【渓流ルアー用リールの選び方&おすすめ比較】トラウト用ならシマノのナスキーが高コスパ


渓流リールはシマノのナスキーが◎

私「釣れない男」はそもそも釣れないので道具について語ることは控え、周囲のルアーマンの中でも道具にこだわる方々のご意見を聞いてみました。5万円以上もする高級リールを扱う人もいましたが、彼らの感想を平均するとこうなりました。

5,000円~10,000円のシマノの2000番くらいがベスト

 

なので、渓流ルアーで使うリールとしては、実売価格で8,000円以下で売られているシマノのナスキーがおすすめです。

 

もう少し安いリールなら実売6,000円以下のシマノ・サハラがあります。

 

もう少し高級なリールを持ちたい、という方には実売1万円のアルテグラもあります。

 

【メーカー比較】シマノが最高、ダイワも◯


渓流用のリールで使われているメーカーとしてはシマノとダイワの日本のメーカーが2強です。この2社の違いは下記のように語られがちですが、ここ数年でほとんど違いが無くなっていると思われます

メーカー シマノ ダイワ
企業の特徴 機械メーカー 釣り具メーカー
製品の特徴 耐久性が高い 軽い

 

2社以外ではアブガルシアなどのリールも使われますが、価格と品質のバランスでシマノとダイワが大きくリードしており、この2社から選ぶのが良いようです。

私もアブガルシアの安いリールを使っていましたが、早めにガタガタになりました。もちろん、使えないことはないです。

 

【シマノかダイワか?】シマノはドラグが良い

リール選びで最も性能に差が出るのがドラグ(強く引っ張られたときにラインが出てくれる)性能らしいのですが、シマノは安い機種でも高級機と同じドラグの性能を持っているので、安いリールでも問題なく使えるのだそうです。

一方、ダイワのリールは安いリールと高いリールでドラグの性能にあえて差をつけており、安いものだとドラグの出が「ガタつく」「安定しない」と言われています。

 

「違いがわからない男」私はダイワを利用

私が何を使っているかなど読者様は興味も無いでしょうが、念の為。

リールの良し悪しの違いなど全然わからないので、ダイワのCRESTという4,000円ほどの安物を使っています。安いですが普通に使えますし、遠くから見れば高級リールと何も違いはありません。

 

【番手は?】1500~2500がおすすめ

1000や2000などという数字で表されるリールの「番手」という数値があります。これは糸が巻ける容量を表しており、2000なら1000より多くのラインを巻くことができます。

また、数字が大きいとハンドルを一回転するたびに巻き取れるラインが多いので、流れが早い川で釣る場合には大きめの番手が向いていますが、リール自体が重くなってしまうのでやや疲れやすいというデメリットもあります。

番手 重さ 糸の容量 飛距離
1000 軽い 少ない 飛びにくい
2000 普通 普通 普通
3000 重い 多い 飛びやすい

 

私は長年1000番のリールを使っていましたが、言われるまで1000番だと小さいということにも気は付きませんでしたが。とりあえず1500~2500を選んでおけば問題無いようです。

 

 

高いリールは何が違う?ギアの耐久性に差

では高級リールがなぜ存在するのでしょうか?それは「隣の人よりも良いものを持っている」と思わせる、つまり「他人との差」を刺激することで満足感を与えるという資本主義ど真ん中の理由が最大のものだと思います。

その要素を省くと、部品の耐久性の違いが大きいようです。例えばシマノはプレスの技術が高く、小さな部品も金属をプレスして作っているので耐久性が非常に高く、岩の上に落としても蹴飛ばしても簡単にはガタつかない構造になっているようです。

確かに私が使っていた3,000円くらいのアブガルシアのリールは、長年使い続けた結果ハンドルが少しだけ逆回転するという故障が増え、小さなストレスになっていました。

 

 

 

渓流だからこそ、高級リールは微妙?

渓流釣りの場面では移動中にこけて竿やリールを地面に打ち付けることがあります。「故障が多いからこそ、高いリールを」と考える人もいらっしゃるかと思いますが、転んで6万円もするステラが壊れたら私なら発作が起きてしまいそうです。

川での突発的な発作を防ぎたいからこそ、1万円以下くらいのリールが良いのではと思います。私がケチだから言ってるわけではありませんよ(ケチであることは否定しません)。

 

 

リールの値段と釣果に関係なし?!

6万円のステラを愛用している方に「高いリールの方が安いリールよりも釣れると思いますか?」と質問してみました。返答は

「値段と釣果にはほとんど、関係が無いと思います。」

という彼の後悔に似た回答でした。安いリールを使っていると、釣りの途中でリールが故障して釣りを継続できなくなるリスクは高まると思いますが、そんなケースってそれほど無いですもんね。

 

ただし、先のステラ利用者はこのように続けました。

それほど関係無いとは思います。しかし、私は「投げ続けること」こそが釣果に最も重要な要素だと思います。品質が良い道具を使うことで、心地良くキープキャストができるのだと思います。

 

「キープキャスト」という突然横文字を入れてきた彼は実際、粘りに粘って魚を引き出すルアーマンなので説得力があります。これはシマノのカーディフで彼が釣り上げた大きなイワナです。

 

男鹿川尺イワナ釣り

 

実売価格で1万円くらいです。ロッドもカーディフなので確かに川で映えますね。

 

安いリールだって、それなりには見えます。

 

以上です、アドバイスをくださったルアーマンの皆様、ありがとうございました。

 

 

ルアーでの釣り方についてまとめたページはこちらです。お恥ずかしい限りです。

【渓流ルアーの釣り方・タックル】ヤマメ・イワナをルアーで釣ったことが無かった5年前の僕に向けて

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください