尻別川昆布駅近くでシロザケの産卵に興奮するも丸坊主【’15北海道3・4日目・道央渓流釣り】

投稿日: 2015-09-24更新日:

□ 2015年秋北海道釣り記録

>> 1日目 余市川でヤマメ乱獲爺に遭遇
>> 2日目 尻別川で道産子ニジマスのパワーを知る

>> 5日目 猿留川・西広尾川でイワナ
>> 6日目 幌満川でイワナ・アメマス・ニジマス
>> 7日目 西広尾川でイワナホイホイ
>> 8日目 帯広札内川でニジマスにあしらわれる
>> 最終日 豊似川のアメマスにてエピローグ

/////////////////////////////////////////////

<謝罪>冒頭でいきなり頭を下げるという事態を想像もしておりませんでしたが、まずはお詫びします。この回は恥ずかしながら丸ボウズで、いつも以上に何の参考にもなりません。釣れてない釣り記録なんて読めるかという方は、5日目まで移動してください >>【道央~道東】猿留川・西広尾川にてアメマスを愉しむ|’15北海道5日目

 

尻別本流に蘭越小学校近くから入渓、ばっちり挫折を味わう

尻別川本流に入ります。川沿いに公園が整備されているので楽に入川出来ます。川幅は50メートルほど、水深もありそうで北海道らしいモンスターが身を潜めていても不思議ではない雰囲気を醸しだしております。さらに「イトウが釣れたらリリースしてね」なんていう小悪魔キュートな思わせぶり看板まで設置されており、ワクワク感を掻き立てられます。

こちらがオーラ満点の尻別川本流殿で御座います。

尻別川本流2

 

しかし、投げども投げども魚の反応は無し

プールにたまっている小魚がバカにしたようにゆったり追いかけてきただけ、怪我している足を引きずりながら、トボトボと川を後にしました。

昆布駅近くで鮭の産卵に遭遇

何を隠そう、この2日での最大のイベントはシロザケの産卵を見かけたことなのです。釣りに来たくせにそれで良いのかって?良いのだ若者よ。魚を釣ることだけが釣りの目的ではないのだコンチクショー!

蘭越小学校やや上流の昆布駅近くの橋の麓に車を停めて入川した。さざ波の下の生命感は、紛れも無く産卵準備中のシロザケの群れ!初めてのリアル鮭の遡上におじさん一人で大興奮!カメラを構えて、もう、必死です。

彼らにとっては慣れている光景なのか、地元の子どもたちは不思議そうな目で必死で写真撮影する私を見ていました。

尻別川蘭越小学校近くで鮭の産卵2

産卵を終えた鮭も

尻別川蘭越小学校近くで鮭の産卵1

魚を見たことで再度やる気を盛り上げ、1時間ほど釣り上がるも無反応。この日は暑かったから、ほら、暑かったから悪いんだよねー僕が下手なわけじゃないんだよねーブツブツ。

北海道にまで来て1日ボウズは悔し過ぎるとばかりに、昨日釣れた尻別発電所を攻めるも、やはりアタリすらなし。文字にしながら思うが、この悪あがきっぷりは我ながらみじめだ。わざわざ遠くから北海道にまで来ておいて、新しいポイントを探るのをあきらめ小さな実績にしがみつくとは・・。いや、恐れいった。

この日の唯一の収穫は鮭の産卵を見られたこと

それから、初めて車までの道のりで迷わなかったこと。

 

落部川を攻めるも、ヤマメのチェイスのみ<北海道釣行4日目>

ニセコに比べれば札幌からも遠く、プレッシャーも無いし簡単に釣れるだぞうという勝手な決めつけにより、落部川に移動。(私がかなり無根拠に前向きな馬鹿であることがバレて来ていると思います。)解禁時期は人が多く、ヤマメの数釣りが期待出来る川だそうです。

【入渓ポイント】銀婚湯温泉近くから(北海道二海郡 八雲町上の湯199)

当日は久々の雨で活性は高いかと思いきや、結局ヤマメを視認できただけで、ずぶ濡れ不毛な4日目は終了。

 

>>【道央~道東】猿留川・西広尾川にてアメマスを愉しむ|’15北海道5日目

 

参考書籍;渓流釣り北海道

魚種・ポイント・遡行難易度なども書かれているので実際のガイドとしても、気分を高めるのにも有用でした。

 

□ 2015年秋北海道釣り記録

>> 1日目 余市川でヤマメ乱獲爺に遭遇
>> 2日目 尻別川で道産子ニジマスのパワーを知る

>> 5日目 猿留川・西広尾川でイワナ
>> 6日目 幌満川でイワナ・アメマス・ニジマス
>> 7日目 西広尾川でイワナホイホイ
>> 8日目 帯広札内川でニジマスにあしらわれる
>> 最終日 豊似川のアメマスにてエピローグ

/////////////////////////////////////////////

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが