フライラインとリーダーの結び方

投稿日: 2020-07-31更新日:

【著者】猫田撫太郎
バス釣りの格好良さに惹かれルアーを始めるも、私が住む地域が寒すぎる影響か、バスが生息しておらず断念。渓流でルアーを投げれば根がかり連発で挫折。渓流で快適に釣れるスタイル求め、辿り着いたのがフライフィッシングです。以来、釣れたり釣れなかったりしながら楽しんでいます。

リーダーの役割

フライフィッシングのキャスティングは、フライラインの重さとロッドのしなりを利用することで可能となります。そのため、フライラインはルアーフィッシングや餌釣りなどのラインと比べ、太く重く作られています。その他の釣りで例えると、道糸部分に相当します。

リーダーはラインシステムを構築する上で非常に重要な部分と言えます。仮にフライラインに直接ティペット(ハリス)を結んだ場合、ラインの力が先端まで充分に伝わらず、ティペット部分はスラック(くしゃくしゃとまとまってしまうこと。あえてスラックを作るテクニックもある)と共に落下してしまいます。それにより、キャスティングしても狙った場所にプレゼンテーションすることが難しくなります。

リーダーには重いフライラインの力をティペットに伝え、さらに先端のフライ(毛ばり)へ届ける役割があります。フそのため、バット側(根元部分)が太く、ティップ(先端部分)に向けて細くテーパーがかかっているのです。

リーダーがあることでバランスの良いループ(ラインシステム全体に弧を描かせること)を作ることができるのです。

リーダーとフライ(毛ばり)の結び方

 

フライラインとリーダーの結び方

フライラインとリーダーの接続には様々な方法があります。

ネイルノットで結ぶ

フライラインとリーダーはネイルノットで接続することが、一番トラブルの少ない方法です。結び目がガイドに引っかかりにくいという点がメリットです。しかし、慣れるまではなかなか難しい結び方でもあります。

動画では道具を使わないネイルレスネイルノットを紹介しています。

ネイルノットはその名の通り、棒状の器具を使用して結びます。自作もできますしネイルノット用のツールも安価に販売されています。

created by Rinker
Belmont(ベルモント)
¥550 (2020/12/02 17:21:15時点 Amazon調べ-詳細)

ネイルノットの欠点

ネイルノットでフライラインとリーダーを接続した場合、リーダー交換の際にはフライラインの先端を切断することになります。リーダーは傷が付くと強度が極端に落ちますし、捩れてしまったらキャスティングに影響も出るので釣行中に交換することは多々あります。

これは非常に悩ましい問題です。リーダーは比較的安価ですので使い捨てと割り切れますが、フライラインはそれなりの値段の上、普通に使用していれば切れるようなことはありません。しかし、釣行の度に確実に少しづつ短かくなっていってしまいます。

ループトゥループで結ぶ

フライラインとリーダー双方にループを作り、ループトゥループで接続する方法があります。

ループトゥループで接続すると、リーダー交換もしやすくフライラインを痛めることもありません。ですが、結び目がガイドに引っ掛かりやすいという欠点があります。

意外とストレスになるので、こちらも悩ましい問題と言えます。

リーダーコネクターを使用して結ぶ

他にリーダーコネクターと呼ばれる接続器具を使用する方法もあります。

created by Rinker
スミス(Smith)
¥396 (2020/12/02 17:21:16時点 Amazon調べ-詳細)

フライライン、リーダー双方をリーダーコネクターに通し、結び目を作るだけという便利なアイテムです。フライラインに傷がつくこともなく、非常に簡単に接続できます。

しかし、こちらもガイドに引っ掛かりやすい上、空気抵抗も大きいためターンオーバーがぎくしゃくしてしまいます。加えて、プラスティック製ですので、岩などに当てると破損する可能性があります。

私は初心者の頃コネクターの破損に気づかずキャスティングし、リーダーから先がどこかに飛んでいってしまいました。リーダー、ティペット、フライを同時に失くすというのは初心者だった私にとって大きな痛手です。不慣れなため、ラインとリーダーを接続し、ティペットとフライを結び直すことに30分もかかってしまいます。

便利な反面、そういったデメリットもあることに注意して使用してください。

まとめ

ご紹介した方法以外にも様々な接続の仕方があります。まずはこの代表的な結び方を試してみて、自分に合ったものを見つけると良いでしょう。

フライフィッシングは結ぶ作業が非常に多い釣りです。沢山の結び方を覚えておけば、トラブルの際にも応用がききます。

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが