【管釣り用のミノーのおすすめ】エリアトラウトでのミノーのアクションと選び方を解説

投稿日: 2020-02-28更新日:

ダイチさんアイコン 【著者紹介】管釣りビギナーダイチ
今年から管釣りでのルアーフィッシングをスタートした初心者です。まだ一定の速さでリールを巻くことに苦労している段階ですが、ビギナーならではの視点で道具選びや釣りの方法を書いていきます。

 

管釣りのミノーの役割

管理釣り場で使われるミノーは以下の場面で使うことができます。

  • エサとして小魚を与える管理釣り場で釣りをするとき
  • 魚食性の高いトラウトを狙うとき

 

1.エサとして小魚を与える管理釣り場で釣りをするとき

管理釣り場の中にはトラウトのエサとして小魚を与えたり、池の中に小魚が生息していることがあります。

そのような管理釣り場ではトラウトが常食している小魚を模したミノーへの反応が良いです。

 

2.魚食性の高いトラウトを狙うとき

ブルックトラウトやブラウントラウト、イトウはほかのトラウトと比較するとエサとして小魚を食べる傾向にあります。

そのようなトラウトに対してもミノーは効果的です。

 

 

【ミノーのアクション】トゥイッチやジャークなどのアクションが効果的

ミノーの使い方としてはトゥイッチやジャークといったアクションを加えて使用します。

トゥイッチは竿先をチョンチョンと動かすことによってミノーを小刻みに動かすアクションです。リールを巻きながら竿先を動かし、時々食わせるための間を作ります。

この動きが弱った小魚を演出します。

ジャークはトゥイッチよりも竿を大きく動かしてミノーを大きく動かすアクションです。ミノーが素早く動くため、トラウトの捕食のスイッチを入れてやることができます。

ミノーが大きく動くため広範囲までアピールすることができます。トゥイッチと同様にリールを巻きながら竿を大きく動かし、食わせるための間を作ります。

 

【ミノーの選び方】ディープタイプで派手系と地味系の色を揃える

 

ミノーを選ぶ際のポイントを紹介します。

 

1.ディープタイプを揃える

まずは大きなリップのついたディープタイプを揃えてみてください。ミノーが特に効果的なブルックトラウトやブラウントラウトは、水中に沈んでいる障害物付近にいることが多いです。

ですので底まで潜ることができるディープタイプのミノーがおすすめです。

 

2.派手な色と地味な色を揃える

派手なミノーと地味な色のミノーがあれば、カラーローテーションによってトラウトを飽きさせないことができます。

オレンジや赤、茶色や黒のミノーをまずは揃えてみてください。

 

おすすめのミノー

 

パニッシュエリア

特にトゥイッチで効果的

 

ドクターミノー ジョイント

流れの中でもしっかりアクションする

 

奏(かなで) S

浮き上がりにくく底付近を狙いやすい

 

D-コンパクト

軽くて遠くまで飛ばせる

 

まとめ

  • ミノーは小魚を常食しているトラウトを狙うときに有効
  • トゥイッチやジャークで弱った小魚を模してアピール
  • ディープタイプで派手なカラーと地味目なカラーを揃える

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが