【椎葉・耳川ヤマメ渓流釣り】集え変態!尾前は重篤エノハ患者の巣窟


「椎葉には大物のエノハ(ヤマメ)が居る」
「しかも、うじょうじょいる」
「ヤマメを避けないと、川の水もすくえない」

そんな怪しい噂話を聞きつけて、椎葉の耳川の中でも最上流部に近い尾前にやって参りました。尾前川は大型のヤマメだけでなく、ダムから遡上するサクラマス(平家マス)が釣れるところとしても有名なんだそうです。

 

【入渓ポイント】耳川支流の尾前川最下流部

ここは車ごと川の近くまで降りられます。

大きな淵が連続しています

 

大きな縁には大型のヤマメが潜むのだと、誰かが言っていました。当てずっぽうに餌を投げ込んでみます。

本流らしいヤマメが釣れました

これまで私は「魚の大きさにはこだわらない」「ヤマメの大きさに執着する奴は、人間のサイズが小さい」などと吹聴してきましたが、あっさり撤回したいと思います。

本当は大きいヤマメが釣りたい。尺越えが良い!

というわけで、大物を是非とも狙ってみたいのであります。

また本流らしいヤマメが釣れました

どうすれば大物が釣れるのか、それは全くわかりませんが、たくさん釣れば尺が交じる。そんな気がする!

魚の数が多いようで、餌を入れればとりあえず反応してくれます。

ヤマメと思えない獰猛な顔つき

 

尾前あたりは川幅が広いということで、7.5メートルの本流竿を買って来ました。

比べたことが無いので、良い竿なのかどうかはわかりません

続いて、もう少し大きなサイズが釣れました。

 

メジャーをあててみると、40センチ!

 

 

いや、違う。メジャーの基準が0でなく10センチスタートになっていました。スタート位置の違いに気がついてしまった自分を呪いつつ、測り直すと・・・29センチ。

「センチメートル」という誰かが定めた尺度にこだわるのはナンセンスだと繰り返してきた自分ですが、それは尺ヤマメを釣ったことがある人が言うべきことでしょう。よって、私は30センチ越えのヤマメを釣らなければいけません。

30センチということにならないかと、何度か測り直してみてもやはり29センチ。

 

しばらく泳がせておいたら1センチ伸びるのではないか

伸びませんでした。

 

大きなヤマメを釣るコツが見えてきた気がします。淵の中でも餌がたくさん通りそうなところ、つまり太い流れが入ってくるところに定位しているのでは無いでしょうか。

いざ、餌を投げ込もう。おっ、魚らしき反応が!

 

か、かわいい・・・

パーマークのあるワカサギではないかと目を疑いました。これが私、釣れない男の実力です。

少し上流に移動します。

 

 

【入渓ポイント】民宿清流の向かいあたりから

川と道路の距離が近いので入渓しやすいです。但し駐車禁止と書かれているスペースがあるので注意が必要です。

水量は豊富なエリアです

私にふさわしい片手サイズが釣れました

田んぼで作業をしているおじちゃんが「大きいの釣れたか?」と両手を広げてジェスチャーで挨拶してくれ、それに私は片手の指2本を広げて返答しました。

キリッとした表情のかかし

かかしの顔面にリアルさは必要なのでしょうか。ちょっと怖い・・・。

 

【入渓ポイント】上(かみ)の小屋谷の下流域

赤いマーカーから西に伸びる支流が上の小屋谷です。尾前でも屈指の有名支流なんだそうで、入り口の広場には高い確率で車が泊まっていました。

 

私は耳川との合流点近くで遊んでいましたが、林道を徒歩で1時間ほど?のぼって上流域に入ると良いそうです。

 

上の小屋に続く林道。ゲートが閉ざされているので徒歩で

 

激しい山岳の形相

穏やかな流れも

少し色づいたヤマメ

 

車で耳川上流の方に向かうと、道路の分岐点で昼寝している中年男性が。

こんなとこで昼寝せんでも・・・。

ここからしばらく車を走らせると、舗装がなくなって砂利道になるので高級車では乗り入れない方が良いかと思います。

 

 

【入渓ポイント】耳川支流の白岩谷

川に橋がかかっており、そこに車を泊めて降りられました。魚が多いらしく、橋から見下ろすと餌を追っているヤマメが見えました。

この支流の北側から回り込める林道がありますが、車では入れないのでバイクで上流に向かう釣り人もいるのだとか。

徒歩でチャレンジする人もいるそうですが、野犬に取り囲まれることがあるそうなので、まだこの世でやり残したことがあるという方は止めておきましょう。

 

少し赤いヤマメが釣れました

耳川支流の上流域には、もっと強烈に赤銅色のヤマメがいるのだそうです。

 

遅い桜が散っていました

民宿おまえさんのおにぎり。涙が出そうに美味い 

 

【入渓ポイント】松の坂谷

行ってませんが、有名な支流だそうです。東の方で川を橋が渡っていますが、この上流から急に険しいのだそうです。

 

 

【入渓ポイント】耳川支流の十根川沿いの建設会社・相生組から

当時工事中だったため状況変わるかもしれませんが、この周辺から降りられそうなところが何箇所かありました。

十根川は椎葉にあるでっかいダム・上椎葉ダムの北から注ぎ込んでいる川です。

十根川沿いにそびえる相生組事務所

赤く色づいたヤマメが釣れました 

 

上の入渓ポイントは十根川の下流域で、上流にまだまだ入れるところがありそうでした。

こちらは十根川本流で実績がある仲塔エリア

さらに上流の支流である木根川

【釣りDQNが集う宿】民宿おまえ1泊2食6,500円

本物のDQNに会いたければ、どこに行けば良いのでしょうか?

「山谷の労働福祉センターかな」
「やっぱ西成の職安だろ」
「黒崎駅前のサラ金ビルも外せないね」

もし渓流釣りDQNに会いたければ、夏の尾前の釣り宿に行ってみましょう。

私が泊まった民宿おまえには、毎年東京から6時間以上かけてやってくる人、初日は1日中餌採りしかしない強者、ヤマメを持ち帰るために大型の水槽)を家から持参してくるベテランなど、常人ではない高純度な渓流病患者たちの巣窟となっており、そんな変態同士で食卓を囲む、この時間がなかなかに至福です。

 

民宿おまえでは菜豆腐など椎葉らしい食材を交えたウマい料理を出してくれ、店主が釣り情報も親切に教えてくれました。

>> 民宿おまえさんのサイトはこちら

こちらで「平家マス」と名付けられたサクラマスの長さを競うコンテストを企画しており、こちらは2014年覇者の山女太郎さんです。

サクラマスも、おじさんもイケメン

60センチの大物をのべ竿で上げてしまうというのだから、すごいですね。

釣る対象はサクラマスにこだわっているのに、名前は「山女太郎」というこだわらなさが何とも絶妙な感じですね。

普通なら「桜 鱒二」とか、平家マスだから「閉経 真須美」にしても良い気がしますが、ダメですかね。

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください