富士川支流・早川のアマゴ渓流釣りポイント【現地の方に聞きました】

投稿日:

早川漁協の親切なおじさんに聞いた話を中心に記載します。

私の理解が及ばず間違えている部分もあると思いますので、あくまで参考程度にお願いします(そもそも間違いの多いタイプの人間だもの)。

 

早川の遊漁券料金

年券 4,000円
日釣り券 1,000円
現場売り 2,000円
注意
富士川の漁協とは別の管轄です。

売っているところが少ないので日釣り券で良ければコンビニで購入するのが良いと思います。

 

 

保川下流から堰堤を3つ越えたところ

アクセス 山梨県甲府市から1時間
静岡市から1時間20分
富士市から1時間20分
対象魚 アマゴ
入渓のしやすさ ★★★★★
魚の量 ★★★★★

 

赤いマークのあたりに、300円で駐車させてくれるスペースがあるらしいです。

ここから入ると保川下流から堰堤をいくつか越えているのですが、放流魚も冬を越えて居着いているアマゴも居て釣りやすいとのことでした。

 

保川下流域の景観早川保川渓流釣りポイント

 

早川保川渓流釣りポイント

 

 

黒桂河内川 野鳥公園から

アクセス 山梨県甲府市から1時間20分
静岡市から1時間40分
対象魚 アマゴ

 

野鳥公園に車を停められます。下流域は流れが平坦でポイントが少ないようです。

歩き続けると堰堤がいくつかあり、越えるのに苦労するそうですが、それを越えると変化に富んだ渓相になり、よく釣れるとの情報でした。

私のように足腰に不安がある方は堰堤より下流で楽しませてもらいましょう。

 

 

内河内川 新倉

アクセス 山梨県甲府市から1時間40分
静岡市から2時間
対象魚 アマゴ

 

早川の中でも有名なポイントです。流域が広く、1日中釣り続けられるのも魅力だそうです。

それほど遡行が難しい支流では無いとのことでした。

 

 

広河内 農鳥岳方面

アクセス 駐車場から1時間ほど歩く
対象魚 アマゴ

 

広河内川と早川の合流地点からも釣りはできますが、釣りはせずに歩いて上流を目指すのが良いそうです。

途中の休憩小屋まで40分あり、そこからさらに30分ほど歩いたところに発電所があるそうす。この発電所で釣り人達はどの支流に入るか相談して割り振りをするそうです。

7月頃の盛期の週末には平均で10人ほどの釣り人・沢登りの人が来るとのことでした。

人が簡単に来られない秘境だからこそ、景色も魚も素晴らしいことでしょう。

 

早川の本流

ポイントまでは定かでは有りませんが、早川の本流でも大アマゴが狙えるという情報があります。

しかし2020年時点では上流の奈良田あたりで砕石を行っている影響でめちゃくちゃに濁っており、砕石が続いている限りは本流での釣りは難しそうでした。

*  *  *

 

【関連記事】静岡市・富士市から40分福士川の渓流釣り記録

静岡のヤマメ渓流釣りポイント

 

【関連記事】甲府から50分山梨県下部川の渓流釣り記録

山梨のヤマメ渓流釣りポイント

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが