【ドライフライ・毛針のおすすめ】カディス・パラシュート

投稿日: 2020-08-29更新日:

【著者】猫田撫太郎
バス釣りの格好良さに惹かれルアーを始めるも、私が住む地域が寒すぎる影響か、バスが生息しておらず断念。渓流でルアーを投げれば根がかり連発で挫折。渓流で快適に釣れるスタイル求め、辿り着いたのがフライフィッシングです。以来、釣れたり釣れなかったりしながら楽しんでいます。

ドライフライとは

ドライフライはその名の通り水面に浮かべるフライです。基本的にフライ自体の操作はせず、自然に川を流すタイプのフライになります。自然に流すことをナチュラルドリフトと呼びます。

川に落ちた陸生昆虫や羽化の途中の水生昆虫など、水面を流れるであろう様々な生き物を模したパターンが数多く存在します。

ドライフライの釣りでは水面を流すため、魚がフライを捕食する瞬間を見ることができます。非常にダイナミックで、フライフィッシングの醍醐味とも言える釣り方です。

 

代表的なドライフライとおすすめ

一言にドライフライと言っても膨大な種類が存在します。既存のパターンの変形タイプや、その地域独自のタイプなど様々です。

ここでは特に有名で、実績もあるドライフライをご紹介いたします。

エルクヘアカディス

よく浮き、よく釣れ、よく見える非常に優秀なパターンです。アングラーのフライケースには必ず入っていると言っても過言ではないでしょう。

自分でタイイング(フライを自作すること)する場合も、必要なマテリアル(タイイングの材料)の種類が少なく簡単なので自作入門用としても最適です。

トビケラを模したパターンですが、ウィングを少し切り取ってメイフライ(カゲロウ)風にしたり、黒いカラーでテレストリアル(陸生昆虫)風にしたりと使い勝手の良いフライです。

パラシュート

元々はカーフテイル(仔牛の毛)でポストを作り、その周りにハックル(鶏の羽)を巻いていました。現在はエアロドライウィングなどの化学繊維がポスト材として主流になっています。

パラシュートパターンはその形状から、水面での姿勢が安定しています。ポストに蛍光色のマテリアルを使用すれば視認性もとても良く、とても使いやすいフライです。

水生昆虫から陸生昆虫まで幅広く表現できるので、たくさんのタイプが存在します。

スタンダード

アダムススタンダードパターン出典:Honda

パラシュートパターンのハックルを縦に巻いたタイプ。実際にはパラシュートパターンより歴史が古いのがスタンダードパターンです。パラシュートパターンが20世紀前半に発明されたのに対し、スタンダードパターンは17世紀頃には原型が出来上がっていました。

ドライフライの歴史とも言えるスタンダードパターンには、多くの有名なフライがあります。また、アダムスパラシュートなど、スタンダードパターンのフライをパラシュートパターン化したものもたくさんあります。

クリップル

ドライフライクリップル出典:ブッシュクラフト

水生昆虫が羽化をし空中に飛び出そうとしている様子を模したパターンです。ハックル部分にのみフロータント(浮力剤)を塗布し、フックの後部が水中に半分沈むようにして使います。

散発的なハッチ(羽化)が起きている時や、エルクヘアカディス、パラシュートパターンで食いが渋い状況などで活躍します。

アント

created by Rinker
バレーヒル(ValleyHill)
¥550 (2021/01/20 15:43:23時点 Amazon調べ-詳細)

アリを模しています。

特に夏季に有効なフライです。夏の河川は水生昆虫だけでなく陸生昆虫も豊富で、魚は甲虫類、セミ、クモ、蝶や蛾の幼虫などあらゆる昆虫を捕食します。そういった、餌を選び放題な状況でも不思議とアントはよく釣れます。

夏の渓流に出かける時は少なくとも2、3本はフライケースに入れておいて損はないフライです。

ドライフライも沈む

ドライフライのフックは、ニンフフライやウェットフライと比べて細く軽く作られており、マテリアル自体も比重の軽いものを使用します。しかし、キャスティングを繰り返していると水分を含んで沈んでしまいます。

初心者の頃の私はフライが沈むようになると、一度ドリフトさせるたびに拭き取ったりブンブン振り回して水分を飛ばしていました。浮いていないと釣れないと思い込んでいたためです。

ですが、魚にとっては浮いていようが沈んでいようが、自然に流れてさえいれば関係ありません。実際、沈んだドライフライでも問題なく釣れます。

とは言っても、やはり水面に出てくる魚を釣るのがドライフライフィッシングの面白さです。リキッドタイプやスプレータイプ、パウダータイプなど様々な種類のフロータントが販売されているので、有効に使用しましょう。

ドライフライフィッシング黎明期のアングラー達も、油やロウなどを使って浮力を持続させていたようです。

created by Rinker
ティムコ(TIEMCO)
¥1,127 (2021/01/20 15:43:24時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

フライフィッシングと言えばドライフライが一番、といった意見のアングラーは多くいらっしゃいます。実際にドライフライの釣りはとても楽しいです。水面を割って魚が出てくる瞬間は、何ものにも代えがたい感情が湧き上がります。

魚がドライフライによく出る時は、魚達の活性も高い証拠なのでその日の釣りに期待も持てます。

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが