猿留川・西広尾川にてアメマス(イワナ)【’15北海道5日目・道央~道東渓流釣り】

投稿日: 2015-09-24更新日:

□ 2015年秋北海道釣り記録

>> 1日目 余市川でヤマメ乱獲爺に遭遇
>> 2日目 尻別川で道産子ニジマスのパワーを知る
>> 3・4日目 昆布駅近くで鮭の産卵に興奮

>> 6日目 幌満川でイワナ・アメマス・ニジマス
>> 7日目 西広尾川でイワナホイホイ
>> 8日目 帯広札内川でニジマスにあしらわれる
>> 最終日 豊似川のアメマスにてエピローグ


 

甲本くん(仮名)という数少ない友人の一人と合流し、ここからは二人での釣りです。驚きの遭難率の高さを誇る私としては、心強い。

猿留川中流あたりから

目黒地域を流れる猿留川の中流域に入る

産卵中のシロザケが大量にうごめいているのに遭遇。人が近づいても、気にするそぶりも無く川底に体を打ち付けている。あまりの鮭の数とその生命が発する勢いに、二人で立ち尽くしてしまう。

 

シロザケの群れと思われます

猿留川シロザケ産卵

 

鮭の大群を避けて水深のある、鮭が多いエリアを外してミノーを投げ込んでみると、イワナらしきチェイスが。しかし、上手に食いきれていないようで、バラシが続く。すると、ようやく甲本君にヒット!35センチのアメマスです。

 

今釣行はじめてのアメマスです

猿留川アメマス3

昨年「茶路川でアメマスを爆釣した」と吹聴している私ですが、これは恥ずかしいほどの「ただの数釣り」で全て25センチ以下だったのです。なので、35センチというアメマスにすれば中学生レベルの魚体にも2人で大はしゃぎ。これがアメマスか・・。などと、余韻にふけっている。

その後、私も小さなアメマス(これはイワナ?)をゲット。

 

釣れればなんでも嬉しいというレベルを維持している私です

猿留川のアメマス2

小さくても良いのである、何しろ、2人の釣行で一人だけ釣れていない状況ほど気まずいこともありません。友達と見に行った合格発表の帰り道、合格者であるあなたは不合格者である友人にかける言葉を持っているでしょうか。

 

夕方は東広尾川のさけますふかセンター近くから入川

ふ化場ではたらくおじさんから「熊には気をつけてね~」と一声かけて頂く。

広尾漁業協同組合 広尾川さけ・ますふ化場(広尾郡広尾町字茂寄南6線47)

熊の恐怖で脅かそうったって無駄だ、なんせ我々は飢えた熊以上に目を血走らせた、欲の皮がはったハンターなのである。巨大なヒグマを背にして、最後まで魚と対峙しようではないか(本当はとっても怖い)。

川はかなり単調な雰囲気で、ポイントを絞るのが難しい。たまに現れる小さな堰で魚が食ってくるも、ノセられず。その後、陽も暮れかかる最後のチャンスで、

 

西広尾川車に移動

砂防堤の脇が大きなプールになっており、何やら居そうな予感。

 

プールの真ん中、怪しげな雰囲気を漂わせながら水中から顔を出す樹の根元にミノーを投げ込むとアタリが。

それほど走るわけではないが、ぐーんと持っていかれるような魚体の重みを感じながら陸に引き上げてみると、45センチのアメマスです。先ほどの、アメマスかイワナかわからない顔をした奴らとは違う、明らかに海の男という顔をしています。

西広尾川アメマス

ここから食いが立ったのかポイントが良かったのか、立て続けにヒット。小さいですが、綺麗なアメマスです。

西広尾川アメマス2
中には、針で付けば破裂しそうなお腹のものも。満腹の上でさらに追加注文で食べようとするとは・・。餌が極端に少なくなる源流域で生き抜く魚ならではの食べ方なのかもしれませんね。

食べ過ぎのイワナ西広尾川アメマス3

あまりによく釣れるので、途中からは1キャストで2回バラしまで起きる状態。そしてバラしても特に気にならないというお花畑具合を味わう事ができたのは私の腕のおかげではない、ひとえに西広尾川様のおかげなのであります。

 

>>【道央の幌満川・ダムでイワナ・アメマス・ニジマスに出会う|’15北海道6日目

 

参考書籍;渓流釣り北海道

魚種・ポイント・遡行難易度なども書かれているので実際のガイドとしても、気分を高めるのにも有用でした。

 

□ 2015年秋北海道釣り記録

>> 1日目 余市川でヤマメ乱獲爺に遭遇
>> 2日目 尻別川で道産子ニジマスのパワーを知る
>> 3・4日目 昆布駅近くで鮭の産卵に興奮

>> 6日目 幌満川でイワナ・アメマス・ニジマス
>> 7日目 西広尾川でイワナホイホイ
>> 8日目 帯広札内川でニジマスにあしらわれる
>> 最終日 豊似川のアメマスにてエピローグ

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが