運営者紹介と問合せ

投稿日: 2020-06-11更新日:

私の釣り方針4か条

恐らく誰も興味はないと思いますが、私の釣りの方針を記しておきます。

 

【1】高い道具を使わない(使えない)

お風呂のお湯を1週間使い続ける家庭で育った私は、極度の貧乏性です。

釣りの世界では高級な道具を大事に使うことが良しとされていますが、ケチで物理的にも金が無い私は安物の道具を長く使い続けていきます。(自分がどのメーカーの竿を使っているのか、ついさっき知りました)

最新の釣り道具の紹介などを期待されている方には、全くお役には立てません。

 

愛知川御池川イワナ・ヤマメ渓流釣り

 

【2】小難しい釣りをしない(できない)

「みんなができることが、なぜか僕には出来ない」という記憶で埋め尽くされた子供時代を過ごした私に、器用な釣りはできません。

渓流釣りを始めて10年が経過し

などを嗜みますが、どの釣り方も信じられないくらいの適当で、魚よりも頭上の枝の方が釣果の実績としては圧倒的に豊富です。

愛知川御池川イワナ・ヤマメ渓流釣り

 

このサイトを読むことで釣りの技術に関して得るところは何一つ無いかと思いますので、ご了承ください。

 

【3】源流・秘境を目指さない(怖い)

人里離れた源流部に入れば、人にスレていない、大ききて美しい魚がたくさんいることはわかっています。

しかし、私は友達が居ないので単独釣行が多く、単独で山岳地帯に入れるほどの技術や体力はありません。

従って、車を降りてすぐに川に入れるような、何だったら携帯の電波が入って、小腹がすいたらコンビニに寄れるような身近な場所で釣りをします。

 

鳥取県佐治川渓流釣り

 

【4】大きな魚を追わない(追えない)

複数人で釣りに行くと必ず起きる現象なのですが、私だけが同じ釣り方をしても釣れない、釣れてきたとしても小魚だったりウグイやカワムツだったりします。

 

8センチほどのヤマメと興味のない同行者梶原川ヤマメ釣り

 

これ以上惨めな想いをするのは避けたいと、私は小魚を中心に釣りを楽しんでいます。(でも本当は、大きなヤマメが釣りたいです。)

 

【まとめ】簡単な釣りで、綺麗な渓流魚を追います

以上、自分で書いていて自分で恥ずかしくなるような特性と技術しか持ち合わせていない私は

  1. 安い道具を使い
  2. 簡単な釣り方で
  3. 入りやすい場所で
  4. 小さな魚を釣る

という釣りをしていることになります。

誰からも羨ましがられることなく、小さくて綺麗なヤマメやイワナを釣って、1人ではしゃぎ続けたいと思います。

 

プールでの大イワナ釣り

 

大した釣り場を知っているわけでもありませんので、釣り場をマップで公開しています。(天然魚のポイントなどは有料記事にさせて頂いております)

【渓流釣りポイント大公開】ヤマメ・イワナ釣るならここに行こう!(根絶やしにしないでね)

「釣り場を無料で公開するってお前アホか?」
「死ね」

などのメッセージを釣り人の方々から日々頂いております。

しかし私は感受性もバカなので、いくらクレームを入れて頂いてもマップ化をやめることはありません。

 

 

収益源は広告枠とアマゾンです

せっかくサイト運営をするのだから小遣い稼ぎをしたいというスケベ根性から、広告枠を設置しております。

また、アマゾン・楽天のリンクを辿って何かしら買って頂けると、売上金額の2%ほどが僕のお小遣いになりますので、遠慮は要りません。じゃんじゃん買ってください。

 

当ブログの売上金額をこちらで一部公開しています

【釣りで稼ぐ】釣りブログってめっちゃ稼げる!皆も、僕と同じように失敗しよう(ぐへへ)

2020年からは有料記事も販売していますが、当然のように売れていません。

 

運営者は暇です

運営者は無職、カッコ良く言えばニートです。たまにWEBサイトの運営もしております。

ニートゆえどこにでも出かけられますので、お仕事の依頼は以下からお願いします(と言って、仕事の依頼など一度も来たことはありませんが)。

読者様からのお便りもお待ちしております。

 

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文


    各地の渓流釣り記録とポイント情報

    >> 【北海道】の釣り記録

    >> 【東北】の釣り記録

    >> 【関東】の釣り記録

    >> 【北陸】の釣り記録

    >> 【東海】の釣り記録

    >> 【関西】の釣り記録

    >> 【中国】の釣り記録

    >> 【四国】の釣り記録

    >> 【九州】の釣り記録

    御慈悲の心で「いいね!」
    してやってください

    読む価値は無いが