【久留米大牟田から1時間】八女の矢部・星野川ヤマメ渓流釣り

投稿日: 2019-07-08更新日:

現在テンカラ練習中の私ですが、佐賀県田手川上流でヤマメが釣れたあたりで「俺もテンカラで釣れるぞ」という間違った自信が芽生えてしまったのでした。

大釣りは出来ずとも、ボウズはあり得ない。そう意気込んで釣りに向かったのでした。

【釣り場情報まとめ記事】福岡の渓流釣り場をピンポイントでご紹介!

 

 

【入渓ポイント】 矢部川本流・県立自然公園やや下流から

 

平坦な流れですがアシに身を隠しながら釣れるので、ヤマメを見ることも簡単なように思えました。

矢部川支流星野川(八女)

 

しかし、釣れども釣れどもカワムツラッシュ。美しいオレンジ色の婚姻色を浮かべたが魚体が躍り出る度に、殺意のようなナニカを覚えるわたくしでありました。

しかもほどよくアタリが途切れないため、余計な時間を使ってしまいました。

 

【入渓ポイント】 矢部川本流の最上流域

 

ほどよく大きな岩がある渓相で期待できます。しかも今度は超お手軽チョウチンテンカラ釣法で、キャストが下手くそでどこに飛んだかわからない私に向いている釣りと言えます。

そ~っと毛鉤を浮かべてみましょう、はい釣れました。イワナかな?いいえ、13センチほどもあるデカいアブラハヤで御座います。気分が良くないのでミンチにして大自然にお返しするとしましょう。

その後もアブラハヤしか釣れないのでふてくされ、そんな趣味は無いのに滝をスローシャッターでシルキーに撮ってみたりしました。

矢部川支流星野川(八女)

【釣り場情報まとめ記事】福岡の渓流釣り場をピンポイントでご紹介!

 

いつも思うのですが、川とか滝ってこんなんじゃないですよね。どさくさに紛れてスローシャッター反対運動を立ち上げたいと思います。

それはともかく、「渓流釣り1日やってボウズは無い」と吹聴していた私ですが、見事にボウズを達成いたしました。お疲れ様でございました。

 

翌日は星野川へ入りました。早速毛鉤釣りに自信を無くしましたので、今日はルアーで手堅く釣ろうと心に決めて川に入ります。

 

【入渓ポイント】 矢部川支流・星野川の中流域

やはりカワムツしか釣れません。アゴのイボイボ(追い星)の気持ち悪いことと言ったら・・・。全部こそぎ落として川に放してやろうかと思ってしまいますよね。

続いて、上流域に入ることにしました。

 

【入渓ポイント】 矢部川支流・星野川の上流域

ルアーを追いかけてくるのはほとんどカワムツですが、1匹だけヤマメがチェイスして来るのが見えました。そのヤマメは8センチくらいでしたが、それでもやる気が出てくるから不思議なものです。

 

【入渓ポイント】 矢部川支流・星野川の上流域・熊渡川あたり

もっと上流でようやくヤマメを釣り上げることが出来ました。大きさおよそ6センチですが、パーマークさえ入ってればなんだって良いのです。

小さいヤマメはお鰭が綺麗なのね~。わたしクラスの人間はこれで十分です。

矢部川星野川ヤマメ・八女

続いて12センチくらいのヤマメです。

矢部川星野川ヤマメ・八女

 

1匹釣れると満足感がどっと来るようで、それまで忘れていた空腹を思い出しておにぎり3つ食べちゃう僕でした。

魚も釣れたことだし、テンカラを練習しようとキャストしてみます。あれ、どこ投げた?フロータント代わりにお菓子に入ってるシリカゲルをペンチで砕いたものをくっつけてるので、結構浮いてると思うけど、見当たりません。

とりあえず竿を上げてみると、魚がついていました。小生のテンカラはだいたいこんな感じです。

矢部川星野川ヤマメ・八女

20センチくらいのヤマメでしたが、この日の僕にとっては巨大魚の領域に入るモンスターでした。

【釣り場情報まとめ記事】福岡の渓流釣り場をピンポイントでご紹介!

 

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが