【京都市鴨川でアマゴ・イワナ渓流釣り】貴船・鞍馬・高野川ヤマメ釣り


広告だよん

淀川水系の鴨川(賀茂川)と言えば京都に集まった学生さんたちがヒマ潰しにふけるモラトリアムスポットですが、そんな生暖かい川にもアマゴやイワナが居るんだそうです。

そんな喧騒から離れて孤独に釣りをしようと思っていると、何もない山の道路沿いに何やら賑やかな空間が。江本養魚場という釣り堀でした。

池には美しいアマゴが泳いでいました京都高野川江本養魚場

京都高野川江本養魚場

若い男女グループがキャッキャ言っています。

「は~い、今から橋本の乳首をサワガニがはさみます」

「え~、痛そう~」

「やめろよ~、毎年恒例企画にすんなよ~」

「今年はち○こにするか?」

「ガハハ!」

全然面白くないやりとりにみんなが笑っています。私はそういう寂しさを紛らわすだけの軽佻浮薄な楽しみよりも、孤独に魚と向き合いたい、わけではありません。本当はピチピチのヤマメよりも、ピチピチの女がいい。

 

鴨川支流・高野川上流域から

川近くに道路があるので降りやすい

川をのぞきこむと、イワナが水面の虫を追っているのが見えます。どう考えても釣れる状況ですが、僕の場合はそうはいきません。毛バリと関係ないところにイワナが飛び出しています。

ようやくイワナが釣れました鴨川高野川渓流釣り

気が付きませんでしたが、いつの間にか毛鉤に食いついていたようです。やはりピチピチのイワナは素晴らしいですね。滋賀の愛知川にいるイワナとは微妙に違うでしょうか。僕にはわかりません。

 

静原川上流の東又川から

川の下に道路を通すという荒業京都鴨川東又川渓流釣り

滋賀県東部でも見たことがありますが、常人には出来ない判断だと思います。

近くに民家もあり、川に入りやすい京都鴨川東又川渓流釣り

小さなアマゴが釣れました京都鴨川東又川渓流釣り

 

鞍馬川のくらま温泉上流から

京都市中心部からも車で30分ほどで来られる場所です。

京都鞍馬川アマゴ釣り

パーマークがぎっしりのアマゴ

広告だよん

お腹に黒点が多い

東又川で釣れたアマゴとは全然違いますね。

京都鞍馬川アマゴ釣り

 

貴船川・貴船神社の上流から

貴船の川床を横目に川へ向かう

日中は歩行者で溢れており

「は~い車が来ました、危ないで~す」

という視野が広いアピールからの包容力を見せつけるおじさんやお兄さんを観察することができます。逆におばさんやお姉さんは車に関係なく我道を進んで来るため運転には要注意となります。

意外と激しい落差がある京都貴船川渓流釣り

道路上から竿を出せる手軽さ

少し大きなアマゴが釣れました

汚い水から綺麗な魚が出てきてビックリです。

上流ではイワナが釣れました京都貴船川渓流釣り 京都貴船川渓流釣り

滋賀県の西にある安曇川なら京都からも行きやすいです。

 

釣れない男の釣り道具

お前の使った道具なんて使いたくない!という貴方に朗報です。これから紹介するもの以外の道具を使いましょう。

当日の釣り方は、竿に道糸と毛鉤を結んで浮かべていただけです。チョウチンテンカラ釣りの方法についてはこちらです。


広告だよん

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

魚釣りが下手くそであることに定評があります。このサイトは釣り記録ではなく、釣れなかった言い訳の記録なのです。