【関東・首都圏のヤマメ渓流釣りポイント】都心で初心者もアクセスしやすい河川をご紹介

投稿日: 2020-09-14更新日:

群馬 利根川水系

 

湯檜曽川

アクセス 高崎市から車で1時間20分
前橋市から車で1時間10分
太田市から車で1時間40分
対象魚 ヤマメ,イワナ
遊漁券 年券:9,000円
日釣券:2,000円
現場売:2,500円
管轄漁協 利根漁業協同組合
解禁 3月1日

最上流域を除けば渓流釣り初心者にも釣りがしやすい河川です。最上流域も開けた歩きやすい渓相が続きますが、幹線道路からも離れて不安定な岩場が多くなります。

地底へ続く駅として有名な土合駅辺りまでは、比較的入渓しやすい場所が多く、駅の駐車場、道路沿いの公園付近などの駐車スペースが使えます。

広めの川幅と狭い川幅が交互に現れます。石、岩が河川内に多く、浅瀬の中に各所で流れが変化します。

岸もほとんどが石場ですが、平坦な場所が多いので移動は楽です。

水質が良く、奇麗なヤマメ、イワナがかかります。

温泉街から下流域は、川下りなどのレジャーで混雑する時があります。場所や時期選びが大切かもしれません。

 

渡良瀬川支流 桐生川

アクセス 高崎市から車で1時間15分
前橋市から車で1時間20分
太田市から車で50分
対象魚 ヤマメ
遊漁券 年券:8,000円
日釣券:1,500円
現場売:3,000円
管轄漁協 両毛漁業協同組合
解禁 3月1日


上流域、桐生川源流林として知られる森林があり、観光で訪れる人も多いエリアです。

ヤマメの放流が行われています。水温、水量が安定する4月過ぎ頃から奇麗なヤマメが多く釣れます。

川幅は狭めです。河川内、段差のある岩盤や石、岩が水流に変化を出しています。

周辺から河川まで少々高低差がありますが、県道脇や橋脇から階段が設置されています。初心者や女性でも入渓は楽です。

広めの岸があまり見られず、木々がせり出す箇所も多いので、道具の扱いには注意が必要です。

 

群馬県でヤマメが釣れる渓流釣りポイントはこちらにまとめています。

【群馬のヤマメ渓流釣り場】高崎・前橋から1時間の釣り場9選!埼玉熊谷・川越からも1.5時間

 

栃木 利根川(鬼怒川)水系

 

鬼怒川支流 土呂部川

アクセス 宇都宮市から車で1時間40分
小山市から車で2時間10分
栃木市から車で1時間50分
対象魚 ヤマメ,イワナ
遊漁券 年券:3,000円
日釣券:1,000円
現場売:1,500円
管轄漁協 栗山漁業協同組合
解禁 4月8日


山間、森林に囲まれるエリアを流れます。

開けた渓相が続く区間が多く、窮屈さは感じません。奥まった上流域、河川に木々が迫る場所でも頭上は比較的明るく開けています。

河川内に程よい大きさの岩石が点在し、変化に富んだ流れが生じています。各所で大きめのヤマメ、イワナがかかります。

近くを通る県道の道幅はあまり広くありませんが、車止めのスペースが所々にあります。

河川までの斜面はさほど険しくなく、人の踏み跡と思われる箇所も見受けます。入渓は難しく感じません。

両岸、広さはありませんが平坦な場所があります。移動も楽だと思います。

 

 

思川支流 大芦川

アクセス 宇都宮市から車で1時間
小山市から車で1時間20分
栃木市から車で1時間10分
対象魚 ヤマメ,イワナ
遊漁券 年券:7,500 円
日釣券:1,700円
現場売:2,200円
管轄漁協 西大芦漁業協同組合
解禁 3月21日


解禁日のみ、遊漁料金は500円加算されます。

ヤマメの放流が行われており、放流時期は人が集まる人気の河川です。数多く釣れるのですが、6月頃には釣り切られてしまっていて魚の数は少なくなる印象です。

川沿いの県道や脇道の橋脇には、所々に車止めのスペースがあります。

水質が良く、透明度も高い河川です。岩盤や大きめの石や岩により、変化ある流れが続きます。

周辺から河川まで、緩めの傾斜面が多く、入渓は楽です。

岸にも岩石が目立ちますが、移動はさほど苦には感じません。

最上流域付近に天狗のお社として有名な古峰神社があり、参拝の人々で賑わうエリアです。

 

栃木県でヤマメが釣れる渓流釣りポイントはこちらにまとめています。

【栃木のヤマメ渓流釣り場】宇都宮から好アクセスで初心者向けのポイントも

 

山梨 富士川水系

 

塩川

アクセス 甲府市から車で45分
甲斐市から車で35分
南アルプス市から車で50分
対象魚 アマゴ,ヤマメ
遊漁券 年券:4,000円
日釣券:800円
現場売:1,200円
管轄漁協 峡北漁業協同組合
解禁 3月1日


アマゴの稚魚放流が行われています。その為か、釣れる数は多く感じます。

ダムから先、須玉町小尾地区辺りでは小ぶりですがヤマメ、イワナも見かけます。

川幅は狭めで、全体的に浅瀬が続きます。

護岸と岸ぎわの大きな岩石で、かなり細い流れに分断されている場所もあります。

傾斜が緩やかな草地の場所等を選べば、入渓は難しく無いと思います。

草木が茂り、石や岩場も目立つ岸が多いのですが、移動が困難というほどではありません。

一部、頭上にまで木々がせり出す箇所があります。道具の扱いには注意が必要です。

 

塩川支流 須玉川

アクセス 甲府市から車で40分
甲斐市から車で30分
南アルプス市から車で45分
対象魚 アマゴ
遊漁券 年券:4,000円
日釣券: 800円
現場売:1,200円
管轄漁協 峡北漁業協同組合
解禁 3月1日


下流域でも良型のアマゴがかかります。

川幅は広めです。河川内に岩石が多く、細かい流れの変化が見られます。

周辺から河川まで高低差がある場所もありますが、入渓しやすく整備されている区間も各所にあります。

草が茂る岸も、傾斜はあまり気になりません。移動も難しくないと思います。

ふれあい公園の駐車場以外、幹線道路上に駐車スペースは多くありません。

レインボーラインと呼ばれる道路を過ぎる辺りから、「山間の渓流」といった雰囲気になります。

車止めのスペースは下流中流部より多いかもしれません。

河川までの傾斜がきつくなるので、初心者の入渓は苦労すると思います。

 

山梨県でヤマメが釣れる渓流釣りポイントはこちらにまとめています。

【山梨の渓流釣りポイント】ヤマメ・イワナが釣れるおすすめ河川を紹介

 

* * *

このページは、

  • 筆者の経験
  • 漁協や釣り人のホームページ
  • 知人からの情報
  • マップ、ストリートビュー、標高背景地図

などで調べた情報をまとめています。河川や道路の状況は随時変化しており、現在と異なる可能性がありますので参考程度にご覧ください。

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが