【福岡・佐賀の県境でヤマメ渓流釣り②】田手川でルアー釣り

投稿日: 2016-05-25更新日:

福岡県からも近い、佐賀県の田手川でまことに美しいヤマメが釣れると紹介していたのは津留崎健さんの写真集でした。しかも尺を越えるような大物も釣れると書いてあった・・・気もする。

圧倒的な写真に合わせて釣り場マップも備えています。これを読んで垂涎しない釣り人がいるでしょうか。

※私は立ち読みで釣り場マップだけ隠れて写メで撮影するというまことに貧乏たらしい使い方をさせて頂きました。

 

【入渓ポイント】 田手川上流の佐賀・福岡の県境から

「砂底の里川で歩きやすい」と私のメモには書いてありましたが、どうでしょうか。

 

福岡佐賀脊振山の田手川渓流釣り
【釣り場情報まとめ記事】福岡の渓流釣り場をピンポイントでご紹介!

 

いきなり険しいぞう。下流域は平坦なのですが、上流部はまあまあ山岳でした。ヤマメらしきチェイスはありましたが、結局掛けられず。アブラハヤだけは豊富に釣れました。

福岡佐賀脊振山の田手川渓流釣り

 

福岡佐賀脊振山の田手川渓流釣り

 

【入渓ポイント】 永山水辺公園から

広い駐車場に停めて入渓できます。すぐ下流に巨大な堰堤があるので、ここから上っていくのが良いと思います。

福岡佐賀脊振山の田手川渓流釣り

ミノーを投げると、18センチほどのヤマメが釣れました。白い砂底に近い透明感あふれる魚体に尾びれの赤が眩しいヤマメ・・・と言葉で説明してもしょうがねえ、写真撮るぞとカメラを構えると、すいーーと泳いで逃げて行きました。

何ということか。トリプルフックがややえげつない感じで掛かってしまったので、じっくり蘇生させていたらこの仕打ですよ。ヤマメに配慮すべくシングルフックにしてあげようか、などという想いは撤回します。今度釣れたら食物連鎖という名の神の掟を思い知らせてやるのだ。

などと思っていると、この日は二度とヤマメが釣れることはありませんでした。

 

民家の周辺では川と道路との境目に柵を積極的に設置福岡佐賀脊振山の田手川渓流釣り

 

獣避けの柵は釣り人の出入り禁止にも役に立っているように見えます。

 

田手川中流域の景観福岡佐賀脊振山の田手川渓流釣り

 

永山水辺公園から松坂橋あたりの中流域~下流域はおおよそ上の写真のような景観です。意外と入るところを探しにくいので、早めに到着して場所チェックすることをおすすめします。

【釣り場情報まとめ記事】福岡の渓流釣り場をピンポイントでご紹介!

 

*  *  *

私が当日使った安物のルアータックル一覧です。あまり参考にされない方がよろしいかと思います。

【ロッド】2,000円くらいの安いルアー竿

 

【リール】2000番以下の小さなリール

【ライン】6lb のナイロンライン

【ルアー①】リュウキ50シンキング
【ルアー②】スプーン・pure3.5g

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが