【大阪市から2時間でヤマメ渓流釣り】十津川・熊野川でアマゴ釣り


広告だよん

大阪市内から2時間前後で到着できる十津川中流域から釣りを開始します。

十津川支流の中原川の今井地区から

とりあえずクマで脅かす作戦は全国共通か

雨上がりといえばミミズが良いと言われていることは皆様はご存知でしょう、私も知っております。たまたま拾ったミミズを掛けて投げてみます。

小さなアマゴが釣れました

その後も1匹のミミズを使いまわして6匹ほどのアマゴが食ってきました。まさに入れ食い。但しあくまで「入れ食い」であり、断じて「入れ掛かり」では無いのはご察しの通りです。うまくアワセられないので、食っていることまでしかわかりません。

う~む、やはり雨上がりはミミズです。おじいちゃんやおばあちゃんの言い伝えというのは、だいたい正しいのです。

使い回しにしていた1匹のミミズがボロ雑巾のようになってしまったので、仕方なく川虫をつけてみます。

やはり濁りが関係して、虫への食いつきは悪いのではと、渓流釣り歴8年になる釣り人は考えました。

 

川虫でも問題なく釣れた

先人の知恵などあてにならないものですね。

 

十津川支流の滝川・笹の滝やや下流から

アマゴが釣れました

パーマークがピアノの鍵盤のように2列になっています

 

ヒレが黄色い

 

移動流に十津川郷という道の駅を発見しました。足湯が無料で使えます。「無料」という文字が見えた瞬間にハンドルを大きく右に切っていました。


痔に効能があるようです

私は立派なイボ痔を備えておりますので、是非ともここで治療したいと思います。お湯の両サイドに左右の足を置き、パンツをひんむいてお尻を出し、お湯に尻の穴あたりだけちゃぽんしてもよろしい?

社会人として、ダメですよね。

近くに「山ぎく」という食堂併設の公衆浴場もあるようです。

広告だよん

シャンプ ボデー

十津川ではカタカナの教育がまだ十分普及していないようです。

でも大丈夫。何となく、言いたいことは、わかるぞ。

支流・上湯川の支流

ここではアブラハヤしか釣れませんでした。

 

 

【入渓ポイント】十津川支流の芦廼瀬川・白谷の大野出会橋あたり

林業で栄えた痕跡がところどころに

 

「本流」という趣でした

本流では深いところに餌を通すので、いつも以上にアタリがわかりません。従って、3秒に1回くらい適当に竿を上げる作戦でいきます。

アマゴが釣れました

 

 

 

谷底で芸術的に朽ちる車

洪水の時に流されたのか、それとも・・・。いや、考えるのは止そう。

十津川支流・舟の川

釣れたのはヒレがギザギザの放流アマゴのみだったので撮影しませんでした。

とかなんとかいって、釣れなかった言い訳だろと思ったでしょ?

実は、そうなんですの。

平坦な瀬が続いていました


当日初心者の僕が使った道具【餌釣り編】

【ウエーダー】 ダイワの高くないやつ

【釣り竿】 5メートルくらいの適当なのべ竿

 

【ハリス・糸】 ハリス0.3~0.6号、針のサイズ6番くらい


広告だよん

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください