【札幌から2時間でヤマメ渓流釣り】余市川でヤマメ乱獲爺さんに遭遇|15北海道1日目


広告だよん

□ 2015年秋北海道釣り記録

>> 2日目 尻別川で道産子ニジマスのパワーを知る
>> 3・4日目 昆布駅近くで鮭の産卵に興奮
>> 5日目 猿留川・西広尾川でイワナ
>> 6日目 幌満川でイワナ・アメマス・ニジマス
>> 7日目 西広尾川でイワナホイホイ
>> 8日目 帯広札内川でニジマスにあしらわれる
>> 最終日 豊似川のアメマスにてエピローグ


昨年秋の道東にて、釣り堀のような勢いでアメマスがポンポンと飛び出し、笑いが泊まらなかった記憶が忘れられず、今年も北海道に来てしまった。5匹釣れただけで「今日はなかなか良かった」なんて口にしてしまう雑魚釣り師にも、「嫌になるほど釣れたよ」なんて言える日が来ようとは・・。くっくっく。

ひとり車の中でニヤケ顔、期待で心臓が勢い良くライズしてしまいそうです。

 

【ポイント】然別駅近くから入渓

札幌から車を2時間ほど飛ばし、余市川に到着。下流域は川幅が大きすぎたので、中流域の然別駅から川に入ってみることに。然別駅近くの小さな橋の少し上流で川の近くに車で寄ることができます。

入渓点を探していると、どうやら地元釣り人らしきおじいさんに遭遇。なぜか道路の上で新聞を読んでいたので、「これは面白そうだ」と思い、声をかけてみる。

私「ここから川に入れますか?」
爺「うぁ?」
私「この先は進めますか?」
爺「んがぁ?」

という感じで会話にならず。どうやら耳が遠いのか少しボケていらっしゃるのか。
それでも声をかけ続けると、「今日は水が少ないからダメやった」と言いながら、背負っていたリュックをがさがさと開け、竹籠を取り出してくれた。すると、

 

イワナ・ヤマメがどっさり

20センチほどのイワナをはじめ、小さいながらもヤマメを中心に20匹ほどの綺麗な魚がずらり。

「すごい、ボケた爺ちゃんでもこんなに釣れるのか」と、川のポテンシャルの凄さにぶっ倒れそうに。ご挨拶もそこそこに、川に入ります。川幅はおよそ15メートルほどで、水深は深いところで1メートルも無さそう。単調な流れが続いているようでした。この日は川を見ただけで釣りは出来ずに終了。明日からの爆釣を確信し、宿で移動。

広告だよん

 

ニセコのゲストハウス・side6さんに宿泊 

ニセコゲストハウスside6

 

当日はニセコのゲストハウスに宿泊です。100床ほどはありそうな宿だが、「9月のニセコなんて、宿泊客は誰も居ないんじゃないの?」と思い到着してみると、本当に自分一人だけ。広いお部屋とリビングを1泊3,000円で使わせて頂きました。

こちらは綺麗なリビングの写真です。ソファーの上で可愛い風船がお出迎えです。そして本棚には釣りキチ三平のイワナの巻が!!

「釣りのことはあまり。。」と言っていたご主人ですが、さすが的を得たキャスティング。これを見て脳内ドーパミンを分泌してくださいということですかありがとう。

お風呂は大きめで油圧も最高!タオルや歯ブラシだけでなく、シャンプーとボディーソープは備え付けが無いので、持って行きましょう。洗濯機も貸してもらえますが、洗剤は持って行きましょう。

 

>> 【道央】尻別川で道産子ニジマスのパワーを知る|’15北海道2日目

 

 

参考書籍;渓流釣り北海道

魚種・ポイント・遡行難易度なども書かれているので実際のガイドとしても、気分を高めるのにも有用でした。

 

□ 2015年秋北海道釣り記録

>> 2日目 尻別川で道産子ニジマスのパワーを知る
>> 3・4日目 昆布駅近くで鮭の産卵に興奮
>> 5日目 猿留川・西広尾川でイワナ
>> 6日目 幌満川でイワナ・アメマス・ニジマス
>> 7日目 西広尾川でイワナホイホイ
>> 8日目 帯広札内川でニジマスにあしらわれる
>> 最終日 豊似川のアメマスにてエピローグ

/////////////////////////////////////////////

広告だよん

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

魚釣りが下手くそであることに定評があります。このサイトは釣り記録ではなく、釣れなかった言い訳の記録なのです。