【球磨川渓流釣り⑥ヤマメ】水上の湯山川・大平川でヤマメ釣り

投稿日: 2016-03-07更新日:

このページは、2016年3月1日~8日の球磨川・椎葉川釣行の3月6日の記録です。

>> 【’16球磨川1日目】万江川 爆喰いヤマメは解禁初日の球磨川に  
>> 【’16球磨川2日目】万江川・川辺川 モーツアルトはうんこをこよなく愛した 
>> 【’16球磨川3日目】水無川・免田川 もし生まれ変われるなら、ウグイ好きにしてください 
>> 【’16球磨川4日目】球磨川上流と万江川 ヤマメの飲ませ釣りここに極まれり 
>> 【’16球磨川5日目】水上の湯山川・大平川 日本のリッツ・カールトンを俺は見た

>> 【’16球磨川7日目】16球磨川・川辺川 ナイスガイな本流ヤマメ 
>> 【’16球磨川最終日】川辺川本流・笹越川 せんだん轟の滝を華麗にスルーしてヤマメ釣り 


【入渓ポイント】大平川上流の林道を抜けて

場所に確信がもてませんが、多分ここだと思います。

標高700メートルほどあるので、ウグイは生息していない(ヨッシャー)が、アブラハヤはいる。誰かがイワナの卵を放したらしく、たまにイワナが釣れるらしい。みのさとのご主人も35センチの大岩魚をこの辺りで釣ったことがあるが

「気色悪かった」

と一刀両断。可哀想なもんである。力をつけると汚くなるのは人も魚も同様らしい。

球磨川支流・大平川

上流に登っていけば天然もののヤマメも交じる。
まん丸のパーマーク、お腹の大きな黒い点が天然ヤマメの証なんだそうな。

球磨川支流・大平川

ハッキリとしたオレンジ色のヒレ、赤すぎるくらい赤い帯。

球磨川支流・大平川

目つきもどこか鋭い。野性味が半端ないのである。

球磨川支流・大平川

 

昼からは椎葉方面に行きたいと、みのさとのご主人に相談。

「椎葉方面にも行ってみたいんです」
「おう、案内してやろう」

またしてもの神対応である。私が年頃のババアであれば、一発で惚れてしまうところであった。

矢立川・一ツ瀬川のポイントを案内して頂く。矢立川には釣り人と思われる車がいくつか停まっている。

 

【入渓ポイント】大藪川と一ツ瀬川との合流点、大河内ダムやや下流

食い過ぎの三段腹ヤマメ

CIMG2479

CIMG2492

水が青いので、ヤマメの背中も青い。

CIMG2499

CIMG2528

肌ツヤが美しい。

CIMG2517

午前中に大平川で釣ったヤマメと同じ種として分類して良いものか。

 

「つり人」2014年5月号にて椎葉村尾前地区の赤みを帯びた綺麗なヤマメを写真家の津留崎さんが紹介しています。


初心者の私がこの日使った道具

【足回り】ウエーダー

【餌釣り竿】6.5~7メートルの本流竿
本流用の竿って高いんですね・・・。

【道糸】

【針とハリス】


【当日のガイド・お宿】水上のみのさと(美野里)

ガイド料を払いたいくらいだ。

熊本県球磨郡水上村湯山1405-1
素泊り4,000円 >> 水上のみのさとのページ

>> 7日目は球磨川支流川辺川へ

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが