたします。

全体的に川幅は大変広く、岸も緩やかな平地が多いので入渓は楽です。駐車スペース、大規模な駐車場も点在します。

下流域は釣りの他川遊び等レクリエーション的な楽しみで訪れる人々でにぎわうので、渓流釣りには中流域から先の上流部をおすすめします。

中流域から上流域、青梅市辺りからは渓流、渓谷の景観となります。主にヤマメ、アマゴ、ニジマスが釣れます。

付近の管理釣り場または放流の影響なのか、特にニジマスは大き目サイズがかかる時があります。

JR青梅線、五日市線が通り、幹線道路からのアクセスも良いので時期により、大変混雑します。

景勝地やレジャー施設も点在し、観光地としても人気のエリアを流れる河川です。

ポイント 羽村の堰

アクセス 世田谷区から車で1時間
練馬区から車で1時間10分
大田区から車で1時間40分
対象魚 ヤマメ,アマゴ,ニジマス,アユ
遊漁券 年券:6,000円
日釣券:2,000円
現場売:3,000円
管轄漁協 奥多摩漁業協同組合
解禁 3月1日
以降一週間ごとに下流、中流、上流の順で解禁

広々とした平地の河原岸が続きます。葦など草木に注意すれば入渓も移動も楽です。

川幅は依然広く、岸際は浅瀬ですが、場所によっては水量があります。

堰や石で流れに変化があります。上流から放流され、下ってきたニジマスがかかります。

時期によっては、稀にヤマメ、カジカも見かけます。

ポイント 万年橋

アクセス 世田谷区から車で1時間30分
練馬区から車で1時間25分
大田区から車で1時間50分
対象魚 ヤマメ,アマゴ,ニジマス
遊漁券 年券:6,000円
日釣券:2,000円
現場売:3,000円
管轄漁協 奥多摩漁業協同組合
解禁 3月1日
以降一週間ごとに下流、中流、上流の順で解禁

多摩川上流域ポイントとして、人が集まる場所です。

河原岸は広く、ほぼ平地です。葦などの草木や多少の石はありますが入渓は楽です。

車種、場所に注意すれば、河原岸付近まで車で入れます。

緩やかに蛇行をしながら流れて行くポイントで、流れは速くありません。

広い中洲も見られ、ゆったりとした釣りを楽しめます。

大き目の石、岩が点在する場所付近の渕、岩の落ち込みあたりにヤマメ、ニジマスが見られます。

ポイント 御岳駅前下

アクセス 世田谷区から車で1時間50分
練馬区から車で1時間35分
大田区から車で2時間
対象魚 ヤマメ,アマゴ,ニジマス
遊漁券 年券:6,000円
日釣券:2,000円
現場売:3000円
管轄漁協 奥多摩漁業協同組合
解禁 3月1日
以降一週間ごとに下流、中流、上流の順で解禁

御岳渓谷入口となる駅前近く、橋の下からの入渓となります。

あまり大きな駅ではないので駐車には付近の状況に注意が必要です。

駅前下からその先、フィッシングセンター手前までがポイントとしておすすめですが、夏場は川下りのカヌーも多く、時期によっては移動をおすすめします。

川幅は広く、流れは緩やかです。多少の石、岩場はありますが河原も平地が広がり、入渓、移動ともに楽だと思います。

解禁日から夏場にかけて、ニジマス、ヤマメがかかります。ニジマスはかなり大型のものが見られます。

周辺一帯、観光地として施設、店も多いので一息するにも便利なエリアです。

ポイント 小丹波観光用駐車場前下

アクセス 世田谷区から車で1時間45分
練馬区から車で1時間30分
大田区から車で2時間10分
対象魚 ヤマメ,アマゴ,ニジマス
遊漁券 年券:6,000円
日釣券:2,000円
現場売:3,000円
管轄漁協 奥多摩漁業協同組合
解禁 3月1日
以降一週間ごとに下流、中流、上流の順で解禁

数多くはありませんが形の良いニジマス、ヤマメがかかります。

川幅は広く、緩やかに蛇行していきます。比較的浅瀬が目立ち、落差はほぼありません。

片側の岸は砂利、石だらけですが広めの平地が続き、移動は楽です。

木々は茂っていますが、見通しは良く、周辺道路からの入渓もさほど難しくはありません。

付近に大きな駐車場がありますが、河川まで少々距離があります。

周辺一帯レジャーで訪れる人が多く、特に夏場の休日には大変混雑します。

ポイント 昭和橋下

アクセス 世田谷区から車で2時間
練馬区から車で1時間45分
大田区から車で2時間25分
対象魚 ヤマメ,アマゴ,ニジマス
遊漁券 年券:6,000円
日釣券:2,000円
現場売:3,000円
管轄漁協 奥多摩漁業協同組合
解禁 3月1日
以降一週間ごとに下流、中流、上流の順で解禁

氷川キャンプ場、景勝地の氷川渓谷に程近い場所で、休日は多くの人でにぎわいます。

川幅は広めで緩やかですが、所々大きな岩場の目立つ場所があり、流れや幅に変化が出ます。

木々がせり出していますが、開けた渓相なので明るいです。

岩場渕辺り、水中の岩による流れの落ち込み辺りでは大きめのヤマメ、ニジマスが釣れます。

付近には遊歩道が通り、河原に降りる為の階段が設けられている場所もあります。

ポイント和田橋下

アクセス 世田谷区から車で1時間35分
練馬区から車で1時間25分
大田区から車で1時間50
対象魚 ヤマメ,アマゴ,ニジマス
遊漁券 年券:6,000円
日釣券:2,000円
現場売:3,000円
管轄漁協 奥多摩漁業協同組合
解禁 3月1日
以降一週間ごとに下流、中流、上流の順で解禁

川幅は広めで、流れも緩やかな河川ですが、川底に小石が多く水中での足元にも注意が必要です。

片岸、砂利の目立つ平地が続き、移動は楽だと思います。

ヤマメ、ニジマスが釣れますが、時期によってはかなり小ぶりが目立ちます。

最上流部近くでは谷深く、傾斜も目立ち、崖に近い場所もあります。足元が滑りやすくなるので注意が必要です。

他エリア同様、夏場はレジャー目的の人を多く見かけます。カヌーやパドルボードなども行き来するので、河川に入る際は周囲の状況に十分な注意が必要です。

 

支流 平溝川

アクセス 世田谷区から車で1時間45分
練馬区から車で1時間35分
大田区から車で2時間10分
対象魚 ヤマメ,アマゴ,ニジマス
遊漁券 年券:6,000円
日釣券:2,000円
現場売:3,000円
管轄漁協 奥多摩漁業協同組合
解禁 3月1日
以降一週間ごとに下流、中流、上流の順で解禁

多摩川との合流点付近では川幅もあり、水量も多いのですが、その先上流になるにつれ、川幅は狭くなっていきます。

中流域辺りまでは急な傾斜もあまり無く、入渓は楽です。

上流域にかけては川沿いの林道からの入渓となりますが、登山の拠点エリアでもある為、休日には登山客も頻繁に往来します。

徐々に山間の小規模渓流の趣きとなり、岸には草木がせり出し、石場や岩が多くなります。移動時には足元に注意が必要です。

解禁日の約一週間後にヤマメ、ニジマスの放流が行われる場合が多く、中流域から上流域の岩場下、落ち込み辺りではヤマメ、ニジマスがかかります。

支流 峰谷川

アクセス 世田谷区から車で1時間30分
練馬区から車で2時間20分
大田区から車で2時間45分
対象魚 ヤマメ,アマゴ,ニジマス
遊漁券 年券:6,000円
日釣券:2,000円
現場売:3,000円
管轄漁協 奥多摩漁業協同組合
解禁 3月1日
以降一週間ごとに下流、中流、上流の順で解禁

奥多摩湖先のエリアを流れる河川です。

川幅は狭いのですが、水量はそこそこあります。

付近の林道からの入渓となりますが、岸までの傾斜はあまりきつくなく、足元に注意すれば比較的楽だと思います。

さらに上流へ進むと、岩場が増え、河川に落差が出てきます。岩盤も目立ちます。移動は沢登りの様になり初心者だけでは難しいかもしれません。

両岸に草木がせり出していますが、上は開けており、明るい陽射しは入ります。

小ぶりですが形の良いイワナ、ヤマメが釣れます。

*  *  *

このページは、都内在住の筆者の経験に加えて

  • 漁協や釣り人のホームページ
  • 知人からの情報
  • マップ、ストリートビュー、標高背景地図

などで調べた情報をまとめています。河川や道路の状況は随時変化しており、現在と異なる可能性がありますので参考程度にご覧ください。

 

東京のヤマメ渓流釣りポイントはこちらです。

【東京のヤマメ渓流釣りポイント】世田谷、練馬、大田区からも好アクセスの入渓点をピンポイントでご紹介

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが