北見の無加川でアメマス釣り【22年9月北海道渓流⑤】

投稿日: 2022-09-08更新日:

石狩川の支流でニジマスとオショロコマを釣り上げた我々は、今回の旅の目的である大きなニジマスがいそうな無加川に入りました。

 

前日宿泊したホテルクラウンヒルズ北見では朝食も無料で付いてきます(料金に含まれていると見たほうが正確)。

もらえるものは何でももらうの精神から、普段は朝ご飯など食べたことが無いのにわざわざ早起きをしてまで頂きます。他の宿泊者も朝食を楽しみにしていたようで、まだ朝6時半にもかかわらず、どこから湧いたのかというくらい多くの人が出入りしています。

 

ホテルクラウンヒルズ北見

 

俺もみんなも、やればできるじゃないか。

いつもこれくらい高いモチベーションで仕事をすれば、こんな安宿に泊まらなくても良いかもしれないね。

 

目次(スクロールします)

無加川

 

バイキング形式というので朝からたらふく食べてしまい、釣りをする気もあまり起きません。

とはいえもう一度眠るような若さと体力も無く、惰性で車へと乗り込みます。

車に乗れば川沿いに向かい、川沿いに立てば竿を振り、気がつけば川の状態を見ながらルアーチェンジを繰り返す全自動釣りマシーンと化します。

 

網走川アメマス釣り
小さなアメマスが釣れました

 

そして自らの意志とは関係なく、釣果が芳しく無ければ別の釣り場へと移動していきます。

 

 

留辺蘂町やや上流あたり

ここはニジマスが主に棲息しているようで、ルアーを投げると頻繁にニジマスが反応してくれます。小さなニジマスだけど楽しいね、などと同行者と話しながら釣り進んでいると、同行者のドラグが激しく音を鳴らしています。

大物が掛かったかと彼のラインの先を見ると、20センチほどのニジマスが掛かっていました。

友「ドラグ緩めて楽しんでるんよ」

やはり小魚ばかりの釣りに飽きている様子です。

一方の私はニジマスではなくヤマメだと思いこむことで、引きの強さに毎回驚くという悲しい工夫で乗り切りました。

 

無加川留辺蘂ニジマスルアー釣り
河畔にはブナが茂っていました

 

15時を過ぎた頃には、今日の晩御飯は何を食べるかで盛り上がるほどになっていました。

そこからも小さなニジマスを釣ってお茶を濁す時間が続きます。北海道で釣りができてるんだから俺は幸せなんだ、幸せなんだ、と言い聞かせながら竿を振ります。

先程から釣れてくるニジマスのサイズを見ていると、この川には30センチを越えるようなニジマスは居ないのでしょう。そう思うと安心感が出てきました。

ここでうっかりカメラを水中に入れて巨大なニジマスが映り込んだりしたら大変なので、カメラは水面より下には決して入れないよう徹底します。

鼻歌を歌いながら歩いていると、魚の死体が沈んでいました。

ニジマスのようです。

 

無加川留辺蘂ニジマスルアー釣り

 

35センチほどの大きさです。このサイズが沈んでいるということは、もっと大きなニジマスが棲息していることも考えられるでしょう。

この河川にもチャンスがあるんだと沸き立つ元気もなく、小さなニジマスしかいないというレッテルを奪われた我々は早めに釣りを諦め、北見の夜を堪能したのでした。

 

味楽園

 

翌日の北海道遠征最終日は網走川でラストにふさわしい無事な1日を過ごしました。

御慈悲の心で「いいね!」
してやってください

読む価値は無いが