【長野県大鹿村の小渋川で渓流釣り】イワナを食べるつもりが平常通りの丸坊主


広告だよん

この日は釣ったイワナを食べようということで、炭火の準備をし、イワナのさばきかたまで頭に叩き込んで来ました。

生きたイワナをさばく動画なので、「生き物を殺すなんて残酷!」「生物なんて食べたことないのに!」という方は動画を観ず、そして今後も生物を食べない美しい生き方を貫いてください。

 

渓流釣り歴10年を超えても一向に釣りが上達する気配が無い私ですが、ヘタなら足で稼ごうということで、自宅から遠く離れた長野県の南にある伊那~大鹿村までやってきました。

 

名峰駒ヶ根を望む・・・。

大鹿村小渋川渓流釣り

と、そこにはダイナムが写り込んで来ました。すべての景色を台無しにするパチンコ屋。白けさせの天才。エッフェル塔やイグアスの滝の素晴らしさも無に帰する威力を持っていることでしょう。

 

 

目次(スクロールします)

小渋川支流

小渋川は有名な河川だそうで、この日は雨上がりで川は軽く濁っている状態でした。

 

大鹿村小渋川渓流釣り

 

「釣れそう~」

と思っただろう?甘いよ。なにせ釣り人はわたくし、釣れない男なのです。

 

大鹿村小渋川渓流釣り

 

イワナを食すために来たのだから釣れないなんてのは本末転倒、私よりも比較的釣る男を釣れて行った結果、見事手のひら大のイワナを釣り上げてくれました。

しかし彼、釣れたことに満足してしまったのか、いけすの作り方がゆるゆるで、まんまと釣ったイワナに逃げられてしまいました。その結果、私達は山奥の風情あふれるキャンプ場でおにぎりとシャウエッセンを中心としたバーベキューを展開することになります。

 

良いのです。シャウエッセンのほうがきっとイワナより美味しいのだから!

 

さらに悪いことに、我々は釣りだけでなく火起こしまで下手くそなのです。気温も連日の猛暑からは想像しずらい12度という寒さの中、冷え+飢えと2時間戦い続けることになり、ようやく火がついたころには深夜になっておりました。

 

 

塩川

 

昨日風呂に入れず臭いままのおっさん2人で塩川に入りました。

 

大鹿村塩川渓流釣り

 

アマゴの稚魚放流が大量に行われているのか、指ほどのサイズのアマゴが大量に見えます。

毛鉤を落とすだけの簡単なやり方でも釣れてくれました。

大鹿村塩川渓流釣り

チョウチン毛針釣りについてはこちらでまとめています。

超簡単渓流フライ釣り!ヤマメ・イワナが簡単に釣れるチョウチン毛針のすべて

 

ここで、私は考えました。流芯あたりはアマゴの稚魚が大量に占拠しているため、大人のアマゴは隅っこの方にでも隠れているのではと。なぜ隅っこの方に隠れているのか、それはわかりませんが、そんな気がします。

流心から外れた岩の周辺に毛針を落とすと、魚が釣れました。これは狙い通りの大人アマゴか!

広告だよん

 

大鹿村塩川渓流釣り

 

イワナでした。考察の浅さと狙い通りに行かないことに我ながら感心です。

それでもイワナが釣れてくれたのは、毛針をぷか~っと浮かせる粉のおかげでしょう。

 

大鹿村塩川渓流釣り

 

昔、おばあちゃんが生きていた頃

「イワナを釣りたきゃ、シマザキのドライシェイクじゃよ」

とは言いませんでしたが、浮力を保てるので水面に飛び出す魚が見られて楽しいです。

 

大鹿村塩川渓流釣り

大鹿村三峰川渓流釣り

使っているのはセールで買ったプロトラストのMIZUKAZEです。アマゾンにはありませんでした。

ときに険しい流れも大鹿村三峰川渓流釣り

 

さらにもう一匹釣れました。

 

大鹿村三峰川渓流釣り

 

この日は前日とは異なり、釣られてもリリースされることをイワナ自身が感じているのか、迷うことなく釣られてくれます。お魚さん、お気遣いありがとうございます。

翌日は分杭峠周辺で釣りです。

【続き】分杭峠近くでイワナ釣り

広告だよん

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

魚釣りが下手くそであることに定評があります。このサイトは釣り記録ではなく、釣れなかった言い訳の記録なのです。