【’17北海道釣行①】旭川空港近辺~名寄でニジマス釣り


北海道と言う土地は釣れない男を釣れる気分にさせてしまう不思議な場所であり、昨年台風の影響で全然釣れなかった事実さえ都合よく歪曲してくれます。ワクワク気分で旭川に降り立った私は、空港近くの辺別川に入りました。

旭川空港近くの辺別川

平坦な川です

景色は良いのですが、やはり釣れませんでした。この最初の場所での丸ボウズが、今回の惨めな北海道遠征の体たらくを予感させるに十分なスタートとなりました。

その後、釣りが上手な中森くん(仮)と合流します。彼を渓流釣りに最初に連れて行ったのは私なのですが、一投目からすでに僕よりも上手く、常に私より素敵な魚をたくさん釣る忌々しい男です。

 

天塩川と名寄川合流付近

水量が豊富でなんだか釣れそう

期待いっぱいでルアーを投げ続けるも、一向にアタリすらありません。東京からはるばるやってきた同行者も苦労しているであろうと彼を見ると、竿が大きくしなっています。ニジマスのようです。

よく引いていました

私の方は小さなヤマメとニジマスが釣れました。

同じように釣りをしているのに釣れる魚のサイズが大きく違うのはどういうことでしょうか。

天塩川の北星駅の南

先程よりも川幅が広く、よりスケールの大きな雰囲気です。

ゆったりした川を見ると、大きな魚がいる気がします

しかしこうも規模が大きい川ではどこに投げてどうすれば良いのかてんで検討がつきません。

「スプーンをゆっくり巻くと良いよ」と教えてくれた同行者に「うるせえな」と言いつつこっそりアドバイスに従います。

すると、ニジマスが釣れました。

また釣れました。確かにスローに巻いていれば良いのかもしれません。

どうやら不肖、コツのようなものを掴んできたのかもしれません。

私は魚のサイズを釣りにおける最大の問題に掲げるほど脳内マッチョな釣り人ではないのですが、それでももう少し大きなニジマスを釣りたいと思いました。

すると、それまでより少し強く引く魚が掛かりました。私だってやればできるのです。慎重なやり取りの結果見事ランディング!

それは同色に輝く美しいウグイでした

紛れもない本日最大のドキドキを僕に届けてくれた魚、それはウグイなのでした。

 

南美深駅近くのニウプ川

昨年この川で大きなニジマスを釣ったことに気を良くして、また同じポイントに来てしまいました。

2016年に釣ってリリースしたニジマス

「命だけは助けてあげるから、大きくなって帰っておいで」

そう声をかけて送り出した昨年のニジマスは、あろうことか助命という権利だけを手にして再び僕に釣られるという義務を遂行することのない不届きな輩でした。なんということでしょうか。

別れたニジマスとは無関係の小さなニジマスだけが釣れました。

続いては名寄の東にある下川町でニジマスにチャレンジしました。

続きはこちらです


【同行者が使っていた道具】

最初に大きなニジマスを釣り上げた同行者の道具をご紹介します。

【ロッド】シマノのカーディフ、かっこ良い~

【リール】これもカーディフ、渓流で映えます

【ライン】PEの0.6号だそうです

【リーダー】東レのフロロ6lb

【スプーン】miu8g
深場ではこれを上流に投げてゆっくり引いていたそうです。

【スプーン】pure5g 赤・ピンク系を使っていらっしゃいました

【ミノー】シンキングミノーを下流に投げることも稀にあったそうです

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください