【北海道道東当幌川】アメマス・エゾイワナ渓流釣り

投稿日: 2014-09-06更新日:

【入渓ポイント】忠類川

忠類川では調査での釣りが許可されており、抽選に当たった人のみシロザケを釣ることが出来ます。

 

我々は当選していないどころか抽選に参加してもいませんので、雰囲気のみ味あわせて頂きます。

 

シロザケ発見を装ってハシャイでいます北海道忠類川鮭釣り

 

当時の私はサケの産卵シーンをナマで見れるなどと思っていませんでしたので、居るところに行けば漁港のボラくらいうじゃうじゃ固まっているとは想像も出来ませんでした。

さて、わざわざ鮭の産卵シーンを妄想するために北の大地まで来たのではありません。釣りをします。

 

 

【入渓ポイント】 当幌川

釣り具センター 中標津店の店員さんに釣り方を聞いたところ、

「川沿いに立ってフローティングミノーを足元に落とし、流れにまかせて下流に行ったルアーを引いてくる、これだけで良いよ」

と言われました。「何でそんな妙な釣り方をしないといかんのだ」と我々は浮かぬ顔をしているも、「川に行ってみればわかるよ、フフフ」と不敵に笑う店員さんの言われるがままにルアーを買い込みます。

川に到着すると、川沿いギリギリまで木や草が大量に生い茂っているため、キャストが非常に難しい環境だとわかります。そこで、店員さんから教わった流し引き釣り?にトライします。

 

鬱蒼とした茂みに川が流れており、陸地を歩いていると突然川が現れるので、ボーっとしていると川にハマるので要注意です。

すぐに同行者にエゾイワナと思われる魚が掛かりました。

当幌川アメマス

当初は北海道で釣れるイワナは全部オショロコマだと思っていたので、2人で「オショロコマだ!」とはしゃいでいましたが、後々調べてみると普通のイワナのようです。

 

続いて、私にもアメマスが釣れました。

 

20センチくらいのアメマス道東当幌川アメマス(イワナ)

 

す、すごいよ店員さん!

水中に沈んだ木の回りにアメマスは固まっているようでした。木が張り出しているので投げるのは難しいですが、フローティングミノーを浮かべて流れに乗せて運ぶだけなら簡単に木のまわりに送り込めます。

続いて、試しにスプーンを投げてみると、お腹がオレンジのイワナが釣れました。

道東当幌川オショロコマ

 

「なんだよ、フローティングミノーじゃなくても釣れるじゃねえか店員!」と思ったわけではありません。

キャストしにくいポイントでは、フローティングの方が扱いやすいのは間違い御座いません。店員さん、決して恨んでいませんからね。

投げられれば、まあ何でも釣れるということだと思います。あの食い方なら、銀紙でも釣れない気がしないでもありません。

 

同行者がニジマスも釣りました
道東当幌川ニジマス

 

翌日は知床の羅臼でカラフトマスとシロザケを狙いました。 >> 羅臼でのサケ釣りの記録はこちら

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが