【君ケ畑ヤマメ渓流釣り】永源寺ダム上流の近くでイワナ・アマゴ釣り

投稿日: 2016-05-06更新日:

前日、愛知川支流の茶屋川での釣りを受けて、この日は水面で釣ることを決意して入渓。

 

【入渓ポイント】永源寺ダム上流の君ケ畑のだいぶ上流から入る

愛知川全域の詳細なマップは有料記事にてご紹介しています。渓流釣り初心者の方にのみおすすめです。

平日というのに、あらゆる駐車スペースに車。ここは有名な川らしい。

開けた川で釣るような技術は無いので、すぐさま小さな支流に逃げ込む。

 

入渓ポイントから少し上流(右岸)の多少山岳っぽい支流愛知川御池川渓流釣りイワナ

これはどう考えてもイワナが出る景色。ぽかーんと毛鉤を浮かせてみます。

 

一投目でイワナが出ました

愛知川御池川渓流釣りイワナ

 

水たまりごとにイワナの反応がある

愛知川御池川渓流釣りイワナ

愛知川御池川渓流釣りイワナ

愛知川御池川渓流釣りイワナ

 

しっかり足跡も残っているので、数日以内に同じルートを辿って釣りした人がいるようですが、イワナはそんなもんおかまいなし。最近の釣り人はリリース至上主義であることもよくご存知のことなのでしょう。

愛知川御池川渓流釣りイワナ

 

毛鉤は少し沈めた方が良いとか、自然に流した方が良いとか、チョンチョンと誘いを入れたほうが良いなど、色々な説がおありのようです。フライフィッシャーならば、飛んでいる虫殿がどちら様か、大きさはいかほどかなどおっしゃるところと思います。さてこの日はどの釣り方が良かったかというと

 

どれでも良かった

 

の一言に尽きるかと思います。引っ張っても流しても、どの毛鉤でも気にせず食ってくれました。

 

食いそこなって3回も親切に出てくれたイワナも愛知川御池川渓流釣りイワナ

 

一番深くなっているところに到着した。期待して毛鉤をぽんと浮かせると、勢い良く魚が飛び出した。

ゴンゴンと引く。重い、重い。まあ重い。全然浮き上がってこない。

これは巨大イワナを掛けたかと思ったけど、釣れたのは20センチほどのイワナだった。

 

チョウチン釣りだと、イワナの重さが100gほど増す様子愛知川御池川渓流釣りイワナ

 

その後も小さなイワナばかり釣れました。

愛知川御池川渓流釣りイワナ

 

田園風景の向こうに沈む夕陽と目立つ電柱

 

【入渓ポイント】御池川の君ケ畑のやや上流から

3日続いた雨上がりにも関わらず、恐ろしく水は透明。遡行はしやすく、フライも投げやすそう。

▼16センチくらいのアマゴが釣れた愛知川御池川渓流釣りアマゴ

愛知川全域の詳細なマップは有料記事にてご紹介しています。渓流釣り初心者の方にのみおすすめです。

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが