【津市から1時間でアマゴ渓流釣り】宇賀渓キャンプ場に流れ紋イワナも登場


津市から1時間、四日市・鈴鹿・亀山からも30分程度で到着する宇賀川へ。

【入渓ポイント】宇賀渓谷のキャンプ場に駐車して入渓します

三重県いなべ市にキャンプ宇賀渓谷キャンプ場があり、広大な駐車場が用意されています。誰も来ない場所だとたかをくくって空き地にとめてしまいましたが、結構な人気スポットのようでした。次は律儀に駐車場にとめたいと思います。

この宇賀川は竜ヶ岳を水源に三重県を東に流れて伊勢湾に続いていますが、竜ヶ岳から西に注ぐ愛知川は琵琶湖に注ぎ、最終的には大阪湾へと続きます。地理的には非常に近いのに水系としては全然違うこの2つの河川で、魚にはどんな違いがあるのか楽しみです。

愛知川でつれたイワナ >>愛知川の全ての釣り記録

宇賀川渓谷のキャンプ場周辺は非常に平坦で家族連れやキャンプ客にも人気のようです。

平坦な流れの奥に堰堤が見えます

どういう毛鉤を選べば良いのか判然としませんが、とりあえず気になった黄緑色の毛鉤を投げてみます。

赤い点が多すぎるアマゴが釣れました

赤いというかオレンジっぽい点々ですね。ちょっと気持ち悪い・・・。

さらに釣り進むと、大きなアマゴが毛鉤に食いつきました。「デカイ!」

と言ってみたものの、結局は手のひらサイズ

黒い毛鉤に食いついたアマゴ

かつて毛鉤専門店の店主がイワナとヤマメの好きな色について教えてくれたことがありました。イワナかヤマメのどちらかが白が好きて、どちらかが黒が好きだと言ってましたが、どっちがどっちかは忘れました。

魚止滝から上流あたりから険しくなります

この上流には放流していないでしょうし、放流魚がのぼることも無さそうです。従ってこの先で釣れた魚は天然魚とみなしたいと思います。

岩のサイズも大きくなります

変な模様のイワナが釣れました三重の流紋イワナ

普通のイワナと流れ紋イワナと呼ばれるイワナの中間という感じでしょうか。流れ紋イワナはミミズのようにウニョウニョした線が入り、パーマークの無い非常に珍しい愛知川源流域の固有種らしいのですが、なにせウニョウニョしているのでちょっとキモいです。

【入渓ポイント】421号線沿いから

このあたりからも入渓できます。イワナらしき魚が何度が掛かりましたが、ちょうどエロいことを考えている真っ最中だったため皆バレてしまいました。

この日は愛知川と員弁川水系でどのように魚の模様に違いがあるのかを見たかったのですが、全然釣れなかったので参考にすらなりませんでした。

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください