【安曇川イワナ・アマゴ渓流釣り】動画付き!大津市葛川中学校横の支流は入渓しやすく魚も豊富


真野川脇に泳ぐ鯉のぼりを通り過ぎ、安曇川に向かいます。

 

真野川脇に揺れる鯉のぼり

 

葛川中学校の横で安曇川に合流する支流に入ります。コーンを動かせば支流脇に車を停められるスペースがあります。

 

葛川中学校近く

 

葛川中学校の対岸から。左上から本流が、右上から支流が流れ込んでいます

 

本流は上の写真の通りの平坦な流れですが、支流はほどよく落差があります。

 

本流は放流が盛んなのでイワナやアマゴが多いですが、あれだけ魚が居れば支流にも入ってくるでしょう。

のべ竿に糸と毛針を結んだだけの通称「チョウチン毛針釣り」でイワナを狙います。

初心者向け簡単渓流フライ釣り!ヤマメ・イワナが簡単に釣れるチョウチン毛針のすべて

 

ちなみに「チョウチン毛針釣り」という名前は私が生み出したものだと思いこんでいたのですが、ネット検索してみるともっと昔からこの呼称を使っていた人は居たようです。

そもそもこの釣り方は宮崎・水上の「みのさと」という宿の店主が教えてくれた釣り方だ。自分が生み出したような気になっていた私の知能に今更ながら驚きを隠せません。

 

そんな人まねの釣り方で毛針を浮かべると、イワナが釣れました。

 

 

 

いかにもイワナが潜んでいそうな堰堤です。

 

イワナが釣れました。

 

釣れそうなところでちゃんと釣れる。これまでの釣れない男には無かった珍しいパターンです。こんな日は調子に乗ってみようと、毛針に魚が食いつくシーンの動画撮影に挑戦することにしました。

しかし私、釣りをしながら頭に乗せたカメラで動画を撮影できてしまう、ゴープロのような便利な道具を持ち合わせていません。

必然的に左手に釣り竿、右手に普通のカメラで撮影という私の力量を完全に越えたシステムで映像撮影に挑むことになりました。

右手を動かそうとして左手を動かしたり、またその逆をやったりで大慌てでしたが、なんとか魚が食いつくシーンを撮影することに成功しました。

アマゴが空中でピチピチしているので、見事この魚を手にしたであろう雰囲気が出ていますが、このアマゴは陸上に一度も上がることなく水中に戻って行かれました。アマゴさん、おめでとうございます。

なんとかアマゴを一匹だけでも釣り上げたいと釣りを続けていると、アマゴがなんとか釣れました。

随分引きが強いなと思っていると・・・。

滋賀県大津市葛川アマゴ渓流釣り

しっぽに引っかかっていただけのようでした。

今後も、ほどほどに精進していきたいと思います。

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください