南阿蘇白川と白水川でヤマメ・ニジマス渓流釣り|遊漁券不要の川にて、改めまして不謹慎


広告だよん

神様にお詫びします

神様、貴方にまずはお伝えしておかなければいけないことがあります。私が阿蘇に釣りに行ったのは、震災の足跡をこの目に刻んでおきたいから、復興の力になるべくお金を落としたいからなどという白川のように美しい発想では毛頭無いので御座います。むしろ震災の後だからこそ、誰も釣りをしていないだろうからこそ、魚が釣りやっすいのではないか。ただそれだけの想いで阿蘇に足を運んだというのが正直なところであります。それは2年前に福島第一原発近くで釣りをした際と同じ動機であること、まずはお詫びしたいと思います。

それから、「熊本、がんばるもん」に見られるような震災をネタにした災害ビジネスや便乗型好い人合戦を目にすると、私は吐き気がしてしまうのです。神様、こんな私をお許しください・・・。と、一通り謝ったところで、さっさと釣りをします。

 

【入渓ポイント】白川の中島橋あたりから

思惑通り釣り人が居ないことに安堵するも・・・

 

 

白川の中島橋周辺は堰堤が続く

結局アブラハヤしか釣れませんでした。汚れた魂が影響したのでしょうか、因果なものです。

 

 

風景に見事に馴染んだ阿蘇名物の赤牛

白川には漁協が無く、放流は地元の有志によるものと聞いています。おそらく有志というのは養魚場のことであろうと地元の養鱒場を訪ねてみました。

 

 

村上養魚場六地蔵店

本社は車で30分ほど東に行ったところに存在しており、ここは出先機関の様子です。

 

 

ヤマメの加工品を販売しています

ナマのヤマメも販売しています

広告だよん

職員さんに話を聞いてみると、ここ2年ほどは放流をしておらず、自然繁殖することは難しいので白川にはヤマメは居ないでしょうとのこと。

確かに2016年は震災でそれどころで無かったでしょうし、そりゃそうだわな。「いつ放流は再開予定ですか」という失礼な言葉は飲み込んだが、まだ道路が封鎖されているところも多く訪問する観光客が少ないであろうことを考えると、しばらく先になるのではないでしょうか。

立ち寄った見晴台駅では、奇妙な人形が風に煽られた公衆電話の扉にバンバンツッコまれていた。

人形たちが浮かべる表情も、堪りません。

【入渓ポイント】高森町の五ヶ瀬川水系白水川で

先程の村上養魚場の大きな養殖場の脇を通って釣り場に降ります。

恐らく養魚場からの脱走ニジマス

 

 

よく見れば白い腹を見せてニジマスが刺さっていた

 

脱走ニジマス釣ってる場合じゃありませんね。

 

春はもうすぐそこ、放流が再開されるのを身勝手に待つとします。

広告だよん

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

魚釣りが下手くそであることに定評があります。このサイトは釣り記録ではなく、釣れなかった言い訳の記録なのです。