【福岡市内でヤマメ渓流釣り】野河内渓谷に野生のヤマメがいた


広告だよん

佐賀の三瀬に美しいヤマメを釣りに行った私ですが、福岡から三瀬に行くまでに気になることがありました。それは、福岡側に「曲渕」とか「野河内渓谷」とか呼ばれるエリアがあり、標高があって水量もあるのでもしかするとヤマメがいるんじゃないかということでした。

しかしそれは表向きの理由で実際は「ヤマメ・マス釣り」と大きくノボリが出ていたので「流れだして野生化したニジマスが釣れるかも・・・」と思って侵入したまでです。

>> 女性にもおすすめ!福岡のヤマメ釣り堀はこちら

【入渓ポイント】曲渕水源・野河内渓谷近く

澄んだ川が道路添いを流れています

福岡市曲渕野河内渓谷ヤマメ釣り

 

この日もフライラインでテンカラを投げてみますが、やはり私には難しいようなので、すぐチョウチンテンカラ釣りに切り替えます。途中、道の上からおじさんがこちらを見ていましたが、何ともダサい釣り方なので目線が気になってコソコソと釣りをしてしまう私でした。

しかし、逃げ出したニジマスが都合よく泳いでくれているのでしょうか。このエリアについてはインターネットで指にヤマメが出来るくらい検索し尽くしたのに、このあたりでヤマメが釣れたという情報は出てきませんでした。そう上手くもいかないか・・・。

と思っていると、何やら毛鉤に魚が飛び出しました。茶色い背中は恐らくヤマメです!アブラハヤだって、場合によってはカワムツもウグイも茶色く見えるとかそういうことは聞いてない。断じてヤマメだ・・・。と思う。。

 

さらに釣り続けると、毛鉤に何か付いています。ヤマメだ!これはちゃんと取り込まねばと心得るも、チョウチン釣りはなんといっても取込みが難しいのです。竿の長さに対して糸が短すぎるので竿を上げてもヤマメははるか上空、陸に投げ出そうとしてもボサだらけなのでヤマメを空中ブランコさせたまま竿を少しずつ畳んでいくという作業になります。

モタモタしていると、ヤマメが足元の水たまりに落ちてしまいました。

福岡市曲渕野河内渓谷渓流釣り

 

見た目以上に大きな岩を何とかどかして、魚を捕まえることに成功しました。おやおやヤマメちゃん、可愛がってやろうではないか。

鰭に入った赤と白が印象的なヤマメ福岡市曲渕野河内渓谷ヤマメ釣り

 

黒点が多いヤマメです。

福岡市内にもヤマメはいるんですね。2005年ほどまで曲渕水源にヤマメを放流していたという文章をネット上で見つけたのですが、その子孫なのでしょうか。もしくは地域の人がこっそり放流してくれているのかもしれません。

釣り進むと、少しずつ山岳渓流のようになってきます。チョウチン釣りの威力を発揮する雰囲気と言えるでしょう。

 

アブラハヤもたくさんいました福岡市曲渕野河内渓谷ヤマメ釣り

広告だよん

浅瀬で釣れた黒点の少ないヤマメ福岡市曲渕野河内渓谷ヤマメ釣り

 

気がつくと野河内渓谷の遊歩道沿いで釣りをしていたようです。

 

川沿いも歩行できるように整備されていた福岡市曲渕野河内渓谷ヤマメ釣り

 

釣り上がって行くと、上流から人の声がするようでした。よく見てみると、観光中の男女が大はしゃぎしながら僕の横を通って上流へと向かって行くようでした。

ちなみに男女と言ってもおそらく30代後半くらいなのですが(30代後半という年齢をあえて記載したのは、断じておっさん&おばはんが人前ではしゃいでんじゃねえという意味です念のため)2人で変なポーズを取りながら撮影して楽しそうです。あまりに盛り上がり過ぎていて僕の存在には気がついていないようす。福岡にだけ未だ棲息している暴走族の方々を見たときのような、何とも言えない、気分が襲ってきました。

 

気にせず釣りに集中しようとするも「上流を目指せば、彼らといずれすれ違うのか・・・」と思うと気もそぞろ。ヤマメも異常なカップルの存在に辟易していたのか、アタリも無くなってきました。それでも雑念をはたき落としてどんどん進んでいくと、上流の川の中に大きな影が見えます。「すわ、出たな!」先ほどの男女のおっさんの方でした。

彼はパンツ一丁で川に入り、まるでお祭りに現れた小学生のように、全細胞を投じてはしゃいでいます。いや、正確に言うと「少年のようにはしゃいでいるように女に見せている」という表現が正しいでしょう。大人になって社会で揉まれた後も無邪気なハートをキープし続ける僕って素敵ビームを放つ男と、ようやく自分の居場所を見つけたというように母性本能を惜しみもなく放出する女。釣り竿片手にこれを見つめる私の胸中、どうかお察し頂ければ幸いでございます。

この全力中年2人の横を通り過ぎて上流に向かうべきかと悩んだものの、彼らの横を通って「どうも・・・」と気まずく挨拶をするような度胸はどこにもないことに気づき、踵を返して車がある方へ歩き出しました。まだ昼過ぎの14時に、釣れているのに釣りをやめたのはこれが人生で初めてのことだと思います。

どうかお二方、お不幸せに。


使った釣り道具

竿に道糸と毛鉤を結んで浮かべていただけです。チョウチンテンカラ釣りの方法についてはこちらです。



■福岡・佐賀の渓流釣り記録

>> 【福岡・佐賀の県境で渓流釣り③】田手川で小さなヤマメが釣れました

>> 【福岡・佐賀の県境で渓流釣り②】’16 5月田手川に綺麗なヤマメがいます

>> 【福岡・佐賀の県境で渓流釣り①】’16 3月三瀬・嘉瀬川でヤマメが釣れました

>> 【福岡県朝倉・秋月】’16 6月佐田川で幼ヤマメ虐待してきました

>> 【福岡・佐賀県境で渓流釣り④】三瀬で釣れた資生堂も驚きの透明感ヤマメ

広告だよん

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

魚釣りが下手くそであることに定評があります。このサイトは釣り記録ではなく、釣れなかった言い訳の記録なのです。