【尻別川のニジマス、ヤマメ釣りポイント】渓流釣り場をマップでご紹介

投稿日: 2020-08-11更新日:

尻別川水系尻別川

アクセス 札幌市から車で2時間
旭川市から車で3時間40分
函館市から車で3時間
対象魚 ニジマス,ヤマメ,イワナ

 

 

ポイント・羊蹄大橋

アクセス 札幌市から車で1時間40分
旭川市から車で3時間20分
函館市から車で2時間45分
対象魚 ニジマス,ヤマメ


漁業権が無く、遊漁料金は不要です。

釣りは通年可能ですが、ヤマメは6月1日解禁です。

すぐ近くを道道66号線が通っています。

河原岸まではほぼ平坦で入渓は楽だと思います。

場所によっては河原まで車が入れます。ただし釣り以外のレジャーでも訪れる人が多いので、時期によっては。駐車スペースの確保に苦労するかもしれません。

岸は全体的に開けており、足場も十分あります。

川底に砂利が目立ち、水温が低めの時には底付近でニジマス、ヤマメが多くかかります。

橋の下流方向には急に水深が深まる場所があるので、河川の中に入る場合は注意が必要です。

周辺の景観が素晴らしく、雄大な自然を感じながらの釣りを楽しめます。

 

ポイント・ニセコ駅付近芙蓉橋下

アクセス 札幌市から車で2時間
旭川市から車で3時間30分
函館市から車で2時間40分
対象魚 ニジマス,ヤマメ


漁業権が無く、遊漁料金は不要です。

釣りは通年可能ですが、ヤマメは6月1日解禁です。

すぐ近くを道道66号線が通っています。JRニセコ駅からもほど近く、アクセスは良い場所です。

橋下辺りにスペースがあるので、駐車に使えます。

岸まで少々高低差がありますが、場所を選べば入渓が楽な緩い傾斜の所もあります。

川幅は広めで、水量も多い河川です。

岸からすぐ深場になるので初心者は足元に十分注意が必要です。

草木が多く、広いスペースが少ないので道具選びは重要だと思います。

大型で奇麗なニジマスが多く、特に夏場までの魚影は大変濃いものとなります。

 

支流・名無川

アクセス 札幌市から車で2時間10分
旭川市から車で3時間45分
函館市から車で2時間50分
対象魚 ニジマス,ヤマメ


漁業権が無く、遊漁料金は不要です。

釣りは通年可能ですが、ヤマメは6月1日解禁です。

周囲は森林が多く、田畑が広がる地帯です。

川幅は比較的広めで、水量もあります。

幹線道路から少々離れますが、川沿いに狭い未舗装道路が通っています。

駐車スペースは少ないので、道路脇に停める際は近隣状況に注意が必要です。

岸までは傾斜もあまり無く入渓、移動ともに楽だとおもいます。

小さな砂防堰堤が連立する場所があり。落ち込み辺りでは良型のニジマスがかかります。

釣り場としては人が少ないポイントで、ゆっくり釣りを楽しめます。

農耕用車両が度々通るので、運転時には要注意です。

 

支流・真狩川

アクセス 札幌市から車で1時間40分
旭川市から車で3時間30分
函館市から車で2時間40分
対象魚 ニジマス,ヤマメ,イワナ


漁業権が無く、遊漁料金は不要です。

釣りは通年可能ですが、ヤマメは6月1日解禁です。

演歌歌手の細川たかし氏で有名な真狩村市街を流れる支流です。

広大な公園内で自由に釣りが楽しめるので(ルアー、フライ、餌釣り可)、人気のあるエリアです。広い駐車場や売店もあり、とても便利です。

湧水を含む河川で、水温は低めです。水質が良く、透明度も高いので魚影を捉えやすいと思います。

川幅は広めですが所々中州があります。川底に砂利も目立ちます。

石や岩が点在し、流れに落差が生じます。深場になる辺り、岩石の下辺りに良型のニジマス、ヤマメが見られます。

幹線道路からも近く、入渓、移動は大変楽です。

釣り場としてのエリア分けがされていないので、周囲の状況には注意が必要です。

川幅は広く、水量もそこそこあります。浅瀬でも魚影は意外に濃く初心者でも楽しめます。

 

*  *  *

このページは、

  • 漁協や釣り人のホームページ
  • 知人からの情報
  • マップ、ストリートビュー、標高背景地図

などで調べた情報をまとめています。河川や道路の状況は随時変化しており、現在と異なる可能性がありますので参考程度にご覧ください。

 

尻別川での管理人のニジマス釣り記録はこちらです。

尻別川で道産子ニジマスのパワーを知る【’15北海道2日目・道央渓流釣り】

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが