知床半島・羅臼でシロザケ・カラフトマス釣りで絶景に感動

投稿日: 2014-09-07更新日:

【出港場所】相泊漁港

相泊漁港より北には道路が無いため、将栄丸さんの船に載せてもらって北上します。当日は朝4時ころの集合だったため、前日は漁港で車中泊をしました。前夜には相泊温泉という無人の温泉で漆黒の闇に完全にビビリながらも、何とか無事に船に乗り込むことができました。

 

まだ薄暗い時間帯に出発します羅臼ペキンノ鼻カラフトマス釣り

 

港を出る頃に日が昇ってきます羅臼ペキンノ鼻カラフトマス釣り

 

静かな海面と朝焼けに照らされた知床の大地が見事で、寝ぼけてるくせに感動してしまいました。特段言わなくて良いことかもしれませんが、今回の釣行は釣りとしては対して面白くありませんでしたが、この景色ならもう一度見に行きたいと思わせる、そんな光景でした。

まだ薄暗い海に向かって、ルアーに魚の切り身を付けたへんてこな仕掛けを投げ込みます。すると、5投目くらいでガツンとヒットしたのはカラフトマスの雌でした。

 

初のカラフトマスに大喜びしていました、この時までは羅臼ペキンノ鼻カラフトマス釣り

羅臼ペキンノ鼻カラフトマス釣り

 

友人はカラフトマスの雄を釣りました。セッパリがいかにも勇敢な感じです。

 

羅臼ペキンノ鼻カラフトマス釣り

 

最初の15分ほどはテンポよく釣れていたものの、突然魚の反応が無くなりました。周囲の釣り人にきいてみると、魚が口を使わなくなったので、ここからは体に引っ掛けるしかないと言い出しました。

そんなご無体な、、と思っていると、周囲は迷うこと無くトリプルフックのスプーンを高速巻きにして引っ掛けます。体に針が掛かると魚が暴れやすいので、半分くらいはバラしているようでしたが、1人だいたい10匹くらいは釣っており、なかにはシロザケも混じっていました。

 

羅臼ペキンノ鼻カラフトマス釣り

 

結局私と友人は最初の15分以降は全く魚の反応を得ること無く、最初の1時間くらいで釣りをやめてしまいました。

すると、問題になるのがこの僻地です。港に戻れるのが11時なので、7時間ここで船が出るのを待ち続けなければいけません。

 

しつこく人間の荷物を追い続けるキツネ羅臼ペキンノ鼻カラフトマス釣り

 

さらに、海辺は想像以上に寒く、11時に迎えの船に乗り込んだ時には寒さと眠気で頭フラフラなのでありました。

翌日は釧路の茶路川でアメマスを釣りました。>>翌日の釣り記録はこちら

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが