【洞爺湖のニジマス、アメマス、ヒメマス釣りポイント】トラウト釣り場をマップでご紹介

投稿日: 2020-08-11更新日:

洞爺湖

 

ポイント・旭浦

アクセス 札幌市から車で1時間
旭川市から車で3時間45分
函館市から車で2時間15分
対象魚 ニジマス,アメマス,ヒメマス


洞爺湖漁業協同組合の管轄となります。

遊漁期間(ヤマメ含む)は6月1日からですが、禁漁期間が設定されているので注意が必要です。遊漁料は日券1,200円、現場売りは1,500円です。

湖岸すぐ側を道道陶冶虻田線通っていますが、スペースが多くなく、場所によっては駐車に苦労するかもしれません。

岸からすぐ深場になるポイントで、岬先の深場にはアメマスが多く見られます。ニジマス、ヒメマスも良型がかかります。

石、岩場が多く、水中には切り立った岩も点在します。

不安定な足場が続く場所では落下に要注意です。

 

ポイント・えぼし岩公園

アクセス 札幌市から車で1時間
旭川市から車で3時間45分
函館市から車で2時間15分
対象魚 ヒメマス,ニジマス


洞爺湖漁業協同組合の管轄となります。

遊漁期間(ヤマメ含む)は6月1日からですが、禁漁期間が設定されているので注意が必要です。遊漁料は日券1,200円、現場売りは1,500円です。

なだらかな丘陵地帯の公園といった趣きの場所です。

岸すぐそばに道路が通り、駐車スペースも点在します。

湖畔林があり、ロッドを振る際には邪魔に感じるかもしれません。

浅瀬が目立ちますが、沖寄りになると急に深場となります。

えぼし岩下付近はヒメマスの回遊が多く、岸寄りの多少水深がある場所ではニジマスが多くなります。

雪解け時は岸近くのワカサギを狙って、大型のニジマスが寄りつきます。

 

ポイント・仲洞爺

アクセス 札幌市から車で1時間
旭川市から車で3時間45分
函館市から車で2時間15分
対象魚 ヒメマス,ニジマス,アメマス


洞爺湖漁業協同組合の管轄となります。

遊漁期間(ヤマメ含む)は6月1日からですが、禁漁期間が設定されているので注意が必要です。遊漁料は日券1,200円、現場売りは1,500円です。

駐車スペースが点在し便利ですが、キャンプ場の利用者も多いので時期によっては混んでいるかもしれません。

他エリアに比べ草木が少なく、見通しがかなり良い場所で、湖岸までの移動もしやすいです。

岸近くの水深は浅いのですが、徐々に深場となります。

沖寄りの深い場所辺りには良型のヒメマス、ニジマス、アメマスが多く見られます。

 

ポイント・財田から壮瞥川

アクセス 札幌市から車で1時間
旭川市から車で3時間45分
函館市から車で2時間15分
対象魚 ヒメマス,ニジマス,ウグイ


洞爺湖漁業協同組合の管轄となります。

遊漁期間(ヤマメ含む)は6月1日からですが、禁漁期間が設定されているので注意が必要です。遊漁料は日券1,200円、現場売りは1,500円です。

木々は少なく、見通しは良いエリアです。

道路から少々距離があるので。駐車時は付近の状況に要注意です。

全体的に遠浅の場所が多く、岸近くの窪みではウグイが多くかかります。

沖には回遊する良型のヒメマスが見られます。かつてはアメマスも多く釣れましたが
最近はかなり少なくなりました。

財田の東方面に流れる壮瞥川、流出口先の沖は深場になっています。ニジマスが近くまで寄ってくる場所でもあります。

 

ポイント・滝ノ上キャンプ場跡周辺

アクセス 札幌市から車で1時間
旭川市から車で3時間45分
函館市から車で2時間15分
対象魚 ヒメマス,ニジマス


洞爺湖漁業協同組合の管轄となります。

遊漁期間(ヤマメ含む)は6月1日からですが、禁漁期間が設定されているので注意が必要です。遊漁料は日券1,200円、現場売りは1,500円です。

以前は近くにキャンプ場がありましたが、現在は周辺一帯、草木が茂る場所となっています。

道路からは比較的近いのですが、車を停めるスペースがあまり多くないので、時期によっては駐車に苦労します。

大きめの石、岩が岸ぎわに点在し、その為足場が悪い場所となっています。

遠投できる場所を選んで、沖寄りの深場を狙うと良型のヒメマスがかかります。

 

*  *  *

このページは、

  • 漁協や釣り人のホームページ
  • 知人からの情報
  • マップ、ストリートビュー、標高背景地図

などで調べた情報をまとめています。河川や道路の状況は随時変化しており、現在と異なる可能性がありますので参考程度にご覧ください。

 

洞爺湖近くの尻別川のトラウト釣りポイントはこちらです。

【尻別川のニジマス、ヤマメ釣りポイント】渓流釣り場をマップでご紹介

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが