【球磨川渓流釣り③ヤマメ】水無川・免田川でヤマメとウグイ釣り

投稿日: 2016-03-10更新日:

このページは、2016年3月1日~8日の球磨川・椎葉川釣行の3月3日の記録です。

>> 【’16球磨川1日目】万江川 爆喰いヤマメは解禁初日の球磨川に  
>> 【’16球磨川2日目】万江川・川辺川 モーツアルトはうんこをこよなく愛した 

>> 【’16球磨川4日目】球磨川上流と万江川 ヤマメの飲ませ釣りここに極まれり 
>> 【’16球磨川5日目】水上の湯山川・大平川 日本のリッツ・カールトンを俺は見た
>> 【’16球磨川6日目】一ツ瀬川・矢立川 お前もか、やけ喰い三段腹ヤマメに再会 
>> 【’16球磨川7日目】16球磨川・川辺川 ナイスガイな本流ヤマメ 
>> 【’16球磨川最終日】川辺川本流・笹越川 せんだん轟の滝を華麗にスルーしてヤマメ釣り 


【入渓ポイント】水無川のなかはら橋から

両サイドを護岸で固められた風情の無い川から風情のないウグイが大量に釣れた。

水無川

釣り人への注意を促す看板。

こんなものを見たら、釣れそうだと思っちゃうじゃないか。きっとよそ者を迷い込ませるための姑息なやり口に違いない。

【入渓ポイント】免田川の清願寺ダムの下流から入渓

 

木が生い茂っていて釣りがしにくく、足元もぬめぬめして移動が難しい。

球磨川水系免田川

 

「釣りにくい川でこそ、大物は育つのである」

球磨川水系免田川ヤマメ(エノハ)

釣れたのはご覧の立派なヤマメ1匹だけ。

 

【入渓ポイント】球磨川本流の岩の小学校近くから

釣り人の形跡はあったが、魚の反応はなし。球磨川本流岩野小学校近く


初心者の私がこの日使った道具

【足回り】ウエーダー

【餌釣り竿】7.5メートルの本流竿
柄にも無く高級っぽい竿を使ってしまいました。

【道糸】

【針とハリス】


【当日の昼食】人吉の名喫茶店「茶夢

カツ丼650円は満足の味。老夫婦で切り盛りしている雰囲気も、旅情をそそる。 >> 茶夢のページ

 

>> 4日目は球磨川上流と万江川でヤマメの釣果あり 

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが