【’17北海道釣行②】下川町名寄川・サンル川でニジマス釣り


前日に旭川空港~名寄でニジマスを釣った我々2人は、下川にやってきました。

 

下川町の名寄川とサンル川の合流点

深さも流れもあって雰囲気は良いです

大きな魚が出そうな景色なので、一投ごとに釣れたらどこにずりあげるか考えるも、結局ずりあげるべき魚は現れませんでした(ネットは持っているだけですくう自信はありません)。

 

小型のニジマスが釣れました

釣り終わってトボトボ歩いていると、工事で川に来ていると思われるおじさんに声をかけられました。

おじ「釣れたかい」

ぼく「小さなニジマスが釣れました」

おじ「俺は毎日ここでサクラマス見てるんだ」

ぼく「大きいんですか?」

おじ「そうだな、20センチくらい」

そう言って手を広げると、およそ40センチほどの大きさを示しています。申告された数値の倍の大きさです。

ぼく「え、20センチですか?」

おじ「そうよ、20センチはあるだろうな。スピナーで釣れるんだ」

このあたりでは1センチの単位が世界基準とは異なるのか、サバを読んで手を大きく広げすぎているのか、はたまたサクラマスではない別の魚の話をしているのかは最後までわからず終いでした。

サンル川下流域

サンル川のダムのすぐ下流に向かいます。最初から傷があったレンタカーということで調子に乗って砂利道を進むと、草で埋まってしまっていました。

借りた車でムチャしてはいけませんね

広い道路の脇に停めて、歩いて川に出るのが無難と思われます。

アブと雨に襲われながら頑張るも、小さなニジマスが釣れただけでした。

翌日は滝上町の渚滑川でニジマスを釣りました

続きはこちら

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください