【滋賀姉川渓流釣りでイワナ】足俣川と奥伊吹で毛鉤釣り

投稿日: 2016-07-26更新日:

姉川支流の板名古川から

滋賀の湖東にあり、遊漁料無しでヤマメが釣れるポイントを有料記事にてご紹介しています。

 

道の両サイドに草が大いに茂っている道を車で進みます。

昨日の釣りでパンクしたばかりなので、レンタカーの傷を執拗に気にしつつ、川に入ります。

 

平坦な流れの板名古川滋賀県湖東湖北長浜姉川支流水谷

 

魚が隠れられそうなポイントに毛鉤を浮かべてみると、魚が飛び出してきました。イワナかな?と思いましたがそういうときは90%ほどの確率であいつです。そう、アブラハヤです。

どこまでも平坦な流れが続き、釣れる気がしないので早速次に移動します。もっと上流から入ればチャンスは有るんだと思います。

 

姉川支流の足俣川から

【注意】読者から指摘を受けましたが、上記の足俣川は釣り大会などのイベント以外は釣り禁止だそうです。大変失礼しました。

姉川で釣りをする際は南北に伸びる姉川の本流で釣りをしましょう。密猟として懲役刑に当たる可能性もありますので、注意してください。(お前が言うな、という感じでしょうが)

 

足俣川の下流に漁協があったので立ち寄ってみるが、誰もいません。

近くの田んぼで作業していたおじいちゃんに

「漁協の建物に誰かいますか」

と繰り返し聞いてみましたが、

「鮎がおるよ~」

という回答だったのですぐさま撤退します。ネットで調べてみるとここは禁猟区ということがわかったため、移動します。

 

足俣川上流の流れ
滋賀姉川足俣川毛鉤でイワナ

 

 

姉川上流の中津又谷の西の支流へ

放流が無いと聞いていたこの支流に入りました。細い流れですが、釣り人が入っている形跡はあります。

いかにもな流れに毛鉤を浮かべてみると、一投目からイワナが出てきました。油断していた私は必要以上に大きくアワセを入れてしまい、黄色いお腹を見せたイワナはぴよ~んと飛んで、そのまま川へ舞い戻っていきました。

ご飯を食べたと思ったら突然空中に引っ張られて、そのまま川に戻されて・・・。

イワナとしても大変驚き、今日の日記にそれをしたためたことでしょう。

チョウチン釣りで毛鉤を水面に浮かべてみると、今度はイワナが針に掛かりました。

 

薄いパーマークのような模様のあるイワナ滋賀姉川足俣川毛鉤でイワナ

お腹のオレンジが強烈
滋賀姉川足俣川毛鉤でイワナ

 

 

滋賀県愛知川・茶屋川のイワナの模様より少し体色が黒い印象です。

私の経験では見たことがありませんでしたが、ファイト中の魚を追い回すイワナもいました。

 

 

 奥伊吹モーターパーク前から

 

モーターパークでブイブイ言わせている走り屋を横目に、奥伊吹の川に入りました。

 

川の水は少なかった
滋賀県姉川奥伊吹イワナ

 

テンカラでの釣りに挑戦するも、5回ほど投げたところで自分はそもそもセンスに乏しい人間であったことを思い出し、諦めてチョウチン釣りに変更です。せっかく動画まで見て投げ方を覚えたのに・・・

毛鉤を水面に浮かべると、イワナが釣れました。同じポイントでも、何度か流し直して釣れるってことがあるんですね。

 

20センチほどのイワナ
滋賀県姉川奥伊吹イワナ

 

紫とピンクの色合いが綺麗でした
滋賀県姉川奥伊吹イワナ

 

このイワナを釣っている時に竿先が折れてしまっていたので翌朝から修理するハメに。

>>続きはこちら

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが