【渓流ルアー用ロッドのおすすめ】入門用なら2,000円の竿で十分!


 

渓流のルアーロッドについて語る私は下手くそです

私「釣れない男」は釣り歴20年になりながら、未だに竿の硬さや長さについてウンチクを持ち合わせておらず、自分がどのメーカーのロッドを使っているのかさえ知りません。(今パソコンの横に置いてあるロッドを見て初めて知りました。)

そんな私はロッドについて皆様にお伝えする情報はありませんので、道具マニアの友人にロッド選びについて教えてもらったことをしたためます。初心者の方を対象にしたページですので、ベテランを自認する方はすぐに、「戻るボタン」でご退出頂いたほうが幸せかと思います。

 

 

渓流ルアー用ロッドを一本選ぶなら?

釣れない男「渓流用のロッドを一本おすすめするなら、どれですか?」

ルアーマン「長さは5.6ft(170センチ)、硬さはライト(Lと書かれています)かウルトラライト(UL)が良いでしょう。その中で1本を選べと言われれば、シマノのトラウトワンNSですね。」

 

【高価な渓流ルアーロッド】トラウトワン

▼トラウトワンNSの実売価格は16,000円ほど

 

ルアーマン「この竿であれば最低限の投げる、巻く、掛ける、ファイトするをバランス良く達成してくれます。私もこのロッドであれば十分モチベーション維持しながら釣りでき、コスパは高いと言えるでしょう。」

釣れない男「しかし実売価格16,000円って、結構高くないですか?」

ルアーマン「私は竿を買うときは一生使う気持ちで選んでいますし、道具を大事に扱うことを前提にトラウトワンNSをおすすめしました。しかし、確かに渓流釣りだと移動中に竿にダメージを与えることも多いですし、釣れない男さんのように道具を雑に扱うタイプであればもっと安物でも良いのかもしれませんね。」

釣れない男「ぐぬぬ・・・。」

 

 

【安価な渓流ルアーロッド】ワンダーバス

ティッシュを3回くらい使い回す、ケチな私が使っているのはプロマリンというメーカーのスピニングロッドです。

▼実売2,000円ほどのワンダーバス

 

釣具屋さんも釣りサイトも、高いロッドを売った方がお金になるので高額な商品を勧めてくると思いますが、「形から入るタイプ」の方以外でなければ最初の一本目はこんな竿で十分では無いでしょうか。

ちなみに私はワンダーバスのミディアムライト(ML)という、上で記載したライト(L)ロッドよりも硬い竿を使っているので、投げにくいです。「もう少し柔らかい竿が良いよ」と最近言われるまで気づかなかったことですが。

 

 

【高いコスパの渓流ルアーロッド】トラウトX

「私はもう少し良い竿を」という人には、ダイワのトラウトXがおすすめです。

▼トラウトXは実売7,000円ほど

 

まぁ2,000円のロッドが体から心まで染み付いた私からすれば、7,000円の竿がほしいなと思うことは一切ありませんが。使い比べてみれば違いはあるのでしょう。

 

 

「渓流の太さ」で選ぶロッドは異なる

いわゆる「渓流釣り」と呼ばれるシーンであれば先程のロッドがおすすめですが、もう少し川幅が狭い「源流」や川幅が広い「本流」で釣りをする場合は選択するロッドが異なるのだそうです。

流域 源流 渓流 本流
長さ ~5フィート 5~6フィート 6フィート~
硬さ UL
(ウルトラライト、
とても柔らかい)
L
(ライト、柔らかい)
ML
(ミディアムライト、
やや柔らかい)
写真
目安 深いとこ以外は底が見える 歩けば渡れそう メロス以外は渡れない
特徴 木の枝を避けて投げやすい短さが必要 対岸まで届くが木の枝が邪魔にならない長さ 対岸まで投げられる長さが必要

 

まぁ私はどんな川でも2,000円のワンダーバスを使っているのですが・・・。

 

 

本流域なら6フィート以上のロッド

本流っぽい流れ

 

「本流」とは、上の写真のように流れがゆったりしていて、白泡が立つような瀬がほとんど無い川です。もし読者様が行こうとされている川が「本流」に近いようであれば、6ft以上、硬さはMLくらいの竿が良いのだそうな。

本流は川の幅が広いため、良いポイントにキャストするには対岸まで投げられる必要がありますが、5.6フィートのライトロッドでは対岸まで投げることは難しくなります。なので、トラウトワンで言えばこれくらいのロッドが良いそうです。これは実売17,000円ほどの竿です。

本流域では8g以上の重いスプーンを投げることも多いので、硬さはミディアムライト(ML)からミディアム(M)ですかね。

 

 

源流域なら5フィート以下のロッド

いわゆる「源流」の流れ

逆に渓流よりも水が少ない「源流」と呼ばれるエリアであれば、もう少し短い竿が必要で、4フィートくらいのライトかウルトラライトくらいの硬さがおすすめです。トラウトワンで言えば実売16,000円ほどのこのクラスになります。

 

源流域では川幅が狭いため竿の長さで飛距離を出す必要がありません。さらに川の上に木の枝が張り出しているところも多く、長い竿だと枝に邪魔されて投げられないということもあります。

川の上にかぶさる木の枝

 

ということで、2,000円のワンダーバスとか釣具屋さんでワゴンセールで売られている安いロッドで十分ではないでしょうか、という話でした。リール選びについてはこちらで書いていますが、5,000円くらいのリールで良いと思います。

その他渓流ルアー釣りの関連記事は以下です。

【渓流ルアーの釣り方・タックル】ヤマメ・イワナをルアーで釣ったことが無かった5年前の僕に向けて

【渓流ルアー用リールの選び方&おすすめ比較】トラウト用ならシマノのナスキーが高コスパ

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください