【大分筑後川水系ヤマメ渓流釣り】 梅ノ木川・大野川・梅野川・川原川で毛バリ釣り

投稿日: 2016-08-23更新日:

※こちらの大野川は竹田から別府湾に注ぐ方の大野川ではなく、日田前津江の大野川です。

【入渓ポイント】 梅ノ木川・大野川 前津江大野川小学校やや下流

倒木が多く、魅力的な川

筑後川水系梅ノ木川大野川

 

前日、日田の北にある山国の毛谷村川でアマゴを1匹だけかろうじて引っ掛けた私は、今日こそもうちょっと釣りたいという気分で川に降り立ちました。フライをちゃんと投げられないので、今日もチョウチン毛鉤釣りです。ちょこんと水面に浮かべるだけなので、若ハゲでエラが異様に張っている私でも簡単に釣れます。

暑いので元気がないのか、なかなか反応がありませんでしたがようやくアマゴが釣れました。や、これはアマゴではなく完全なるヤマメですね。前日に山国で釣れたのはアマゴだったのですが、筑後川水系はヤマメなのでしょうか。

 

パーマークがまん丸のヤマメ

筑後川水系梅ノ木川大野川ヤマメ

 

1匹釣れればこちらのもの、調子に乗って練習中のドライテンカラに挑戦します。3メートル強のテンカラ竿に黄色いラインとハリスを付けて、その先に毛鉤を結んで投げます。

いわゆるナチュラルドリフトとか気にせず、とにかく「毛鉤が水面あたりにあれば、まあそれで良い」というおおらかな精神で投げます。これまでドライテンカラには5回ほど挑戦していると思いますが、きちんと流れていないのかヤマメの口の中に毛鉤が入ったことがなく、いつも自信をなくしてチョウチン釣りに戻ってしまう私ですが、今日こそは。

筑後川水系梅ノ木川大野川

特に夏場は流れの中にヤマメがいるので、流すのが特段難しいんだよねーと言い訳ではなくあくまで事実を口にして小さな流れに向かって投げると、我ながら見事に毛鉤が落ちました。いわゆる毛バリ先行というやつで、自然に流れている毛鉤にガブリ!とヤマメが食いつきました。

どうやら嬉しかったのでしょう、お母さんに久しぶりに出会えた赤子のように泣きじゃくりながらヤマメを引き上げました。なんと立派なヤマメです。10センチは軽く超えているでしょうね。

 

筑後川水系梅ノ木川大野川ヤマメ

筑後川水系梅ノ木川大野川ヤマメ

この日は最高気温36度の猛暑を記録したため、朝9の釣り開始から5時間ほどで頭がフラフラしてきたため終了といたしました。最近物忘れが激しい私ですが、頭がフラフラしてきたことに自覚があるとは、まだまだ捨てたもんじゃないぜと息巻いた私でした。

 

【入渓ポイント】 津江漁協管内の梅野川キャッチ・アンド・リリース区間

ここから南の442号線との合流点あたりまでは大分県唯一のキャッチ・アンド・リリース区間です。バーブレスのルアー・フライで全てリリースするのがルールです。ヤマメ釣れますが休日は人が多い印象です。

【入渓ポイント】 川原川都留郵便局あたり

大きめの淵が連続するのでルアーでも楽しめます。ヤマメが釣れます。

///////////////////////////////////////////////////////////////

□ 大分のその他釣り記録

>> 【大分川水系アマゴ渓流釣り】阿蘇野川でヤマメ(エノハ)釣り

>> 【大分・熊本渓流釣り】中津川(鯛生川)でヤマメ釣り

>> 【大分山国川水系でヤマメ(アマゴ)渓流釣り】毛谷村川でヤマメとカワムツのルアー釣り

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが