【湖北・高時川でアマゴ渓流釣り】上流にはイワナが居るかも?


滋賀県北部を流れる高時川の渓流に入りました。たくさんの支流がありますが、夏は水が少なく入れる渓流は限られているようでした。

 

高時川支流の大音浪川より

 

高時川と大音浪川の合流点湖北高時川渓流釣り

 

のべ竿に糸と毛針を結んだだけのチョウチン毛針釣りでトライします。

初心者向け簡単渓流フライ釣り!ヤマメ・イワナが簡単に釣れるチョウチン毛針のすべて

 

流れに毛針を乗せると何かが飛び出してきますが、一向に釣れません。とりあえず昼飯です。

 

片道2,000円の高級ランチ渓流でランチ

 

「川沿いで食うおにぎりは美味いな」

などとつぶやき、上の写真をインスタに流すみたいな調子をこいてみたいところではありますが、実際には魚が釣れていない焦りから口を風船のようにしてご飯を詰め込みます。渓流の景色も味もへったくれもありません。

 

必死の形相で釣りを続けると、ようやくアマゴが釣れました。

 湖北高時川イワナ渓流釣り

 

お肌ツヤツヤのアマゴです。

湖北高時川アマゴヤマメ渓流釣り

 

どうしてお肌がつやつやのアマゴと、そうでないアマゴがいるのでしょうか。

例えばこちらは宮崎県で釣れたヤマメです。

肌がガサガサに見えます

 

再び、高時川で釣れたアマゴです。

湖北高時川アマゴヤマメ渓流釣り

 

ツルっとしてます。サイズは同じくらいなのですが、体質が違うんですかね。

何かのヒントになるかと川の水を飲んでみたら、きゅうり臭い感じがしましたが、「だからどうした?」と問われても答えにキュウしてしまいます。

 

湖北高時川アマゴヤマメ渓流釣り

 

それから何度かアマゴが毛針に飛び出してきたものの、相変わらず毛針に魚が出る度におおげさにびっくりしてしまう習性が祟り、それ以上アマゴを釣り上げることはありませんでした。

高時川はイワナもいるようなので、もっと上流に行けばイワナが居たのかもしれません。

次は福井県の日野川でイワナを釣りました

いつも釣れずに惨めな姿をさらしているこの釣行記を見て楽しまれている方々には残念なお知らせになってしまいますが、珍しく大きなイワナが釣れました。したがって、それを見届ける余裕が心にある方のみ、どうぞご覧ください。

 

*  *  *

私が当日使った安物の道具一覧です。あまり参考にされない方がよろしいかと思います。

【竿】実売約4,000円のダイワ翠渓 5.4メートル

 

【ライン】実売400円の安いライン0.8号

 

【毛針】サイズは14番くらいを使っています

 

【粉】毛針が沈んできたらこれで浮かせます

 
 

【カメラ】オリンパスE-M5(実売価格10~15万円)

 

【レンズ】オリンパスE-M5(新品実売価格約6万円)

 

【防水カメラ】オリンパス Tough(実売価格約4.5万円)

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください