西広尾川でイワナ(アメマス)ホイホイ【’15北海道7日目・道央~道東渓流釣り】

投稿日: 2015-09-24更新日:

□ 2015年秋北海道釣り記録

>> 1日目 余市川でヤマメ乱獲爺に遭遇
>> 2日目 尻別川で道産子ニジマスのパワーを知る
>> 3・4日目 昆布駅近くで鮭の産卵に興奮
>> 5日目 猿留川・西広尾川でイワナ
>> 6日目 幌満川でイワナ・アメマス・ニジマス

>> 8日目 帯広札内川でニジマスにあしらわれる
>> 最終日 豊似川のアメマスにてエピローグ


広尾町の町営牧場をやや西に過ぎたあたり

 

川は浅く、開けている西広尾川の景観

 

プレッシャーが全くかかっていないのか、次々と飛び出して来る。

西広尾川エゾイワナ

上のミノーは拾いものなので何かわかりません。

スローな動きで一通り釣って、見切られたと思ったら早巻きに切り替えるとまた出てくる。

西広尾川エゾイワナ

 

放流などされていない、ネイティブトラウトがこれだけ多く生息している西広尾に足を向けて寝ることは出来ない。この日から私は北海道に頭頂部を向けて寝続ける方位磁針と化した。西広尾川イワナ

 

現地では意味もわからず「アメマス釣れた」と言っていたが、これはエゾイワナということで良いのだろうか。相変わらず違いもわからない。

西広尾川イワナ

使っているルアーはスピアヘッド5センチシンキングです。視認性が良いのでピンクや黄緑を多用しますが、良いのかどうかはあんまりわかりません。

ここは浅くてルアーロストの心配もないので、高いルアーもどんどん投げられます(持ってないけど)。

中には根掛かりしたミノーにアタックしてくるイワナも。陽気な南米人よろしく、人見知りしない魚達。

西広尾川イワナ

 

昼からは少し上流に移動

林道に入ってから3つ目の砂防堰堤に入る。他に釣り人の姿も見えた。人気ポイントらしい。

この川は浅瀬が続くエリアなので、唯一深場になっている堰堤の下に大型が溜まっている。40センチを二匹バラし、60センチほどの大型アメマスが悠々と泳ぐ姿も目撃。

 

堰堤をさっさとあきらめ、午前と同様にエゾイワナの数釣りを楽しんだ。

西広尾川イワナ

 

甲本くんはサビの入ったヤマメをゲット。これからさらに上流を目指して、産卵という大イベントに望むのだろう。

西広尾川サビヤマメ

小物釣りに飽きることもなく、普段のうさ晴らしとばかりに釣りに釣った。

見上げると、日もとっぷり暮れかかっていた。

 

>>【道央~道東】帯広の札内川にて、ニジマスにあしらわれる|’15北海道8日目

 

参考書籍;渓流釣り北海道

魚種・ポイント・遡行難易度なども書かれているので実際のガイドとしても、気分を高めるのにも有用でした。

 

□ 2015年秋北海道釣り記録

>> 1日目 余市川でヤマメ乱獲爺に遭遇
>> 2日目 尻別川で道産子ニジマスのパワーを知る
>> 3・4日目 昆布駅近くで鮭の産卵に興奮
>> 5日目 猿留川・西広尾川でイワナ
>> 6日目 幌満川でイワナ・アメマス・ニジマス

>> 8日目 帯広札内川でニジマスにあしらわれる
>> 最終日 豊似川のアメマスにてエピローグ

/////////////////////////////////////////////

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが