【鬼怒川水系大谷川・田川ヤマメ渓流釣り】関東栃木の川で餌釣り


解禁前の渓流ファンは

3月1日が間近に迫ると、渓流釣りファンは狂人と化すのは皆様もご記憶のあるところかと存じます。仕事も日常の雑事もなにも、もう、手に付かず、トイレに入ってケツを拭くことはおろか、うんこを出すことも忘れてしまう日々です。そして、束になった手紙の封が切られるのは、3月半ばにようやく真人間としての感覚を取り戻す頃というのが毎年のパターンでは無いでしょうか。

2015年3月の私も、例年通りの狂人状態で御座いました。2月の中盤頃から釣り場調べにネットを駆使し、パソコンは火を吹きそうな勢い。今シーズンは栃木県の鬼怒川水系で行くことに決まりました。あの大場所であれば、支流であっても大きなヤマメが出てくるに違いないのです。

私が当時用意したのは下記のメモです。ヨダレ垂らして「へへへ」と笑いながら、かなり調べこんだに違いありません。

▼栃木釣行用メモ ※ポイント探しの方以外は、読み飛ばしてください

●粕尾漁業協同組合
神山養鱒場がある北村川では放流なし。上流に有力支流鬼ノ沢。この沢は最終堰堤までヤマメ、以遠は天然イワナ

●黒川
黒川・行川・小来川上流全域。但し、黒川の大原ダムより上流全域除く。大芦川・小百川支流・板穴川支流

・天善教 大淵にヤマメ
小来川温泉のあたり

・西沢
昔は天然イワナがいた

・石裂山加蘇山神社
大滝の下までヤマメいる

●小倉川漁業協同組合
田川ー荒牧りんご園より少し上流、日光街道(119号線)と交差するところより上流は放流なし

●大谷川
鬼怒川上流浄化センター周辺。大物がいるかも。

●北の方
・男鹿川水系
ナラ入沢渓流釣りキャンプ場 より上流は放流なし

・入山沢 中三依温泉駅より西
「中ほどに有料イワナ釣り場」より上流は放流なし

・芹沢 栃木県日光市芹沢 中三依温泉駅より西
下坪という地域より遠くは放流なし

●宇都宮
・田川の宇都宮動物園裏
人は多いがコンディションが良い。宇都宮動物園上流から岡坪公民館付近。さらに上流もいるかも?

 

ついに、その時がやって来た!

2月末日、私は万全の準備を整えて栃木に入りました。

今年は釣り場での作業効率を考えてフィッシングベストまで装着している。これが、とっても、ダサい。そのダサさが、釣り人としてのプライドを逆に満たしてくれる気がします。

夕方現地に到着し、鬼怒川近くの下今市にある三水堂釣具店に立ち寄った。現地情報は欠かせません。

私「明日、男鹿川水系あたりに狙いを定めているんですが」

 

店主「まだ解禁してないよ」

 

私「入山沢、芹沢は?」

店主「そのへんは、全部まだだね」

私「では、どこなら・・・」

店主「大谷川なら。(窓の外を指差して)ほれ、この川」

・・・。

ここまで調べこんだのに、こんな町中のドブ川になるなんて・・。

やってしまいました。

またしても、である。

普段はどちらかというと真面目で、正確に仕事を運ぶタイプを自認する男は、渓流釣りとなると必ずミスをします。9月の北海道遠征時にもナイロンラインと間違えてフロロを購入し、ショートリップのミノーと間違えてロングビルを購入してしまっています。(結果、なぜかよく釣れました。わはは。)

結局、近辺で唯一解禁されていた大谷川(だいやがわ)で釣りをすることに。景観の魅力は、みじんも全く無く、美しさレベルで言えば、米沢あたりのスナックのママ45歳と大して変わりません。

 

 

鬼怒川上流浄化センター

とはいえ、ヤマメが釣れました。

小さな落ち込みで15センチほどのヤマメが二匹だけ釣れた。

鬼怒川のヤマメ

この時期のヤマメはアタリがとてつもなく小さいんですね。さらに手はかじかんでいるので、魚が食ったのか地球に触れたのかを見分けるのは極めて難しいようです。なんとなく竿をあげたら、魚が「付いていた」という感覚です。

ただいま、私めが季節のせいにしてしまったことを早速、お詫びします。ええ、私が下手そなんです。

皆様にとっても「謝るのは、早いに越したことはない」という教訓をベネッセとマクドナルドの炎上っぷりで学んだ2015年だったのではないでしょうか。

それはともかく、今年最初のヤマメがとてつもなく嬉しくて、嬉しくて。魚を舐めまわしそうになりました。いえ、ちょっと舐めました。

 

 

鬼怒川水系田川でボウズ

こちらは、里川ながらも結構魚はいるという情報でした。宇都宮動物園裏とよばれる地域から川に入るも、水は少なく、ドブに毛の生えたような雰囲気で、全く魚の気配を感じることなく終了しました。こんなとこ、今時コブナもおらんわな、と捨てセリフも吐いてみます。

しかし、ネット検索してみると、嘘か真か、同時期に尺上のヤマメを数匹上げているとの報告も見つけました。おそらく本当のことなのでしょう。自らの不釣を川のコンディションのせいにしようとしたが、なんのことはない、結局こちらのウデがデタラメだっただけのようです。

 

>> 16年6月鬼怒川でニジマスとヤマメが釣れました

>>15年7月に鬼怒川訪問したら立派なニジマスが釣れました

>> 【15年7月群馬県利根川】小さいヤマメでお腹いっぱい

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください