【大分市・別府市から1時間】九重・由布周辺の野上川でヤマメ渓流釣り


フィッシングてらとこのやや下流から

上流に養魚場・釣り堀がございますが、そこから流れてきたヤマメを釣ろうなどと思っているわけではありません。たまたま川の雰囲気が良かったことと、川に入りやすかったから入ったまでのことでありますが、しかし釣り堀からヤマメが流れてきたとすれば、それを釣ることもやぶさかではない、との想いでどんどん上流に釣りのぼります。

木が茂っていても投げやすいチョウチン毛鉤釣りでヤマメを狙います。

 

小さいヤマメが掛かりました野上川ヤマメ渓流釣り

 

この川には生活排水でも入り込んでいるのでしょうか?雨の後でもないのに濁っています。また、それを讃えるかのように水中には大量のクロカワムシが認められます。

毛鉤では思ったように釣れないので、少し思案してみます。

足元にはクロカワムシ、でも餌釣り用の針を持っていない。

なら、毛鉤にクロカワムシを刺してみたらどうだろう?毛鉤だけでなく、毛鉤にさらに生餌まで付いているなら、余計に釣れたりするかも?!

 

毛鉤になじむクロカワムシ野上川ヤマメ渓流釣り

これはこれで美味しそうに見えないこともありません。クロカワムシが羽化するとどういう形になるのかはわかりませんが、羽化する瞬間をとらえたとヤマメに思って頂けるかもしれません。

 

クロカワムシ付き毛鉤を投入野上川ヤマメ渓流釣り

 

毛鉤でも餌でも、餌付き毛鉤でも問題なく釣れるという話にしたかったのですが、そう甘くはありませんでした。餌は沈んでいるので魚が食ってきたかどうか、それすらわからず、新漁法を生み出すには至りませんでした。

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください