【’16四国渓流釣り2日目】愛媛県加茂川・桑瀬川

投稿日: 2019-02-15更新日:

八之川と加茂川本流との合流点

ぶったまげる透明度で、渓相は申し分ないが魚の気配はなし。

愛媛加茂川本流

これだけ透明度が高い場合、餌釣り師はどのようにアプローチすれば良いのでしょうか・・・。

岩に隠れてうまいこと近づく技量もなく、とぼとぼと次のポイントに移動します。

 

 

加茂川上流の大保子谷川

 

冷たい水の中から、鰭が綺麗なアマゴが出てきました。

加茂川竿谷川のアマゴ

これ以上釣れない確信があったので、たくさん写真を撮ってしまいました。

 

 

桑瀬川

寒風山トンネルを高知に抜け、桑瀬川に入る。

川というより養殖場そのものでは無いかというほど、成魚放流のアマゴがごちゃごちゃとひしめき合っている。

これでは、釣る気はなくても釣れてしまう。

 

高知県桑瀬川のアマゴ

 

横で泳いでいたお友達が突然、空中に吸い上げられたというのに、彼らはまだまだ食いつく。

高知県桑瀬川のアマゴ2

 

>> 加茂川・黒瀬ダム上流|田舎特有の粘着感とともに、アマゴを愉しむ【愛媛県釣行3日目】

 

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが