帯広の札内川でニジマス釣り【’15北海道8日目・道央~道東渓流釣り】

投稿日: 2015-09-24更新日:

□ 2015年秋北海道釣り記録

>> 1日目 余市川でヤマメ乱獲爺に遭遇
>> 2日目 尻別川で道産子ニジマスのパワーを知る
>> 3・4日目 昆布駅近くで鮭の産卵に興奮
>> 5日目 猿留川・西広尾川でイワナ
>> 6日目 幌満川でイワナ・アメマス・ニジマス
>> 7日目 西広尾川でイワナホイホイ

>> 最終日 豊似川のアメマスにてエピローグ


道内でも屈指のニジマスの量を誇るの札内川。

 

幸福簡易郵便局のやや上流から

 

晴れが続いた後の渇水時でも、力強く流れている帯広札内川

 

こんなポイントにニジマスの姿は目視で確認できる。

 

帯広札内川

なんという光景だ

水槽のグッピーのごとく、深みのあるプールには小さなニジマスがうじゃうじゃ集まっているではないか。放流がない河川でも、環境がマッチすればこれだけ繁殖するのかと驚く。

対象魚も、しかも小魚がこれだけうじゃうじゃ溜まっていると釣りをする気もなくなるだろ・・とお思いのそこの先輩。とんでもありません。

 

執念深く、ルアーを投げ続けてしまいました

が、ルアーを見ても流し目でチラと見るだけで、一切追いかけてこないニジマスの少年少女。

だいぶ人間には慣れている模様。

その後、瀬を攻めるとニジマスが。意外にも深さが1メートルも無いところで出てきた。

 

帯広札内川ニジマス

 

とりあえずゆっくり泳がせれば良いんじゃないかと根拠もなく考えましたが、案外その通りだったのかもしれずもう一匹釣れました。

帯広札内川ニジマス

 

ダウンで釣ると流れを受けて思いのほか重くなり、楽しさも倍増という考え方も出来ます。

使ったルアーはスピアヘッド5センチシンキングでしたが、川幅があるので60Sでも良かったかもしれません。

 

>> 【道央~道東】豊似川のアメマスにてエピローグを迎える|’15北海道最終日

 

参考書籍;渓流釣り北海道

魚種・ポイント・遡行難易度なども書かれているので実際のガイドとしても、気分を高めるのにも有用でした。

 

□ 2015年秋北海道釣り記録

>> 1日目 余市川でヤマメ乱獲爺に遭遇
>> 2日目 尻別川で道産子ニジマスのパワーを知る
>> 3・4日目 昆布駅近くで鮭の産卵に興奮
>> 5日目 猿留川・西広尾川でイワナ
>> 6日目 幌満川でイワナ・アメマス・ニジマス
>> 7日目 西広尾川でイワナホイホイ

>> 最終日 豊似川のアメマスにてエピローグ

/////////////////////////////////////////////

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが